早池峰山登山、ゴツゴツの花畑へ

7月16日(旅11日目) 曇り

早池峰山1917m

GPS装備し忘れたので紙で。
f0350083_12284739.jpg


天気予報では午後から雨の予報だったので、早目に登山することにした。
山小屋のニオイがきつすぎて、鼻の奥どころか脳にまでニオイが染み付いてしまったようだった。吸気時にどこからともなく山小屋臭がして、嫌な気分だった。

f0350083_1220080.jpg


f0350083_12231138.jpg



栃木からの年金生活御一行様(40名程)の後ろにくっついたら「どうぞどうぞ」と先へ送られ、先頭を抜かしてしまった。
f0350083_12431982.jpg


こんな岩山だったんですね。息切れするし、喘鳴も聞こえる(体調全快でないため)ような急登でした。
f0350083_12354410.jpg


ふへへへへ。鎖場あるんですか。聞いてないです。
f0350083_12401894.jpg


トモダチですか。
f0350083_12364862.jpg


高度上がってきた。
f0350083_12491088.jpg


山頂到着。
f0350083_12403358.jpg


展望は良好。写真中央やや右に、岩手山が見える。
f0350083_12505251.jpg


三角点タッチ!
f0350083_12521323.jpg


頂上から賽の河原を通る。木道が整備されていて歩きやすすぎる。
f0350083_12531895.jpg


下りは一箇所だけ梯子があった。河原の坊コースよりは、歩きやすい小田越コースを下山した。
f0350083_12544994.jpg



6:30登頂開始、11:30に下山した。
下山直後に雨が降り始めた。

下山途中に多くの登山者とすれ違った。中には「旅行ついでに山登ってみました☆」みたいな、Tシャツ、スニーカー、手ぶらな人もいた。私が下山した頃、その人たちは山頂だろう。雨の中、一体どうやって下山するのか。自己責任なのでどうなろうと私は構わないが、人に迷惑をかけないよう最低限の装備は持って登るべきだと思う。

まあ、体調全快じゃない私が言うのも説得力に欠けるが、途中で限界を感じたら引き返すつもりでいた。部活でいうと「微熱程度の体調不良なら来い!やってるうちに治るわ!」といったノリで登ってた。そんな部長は元気かしら・・・(笑)
おかげで、歩いているうちに徐々に調子が良くなってきた。下山はカモシカばりに軽やかだった。食欲は出ないがハンガーノックも怖いため、無理矢理あんぱんを詰め込んだ。下山後は道の駅でパスタを食べた。美味しいと感じた。

雨が降りで、宿泊は宿希望。電波の入る場所までようやくバイクで降りてきて、宿探し開始。翌日は岩手山登山を計画していたため、岩手山近辺の宿にしようと思っていた。

鶯宿(おうしゅく)と呼ばれる温泉街に立ち寄り、観光案内所で素泊まりできる宿はないか予算と共に伝え、尋ねる。ところが運悪く突貫工事のため、温泉街全ての宿が、その日は温泉が止められているため営業不可との返事あり。ならば、温泉は入れなくてもシャワー浴びるだけでも良いからと食い下がる。観光所のスタッフがあっちこっちに電話をかけてくれ、全力で探してくれた。それでも結果は出ず、鶯宿は諦めた。全力で探してくれたスタッフの方々、ありがとうございました。

雫石町に民宿があり、電話をしてみたが繋がらない。直接訪問したが不在。ゆる~~い伝言板に癒された。
f0350083_160829.jpg


その宿の隣にも民宿があり、電話をしてみたらOKとの返事をいただき、5分後にお邪魔した。屋根のある場所にバイクを置かせてくれ、6畳ほどの個室に案内された。お風呂に入り、洗濯機を借りて溜まった数日分の洗濯物を干しまくった。部屋のハンガーが足りなかった(笑)パリパリのシーツが張られた布団が気持ちよく、幸せに感じた。

~お花たち~

f0350083_16153050.jpg
f0350083_16154992.jpg
f0350083_161683.jpg
f0350083_16162617.jpg
f0350083_16165671.jpg
f0350083_16272930.jpg

早池峰の固有種に、ハヤチネウスユキソウがあるが、ウスユキソウだけで5種類はあるようだ。どれがハヤチネ~なのか分からなかった。

花の百名山だけあり、花の種類が豊富だった。

花★★★★★
景色★★★
勾配★★★★

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-07-20 06:00 | 東北編 | Comments(0)
<< 岩手県庁ランチ 宮沢賢治のふるさと(旅10日目) >>