岩手山登山、夏の恐怖体験

7月17日(旅12日目)

岩手山(いわてさん)2038m

馬返しからの往復ルートをたどった。
f0350083_16364822.jpg
7月17日 岩手山登山
登頂開始7:15、下山15:30、コースタイム8時間15分(休憩込)
f0350083_16401732.jpg

f0350083_16405464.jpg

いきなり急登で息が上がった。標高差は約1460m、地元でいうと燕岳や有明山に相当する。

長丁場になるため、ペースを落として進んだ。木々の間の新道コースを取り、2.5合目から6合目までは展望ほぼなし。火山のため、足元が砂利で歩きづらいこともあった。1合上がる毎に、○合目と親切に立っていた。1合の間隔が私の足で20~30分程。それを見るたびに「残り何合もあるのか」と考えてしまい気が遠くなった。
f0350083_16412636.jpg


考えると嫌になるため、途中から無心で登っていた。6合目からやっと多少の展望が開けてきて、モチベーションは何とか保たれたのだった。他に日本一周している人が岩手山に挑戦し、半ばで挫折して下山したその気持ちも分からなくもなかった。
f0350083_1642733.jpg


岩手山のすぐ麓には自衛隊の演習場がある。自衛隊員は楽しくなさそうな遠足をしていた。私みたいに好きで登るわけじゃなくて、登らされてるんだもんなぁ。私は途中の休憩は登っている最中に時々足を止めて呼吸を整えたり水分補給し、座るなら5分程度だ。自衛隊員はありえないペースでガンガン登って、定期的に10分くらいの休憩を取っていた。平均すると同じくらいのペースだったようで、抜きつ抜かれつだった。
f0350083_16412920.jpg

炎天下の旧道を進む自衛隊員たち。手を振ったら振り返してくれ、元気が出た。
f0350083_16424329.jpg


7合目を過ぎると展望が開け、岩手山上部が現れた。
f0350083_16432639.jpg

f0350083_16455385.jpg

8合目避難小屋に到着。水を補給。
f0350083_16471984.jpg

f0350083_16464556.jpg


わずかだが残雪があった。
f0350083_16475918.jpg


この日も、幸運の兆し彩雲と出会った。
f0350083_16495811.jpg


お鉢巡り。周囲をぐるっと回る。
f0350083_16532164.jpg

f0350083_16531597.jpg

f0350083_16533934.jpg
f0350083_16542320.jpg

f0350083_1655361.jpg

f0350083_16571327.jpg

f0350083_16595850.jpg


ガスったり晴れたりを繰り返していた。
f0350083_1704597.jpg


他には宮城からの高校生約40人も登っていた。自衛隊と高校生のすれ違いが、見ていて楽しかった(笑)
f0350083_1717591.jpg


お昼は棒ラーメン。グツグツとゆで卵を作っていたら、降りてきた自衛隊の人に「絵になってるよ」と言われた。そんな自衛隊さんは、レトルトカレーを食べていた。火は使っていなかったが、あのカレーは温かいのだろうか・・・。
f0350083_17182112.jpg


下山は、炎天下の旧道コース。じゃりじゃりだったり、石ころだったり、気を抜くと滑る。九十九折の道をひたすら下った。
f0350083_17204962.jpg

展望良好。景色に気を取られると、転がり落ちてしまいそう。膝が笑い出しそうだった。
f0350083_1724745.jpg

夕方前には無事に下山した。


f0350083_1775712.jpg

またまたウスユキソウの類が咲いていた。
f0350083_1783615.jpg


裏が網目だった。イグチ科のキノコっぽい。
f0350083_1725384.jpg



~おまけの怖かった話~

2合目を過ぎたあたりで、後ろから人が登ってくるのを感じた。
ザクザク登る足音が聞こえ、「ハァハァ」と荒い息遣いも聞こえた。

どんどん近づいてくるので、道を譲ることにし、登山道の脇に避けて待っていた。
登山道にかかる木がガサガサっと揺れた。

・・・来た!

と思った。
しかし、誰もいないし、来ない。

足音も、息遣いも消えていた。
その前後で、私は誰も追い越してないし、追い越されてもいない。

登山中に会った夫妻に、その話をしてみた。
「私たちも、誰もいないのに背後に鈴の音にくっつかれたことがある」
と言っていた。

「時々あることだよ」

だそうだ。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2014-07-22 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(3)
Commented by けー at 2014-07-22 08:21 x
山登りって結構してる人がいるんですね!
それにしても、足音怖いですね((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しかも時々あることとか((( ;゚Д゚)))
Commented by ジジ at 2014-07-22 14:38 x
自衛隊員と一緒に登るとは貴重な体験ですね
20kg以上の装備で登っているんでしょうか 体力ある人ばかりの人がそれだけ休憩を入れてるところをみると

怖い話は興味深い。山登ってる人からたまにそう言った話を聞くが、たいてい幽霊さまも登ってる途中とか下山中とか。
下山途中に出会って話しかけて、そのまま一緒に下山して振り返ったら消えてたなんてこともあるようで。
山好きは死んでからも山が好きなのかな
Commented by さいちー at 2014-07-23 16:06 x
>けー氏
平日だから少ない方じゃないかと思います。自衛隊は完全に‘登らされて’ました。こんなこと、あるんだー、ふーん、あるんだー・・・・あるんだー・・・・(’▽`;)と考えてたら、急に寒くなった気がしました。

>ジジ氏
荷物は重そうに見えませんでした(体力あるからかもしれませんが)。何持って歩いてるのか聞けばよかったです。無言で歩いているので、話しかけづらいのなんの!休憩中は隊員同士で多少話していましたが、あんまり仲良くないんじゃないの?と感じるほど無言でした(笑)
岩手山は山岳信仰のあった山なので、何でもアリかな~と・・・。
<< 盛岡から秋田へ寄り道(旅13日目) 2週目まとめ >>