北海道最高峰登頂!(旅24日目)

7月29日 快晴 大雪山、旭岳登山(2,291m)

私が北海道で最も楽しみにしていた山のひとつ、大雪山へ行ってきた。大雪山という山はなくて、大雪山系の山の総称をそう呼んでいる。北海道最高峰、旭岳に登ってきた。

北海道に来て1番じゃないかと思う快晴だった。

遠方にはトムラウシ山を始め、十勝連峰の頂上部が頭を出していた。
f0350083_8183633.jpg


<ルート>
ロープウェー駅-姿見ノ池-旭岳-裏旭-間宮岳-中岳温泉-裾合平-ロープウェー駅
行程6時間

途中でGPSの電源を間違って落としてしまったから、変なルートになってるけど、一応添付↓




公共駐車場は無料で、早朝から満車。
すぐ隣のロープウェーの駐車場は、1日千円もする。早起きは正に三文の得である。まあ、バイクだから空いてるところに停めればいいたけ、関係ないけど。

このレンタカー率の高さ!!!
全部同じ車に見えるのは、私だけではないはず・・・(笑)
f0350083_8234978.jpg

北海道のレンタカーは、ナンバーに「わ」と「れ」が存在する。昔、レンタカーが登場した頃のFAXの精度が悪く、送られてきた文字「わ」が、「れ」に見えたことから、北海道だけ「れ」があると聞いた。

ロープウェーを使う。邪道だとか言わないでください。これで往復5時間の短縮になるんです。日帰り登山を計画する人は、よほどの健脚でない限りは、ロープウェー使用した方が効率が良い。
f0350083_8241993.jpg

ロープウェー終点駅から、1時間程で周遊できるハイキングコースが整備されている。一般観光客向けで、スニーカーでも十分歩ける。
f0350083_8322288.jpg

ワタスゲの大群生。太陽の光が透き通って輝いていた。山頂付近は霞がかっている。
f0350083_8332030.jpg


順調に高度を上げていく。ハイキングコースを抜けるときに、ハイペースな若者2人組がいた。装備はまぁまぁしっかりしてたから経験あるように見えたから、よっぽど体力あるんだろうなと思っていたら、5合目前でへばっていた。追い抜いて、山頂時には15分差がついていた。そんな私は最近やっと、自分の体力とペース配分が分かってきたところ。
f0350083_8373171.jpg

f0350083_8375470.jpg

f0350083_8381155.jpg


6合目頃より、霞の天地が逆転する。他の登山者によると、この霞はPM2.5らしい。霞の上に出る体験は初めてだ。霞の上はクリアなのだと知った。
f0350083_8452953.jpg

f0350083_8463093.jpg


誰が名づけたのか、金庫岩。先日の岩手山では豆腐岩なる四角い岩があった。それに続き、四角い岩には適当に四角いものの名前付けとけ!みたいな感性は、どこでも共通なようだ。
f0350083_8482365.jpg


空がきれいに二分割!

f0350083_8531426.jpg

f0350083_8543171.jpg

f0350083_8545294.jpg


袋が膨張してる。
f0350083_8551153.jpg

パンだけにパンパンだぁ♪なんて頭をよぎったのは誰ですか。
山頂の空気で一気に冷えたじゃないですか。

f0350083_8591357.jpg

f0350083_8595518.jpg

f0350083_8593397.jpg


裏旭へ下る。半端ない急斜面。下りも怖いが、登りの直登も厳しそうだった。
f0350083_912188.jpg

急坂がひと段落すると、雪渓が待っていた!尻セード(お尻で滑る)したい!けど、そこまで急でもない。走り出して、転んで、頭からダイブして、そのまま滑って行きたいなぁなんて考えながら、小走りで下りる。ザクザクした雪の感触を楽しみながら。
f0350083_932935.jpg

f0350083_91377.jpg

空はひたすら青かった。
f0350083_10323917.jpg


軽快なアップダウンを繰り返す。
f0350083_1034687.jpg

f0350083_10342379.jpg

f0350083_1035081.jpg


f0350083_1036014.jpg

ガスっていたら迷いそうな広い頂上近辺を歩く。
f0350083_10372244.jpg

その先には更に雄大な景色。ここに見える山を縦走したら楽しいだろうなぁ。
f0350083_10363284.jpg

眺望抜群の稜線歩きはここまで。あとは下山。
f0350083_10393324.jpg

登山道に温泉が沸いている。中岳温泉!サビサビのスコップが置いてあるから、浸かりたい人は掘ればいいようだ。
f0350083_10394836.jpg

f0350083_11145294.jpg

誰もいなきゃ浸かってみたかったけど、野郎が6人もいたから、足湯に留めた(笑)
f0350083_1043778.jpg



左が旭岳。雲の平みたいな気持ちの良い場所。全く飽きないし、ずっと歩いていたいと思える素晴らしい景色だった。下りだからこそ楽しむ余裕があったと思う。この場所を通るのに、時計周りコースだと楽しむ余裕がなくなりそうだ。
f0350083_1175884.jpg

f0350083_1184697.jpg
f0350083_11101862.jpg

f0350083_1110409.jpg

振り返ると絶景。
f0350083_11275937.jpg

f0350083_1131192.jpg

一周して戻ってきた。
f0350083_1132238.jpg

風と虫の音、雪溶け水が集まり川を作り流れる音・・・。本当に素晴らしい山だった。またいつか、今度は是非縦走しに訪れたい。


翌日の筋肉痛:なし


~おまけ~
f0350083_1761048.jpg

f0350083_1764038.jpg

f0350083_177126.jpg

f0350083_1772369.jpg

f0350083_1781352.jpg

f0350083_1783425.jpg

f0350083_1785473.jpg




by chidorigo | 2014-08-04 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(3)
Commented by けー at 2014-08-04 23:11 x
さいちーさんの登山のブログを読むと山登りもいいなーと思います。特にこの山が湖?に映ってるのすごくいいですよね~こうゆう写真を撮ってみたいです(゜_゜>)
Commented by chidorigo at 2014-08-05 15:02
水が豊富な山で、小さな池が形成されていました。その写真は「すり鉢池」ですが、ロープウェーの終点から歩いて10分ほどのところに「姿見ノ池」があり、風がないとこの写真よりも美しい逆さ旭岳が見れるそうです。
Commented by ayaG at 2015-11-14 22:01 x
C110による日本一周ツーリング、出発時からの記事を読ませていただいてます。
ワタスゲは、チングルマでないかなーって思いましたので・・・
<< 十勝岳~富良野岳縦走 旅のカブ主と偶然の出会い(旅2... >>