世界遺産平泉中尊寺(旅9日目)

7月14日月曜日 曇 平泉近辺散策

おはようございます。
朝からテント上の屋根の上を歩き回り、大声で会話するのやめてください、カラスさん。
と話しかけたらどっか行ってくれた。


体調悪いぃぃぇぇえい!!!ヾ(゜▽゜)ノ

咽頭痛からくる鼻閉感、鼻汁、嚥下困難、そして倦怠感と関節痛。あと目の下のクマ半端ない。立派なクマできてる!体温計持ってないけど、微熱ある気がする。

昨日の午後雨でカッパ着るタイミングを逃してびしょ濡れになったこと、走行しながら高音域を大声で歌いすぎたこと、数日の寝不足が原因として挙げられる。夜行性の生き物としての活動を余儀なくされることが多かったから(別に好きで夜の生活してた訳じゃない)、早寝早起きの生活に身体がついてきていないようだ。

昼夜逆転の逆転に戻すのは、夜に適応できるようになった時間くらいかかるかもなー。となると・・・・え、3~4ヶ月くらいかかるのか?体調不良は数日あれば治ると信じて突き進む。


2011年6月に世界遺産に認定された平泉観光してきた。
平安時代後期(11~12世紀)に、奥州の豪族、藤原清衡から3代、100年にわたって築いた文化を平泉文化と呼ぶ。

清衡が建立した中尊寺へ。
f0350083_15594912.jpg

勾配10%くらいありそうな、きつい坂を上っていく。
f0350083_1632028.jpg

戸隠みたいな杉並木。
f0350083_164667.jpg

中尊寺の本堂。
f0350083_1654713.jpg

f0350083_166496.jpg

f0350083_1663852.jpg


中尊寺境内には、いくつもの社寺が建立されている。その中のひとつ、薬師如来のお堂。目にご利益があるという。目、って珍しい。
f0350083_1671740.jpg

f0350083_1673624.jpg

このお堂には池があり、モリアオガエルの生息地となっている。

なぬ?!カエル~♪カエル~♪

テンション上がって周囲を探してみたが見つけられず。
カエルにちなんで、こんなお土産も売っていた。もちろん、見るだけ。
f0350083_161172.jpg


金色堂と、寺宝展示資料館へ。それにしても拝観料800円って、高すぎやしませんか。
館内撮影禁止だから写真なし。中尊寺HP参照
f0350083_1612093.jpg

f0350083_1612133.jpg


金色堂保護のため、想像していたよりも小さいお堂自体を建物ですっぽり覆われていた。
f0350083_16124225.jpg

眩いばかりに輝く黄金の仏像をはじめ、豪華絢爛で緻密な装飾は、当時の技術の最高峰だろう。素晴らしかった。カネと権力の象徴ともいえる。

山の上から見下ろす田園風景は、幹線道路ができたくらいで、実は昔からあまり変わっていないのでは。
f0350083_16271644.jpg



達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)へ。ここは拝観料300円。
f0350083_16232033.jpg


f0350083_16294910.jpg

f0350083_16303880.jpg

f0350083_16312015.jpg

反対側から。
f0350083_16332840.jpg

f0350083_16314654.jpg

だそうですので、体調不良ですが進みます。

分かりますか?
f0350083_16341323.jpg

アップ。岩面大佛と呼ばれている。あんな高いところによく彫ったなぁ。
f0350083_16343646.jpg

f0350083_1637150.jpg

f0350083_16373136.jpg



厳美渓(げんびけい)へ。
f0350083_16431366.jpg

f0350083_16425368.jpg

f0350083_16382717.jpg



体調悪くてアウトなので、14時半ころから一関市内のマックにひきこもりブログ更新に費やしたのだった。
食費よりも拝観料の方が高かった1日だった。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2014-07-16 06:00 | 東北編 | Comments(0)
<< 宮沢賢治のふるさと(旅10日目) 1週目まとめ >>