礼文島へ渡る(旅29日目)

8月3日 曇/にわか雨 利尻島-礼文島-稚内


朝一の便で礼文島(れぶんとう)へ渡った。風が強く、涼しいを通り越して寒さを感じた。
f0350083_104697.jpg

f0350083_1043078.jpg


礼文島には、島をぐるっと回れる道がなく、西半分はトレッキングコースが整備されている。晴れていれば、1泊してトレッキングする気があった。でも天気は曇りで、翌日は雨予報も出ており、夕方の便で帰ることにした。
f0350083_1051241.jpg


ここ礼文島は緯度が高く、海抜0mで既に森林限界を超えている。そのため、背の高い木々は生えず、笹薮の丘陵地帯が広がっている。山に登らずして、容易に高山植物を鑑賞できる場所として人気がある。本州では2000~3000mのアルプスに相当する。冬はそれだけ厳しい。
f0350083_10115758.jpg


花の町を全面的に推してて、そこらのアパートから、マンホールまで花が描かれていた。固有種が幾らか存在し、代表格がレブンアツモリソウ。ゆるきゃらになっていた。
f0350083_101433.jpg

f0350083_10122121.jpg

f0350083_10143329.jpg

f0350083_10161617.jpg


雪崩も頻発するようで、スノーシェッドも数箇所あった。
f0350083_10171432.jpg



島の東側の道をバイクで北上。途中、金田ノ岬に寄り道。少し沖の波しぶきがかかる岩の上になんかいる!カラスみたいな、ペンギンみたいな、オロロン鳥だ!!ウミガラスのことで、「オロロロロ~」と鳴くからそう呼ばれている。肝心な鳴き声は、風と波の音でここまで届かなかった。
f0350083_1072087.jpg

f0350083_1073571.jpg


島の最北端、スコトン岬に到着!岩礁が続く先に、トド島がある。トド島へは、船をチャーターしないと上陸できない。この岬が、一般的な観光で行ける観光島の最北端となる。
f0350083_105544.jpg

f0350083_1062375.jpg


昆布ソフトは、氷の粒が入っててシャリシャリしてたが、コンブ感がよくわからなかった。
f0350083_108112.jpg

f0350083_1083576.jpg


お土産コーナーを物色。トド缶ですか・・・。気になる珍味。鯨肉みたいな味がすると、缶に書いてあった。高いので見るだけ。
f0350083_1093150.jpg

f0350083_109147.jpg




フェリーターミナルに程近い海鮮処かふかで昼食。ツーリングマップルでもオススメされている、ホッケのちゃんちゃん焼きを注文。「ちゃんちゃん」というのは、魚に味噌を塗って、野菜を乗せて焼く料理のことを指す。海なし県の私は、ホッケといったら干物しか食べたことがなかった。ここのは生ホッケ!!ふっくらしてて美味しかった。
f0350083_1010580.jpg

f0350083_10101912.jpg
f0350083_10104171.jpg

さらにプラス500円でウニが付くというので喜んで注文。生か、焼きかを選べた。大将オススメは焼きだったので、それをお願いした。ここのウニは甘い!!香ばしい風味と、濃厚な身、そして口の中に広がる甘さ。ナカノヒトは、以前のうに丼のときよりも暴れなくなってきた。舌が肥えてきたよ?

f0350083_10105725.jpg

炭火で焼いてくれるのだが、ホッケに火が通る頃を見計らって、対象が茶碗に取り分けてくれる。美味しすぎてご飯がどんどん進む!こんなにもりもり食べたの久しぶり(笑)


その後は桃岩へ。駐車場にあるマットで、外来種の種を持ち込まないよう、靴の裏をきれいにする。徒歩5分で展望台へ着く。岩が桃の形をしていて、そのまんまのネーミングセンス。予想以上に桃だね・・・!!
f0350083_10155786.jpg

f0350083_1018123.jpg

下ったところにある展望台から見る桃岩の方が、より桃らしかった。
f0350083_10174267.jpg

角度を変えると、可愛らしい桃は、溶岩ドームだということが分かる。迫力があった。
f0350083_10194828.jpg


そこから程近いメノウ浜メノウ拾いに挑戦。満潮間近で波が迫る。しかも天気悪くなるから、波が高め。波ぎりぎりを歩くと、塩水を浴びる。新潟県の瑪瑙が、海流に乗ってここまでたどり着くそうだ。どれがメノウか分からなくて、近くの売店のおじちゃんに聞いたら教えてくれた。ただの石ころの海岸から、メノウがなんとなく分かるようになった。台風の後なんかは、握れるくらい大きな瑪瑙が拾えることがあるそうだ。瑪瑙=緑色かと思っていたが、緑のは出雲の瑪瑙。ここで拾えるのは白い瑪瑙だった。
f0350083_10214259.jpg
f0350083_10222384.jpg
f0350083_10224034.jpg
f0350083_1023068.jpg

映画『北のカナリヤたち』の舞台となったのが、礼文島で、ロケ地が保存されているらしい。行ってみたら道が工事中で、迂回させられた。しかもダーーートなんて聞いてない(泣)ダート先の駐車場から、さらに徒歩15分もかかるそうなので、やめて途中で引き返してきた。
f0350083_10322577.jpg

f0350083_10312651.jpg

f0350083_10304859.jpg

この先に利尻富士がどーーんと見えれば最高なんだけど。まあ雰囲気だけ。イメージで・・・。
f0350083_1032115.jpg


1日観光してたら、フェリーの時間になった。さようなら、礼文島。
f0350083_1034119.jpg



~おまけ~
f0350083_1028142.jpg

f0350083_10281880.jpg



by chidorigo | 2014-08-09 06:00 | 北海道編 | Comments(2)
Commented by 綾瀬はるか☆ at 2014-08-08 19:46 x
綺麗なお花、美味しそうなウニ♪いい景色!!北のカナリアのロケ地だったんだね~いい写真を見れて私も旅行している気分だなぁ♪
Commented by chidorigo at 2014-08-09 16:28
映画は見たいと思ってたんですが、結局見る機会がなくて^^;
あとは天気さえ良かったら最高です!
<< みどり湯で沈没(旅30日目) 最北端の百名山、花の利尻山 >>