山形県、月山登山

8月23日 (旅47日目)

百名山のひとつ、山形県の月山(がっさん)に登ってきた。出羽三山として古くから信仰されてきた山であり、登山道がよく整備されている。ここはリフトがあって、比較的難易度が低く、簡単に登れる山に分類される。つまり、登山初心者が多い山・・・。

<ルート>
姥沢―リフト分岐―牛首―山頂―牛首―姥ヶ岳―リフト分岐―姥沢
山行タイム:5時間20分(休憩含)
f0350083_2148748.jpg



駐車場にバイクを止めて、歩き出す。
f0350083_21344651.jpg

環境美化協力金という名の入山料200円を取られる。
f0350083_21352627.jpg

標高差、歩行距離も大したことない。地元でいうなら美ヶ原程度の登山レベル(駐車場往復ハイキングではなく)だ。リフトを使わないでも5時間20分だった。
f0350083_2138285.jpg

登山道のど真ん中にヘビがいるって・・・!! スルスルっと逃げていった。登山道から上る人は少ないようだ。
f0350083_2151326.jpg


リフトができる前からあるのだろう。石段が整備されていた。
f0350083_2202682.jpg


水は2箇所。ここの雄宝清水の水。山形市内のお店で買った、アルミカップで飲む。冷たさがカップにダイレクトに伝わって、キンキンに冷えていて、すごく美味しい水だった。
f0350083_2213940.jpg


雄宝清水の近くに、ブナのしずくと呼ばれる水場もある。こちらはぬるいが、やわらかい水だと感じた。
f0350083_2272166.jpg


石段と木道が交互に続く。1時間ほどで、開けた場所に出る。湿原をお花畑が広がっていた。
f0350083_22142937.jpg

時折雲が降りてきたが、概ね下界まで見通せた。
f0350083_22183551.jpg

f0350083_2223563.jpg

残雪あり。雪が溶けたことろから、春の植物が芽吹いていた。ワラビみたいなやつ・・・名前分からん。
f0350083_22251488.jpg

f0350083_231713.jpg



年配の方が多い。しかもツアー客・・・・。ジーパンにスニーカー・・・。ランニングシューズみたいな人もいたけど、それ新品でしょ?下ろしたてでしょ?!とてもきれいな靴ですね。
そして、遅い・・・のはしょうがないとして、ツアーの先導者がスタスタ上っていったらしい。自分のツアー客に責任持てよ!次の休憩所でのん気に待ってんじゃねーよ。なんで先頭と最後尾にいないわけ。
f0350083_22361682.jpg

彼らは全くのマイペースで周りを気にせず上り、全く気にせず道の真ん中で呼吸を整えるため立ち止まる。この神聖な山で殺意が芽生えるよ 少し広くなったところで追い越した。

標高を上げるに従い、雲は晴れ視界が開ける。
f0350083_2239201.jpg


神社を過ぎると、まもなく山頂が見えてくるはず・・・
f0350083_2344798.jpg

見えてくるはず・・・・・
f0350083_236579.jpg

見えた!!
f0350083_2385982.jpg


山頂の神社。これより先は撮影禁止。太陽が天照大神なのにたいし、ここは月の山=月山で月読命(つきよみのみこと)=天照の弟が祭られている。昔は太陽暦ではなく、太陰暦が主流であったため、月の信仰の方が勢力があったそうだ。(←朝日岳の小屋番談)
f0350083_2394611.jpg

参拝料500円を払う。入り口でお払いを受け、人型に穢れを移し(人型の障子紙みたいので身体を撫でる)、息を3回吹きかけて、水に浮かべ、身体を清めてから参拝する。珍しい参拝方法だと思った。
f0350083_2310363.jpg


参拝後、神社の外でお昼。眼下に美しい景色を見ながら、女子力高い叔母が握ってくれたおにぎりを食べる。
f0350083_23211622.jpg

f0350083_23353310.jpg



そして後半戦に突入。
f0350083_23394891.jpg
f0350083_23414721.jpg

ずっと石段が続き、足にくる。
f0350083_23412170.jpg

f0350083_2344659.jpg


姥ヶ岳山頂!
f0350083_23502331.jpg

展望良好。姥ヶ岳の頂上から景色を堪能。
f0350083_23553095.jpg
f0350083_23561468.jpg

リフトは使わず、下山した。
f0350083_075374.jpg

心穏やかに、純粋に登山を楽しみたい人は、このルートはお勧めしない。土曜日だったのもあると思うが、人が多すぎる。だが、花は楽しめる。夏の花から、もう秋の花に変わっている。日も、夏至の頃よりゆっくり確実に短くなってきている。秋山シーズン。天気が安定してくれれば、文句ナシだ。



~おまけの花~
f0350083_02778.jpg

f0350083_021760.jpg
f0350083_005612.jpg
f0350083_01124.jpg
f0350083_031227.jpg

f0350083_014362.jpg

f0350083_035295.jpg

f0350083_02365.jpg

f0350083_034272.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-09-06 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(4)
Commented by dokofuku at 2014-09-06 15:51
下りなんかで、渋滞作ってるグループに出会うと、なるべく、
耳元で「すいませーん」と、声かけると、びっくりしながら、
道をあけてくれます。それを連続技で行使すると、そのうち、
出エジプト記の海割れみたく、人の群れが連鎖的に割れて
いきます。でも、試さないほうがいいかも。おっさんワザなので。

月山、やはり、あこがれどおり、いい山ですねー。木道が続いてるとは
知りませんでした。ピークハンターじゃなく、花や景色を楽しみたい派
なので、チェック、チェック!出羽三山と鳥海山は、いつかは、絶対、
登るゾー。去年、早池峰山に登ったけど、また、登りたい。東北、
いい山、多いね。もちろん、信州もだけど。燕岳、もいちど登りてー。

女子力おにぎり、食いてー!

# 同じような旅をロシアでやったら、そのうち、行方不明になるもんね。
  警戒行動賛成。でも…
Commented at 2014-09-06 16:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chidorigo at 2014-09-06 21:24
実はチキンで、人に声をかけるのが苦手なんです。勇気があったらやってみます・・・。
女子力おにぎり、めっちゃおいしかったです。昆布とたらこと梅で、具が全部違って感動しました♪
Commented by バイクばかです(’-’*)♪ at 2015-11-08 23:57 x
はじめまして‼ヾ(´▽`*)ゝ
いますよねこう言う周りを気にしないご老体てか、今時のご老体はこんな感じですね
困ったものです

あと、余談ですが
月読の性別は不明ですょ(ヾ(´・ω・`)
古事記にも記載は無いです、なので
解説書の類いも、通常は男女性別不明と記載されています
書いてたら信憑性無いですね

日本書紀は、最初だけ読んで詰まらなかったので読みませんでした
まぁ、日本書紀が作られた理由が理由なので、仕方ないかな、詰まらない理由もそこにあるから
なので、日本書紀に月読が出てくるかは知りません
昔から日本は太陽暦ですょ(ヾ(´・ω・`)
まぁ、昔と言っても弥生時代ですが
縄文の頃は、日本の歴史は曖昧ですので
文字も無い時代なので仕方ありませんね
<< 朝日連峰1泊2日-前編 荷物軽量化作戦!(旅46日目) >>