朝日連峰1泊2日-前編

8月24日-25日
山形県の朝日岳に挑戦してきた。

8月24日(1日目) 曇り

<ルート>
1日目:古寺口―ハタバ峰―鳥原小屋泊
2日目:鳥原小屋―鳥原山―小朝日岳―大朝日小屋―小朝日(巻き道)―古寺山―ハナヌキ峰―古寺口


※クリックで拡大
f0350083_20582465.jpg
f0350083_20595062.jpg





私が持ってる「百名山大人の遠足」で紹介されている朝日岳のコースは、朝日鉱泉からのコース。下調べせず、それをそのまま信じて、朝日鉱泉口を目指した私が悪い。

昨年土砂崩れがあって、そのまま通行止めが続いているらしい。迂回路も通行止め。つまり、朝日鉱泉口は使えない

近くのホテル自然観で、登山者は古寺鉱泉口から入るとの情報を聞き、場所を教えてもらう。ホテル裏のスキー場を一山越えて、ブナ峠を越えるらしい。なかなかハードなコースになりそうだ。

割と締まったダートを走り、一山超える。
f0350083_17152310.jpg

山を越えたらブナ峠があった。全然峠の位置にない峠だ。その先、道が二又に分かれていた。「朝日鉱泉⇒」じゃない方へ(分岐を左へ)行ったら、水流れるわ、砂利の比じゃない石ころダートだわ、はまったら二度と出れないような泥の水溜りはあるわで、散々だった。
チドリ号、本格ダートデビュー!!(涙)しかもその先行き止まり。
f0350083_17224198.jpg


分岐まで戻って「朝日鉱泉⇒」の看板に従ったら正規の道に出た。
f0350083_17273058.jpg

~ブナ峠から、古寺口方面まとめ~
スキー場から下りてきたら、ブナ峠の分岐は右へ!その先舗装路に出たら右へ!(舗装路左も行き止まり)



ダート走行で、登山口への到着が送れた。古寺口に着いたのは10時半。
大朝日岳小屋に泊まろうと考えていたが、時間的に不可。予定変更し、鳥原小屋泊のルートで行こうと思う。


日曜日-月曜日の登山で、駐車場は満車。まあバイクは関係ないが。道沿いに路駐もちらほら。
f0350083_21245465.jpg


いつもの38Lザック。
f0350083_21141951.jpg


右の道を100mほど歩いたところで、間違えたことに気づいて引き返した(笑)
f0350083_21215422.jpg



このルートは、見事なまでのきのこロードで、私が見たのは毒キノコだと思けど。

f0350083_21253750.jpg

f0350083_2126318.jpg
f0350083_21272778.jpg
f0350083_2127243.jpg
f0350083_21273338.jpg
f0350083_2128405.jpg
f0350083_21291095.jpg
f0350083_21293176.jpg



それ以外は、特にこれといった特徴もない登山道だった。

いきなり、急登から始まり、急登がひたすら続く。急登じゃない方が少ない。登りの人パーティーは追い越しも、追い越されもしなかった。下りの2~4人パーティーは4組程とすれ違った。登山者が少ないルートのようだ。よく言えば、マイペースで上れる。下りも急すぎて、私は選択したくないと思った。

ブナ林が続く。おかげで直射日光は浴びなくてよい。

それと、ぬかるみが多く、蚊やブヨが大量。立ち止まるとここぞとばかりにたかられる。服の上からも容赦なく刺されるし、帽子から出てる耳だけで4箇所は刺された。

一言で言うと・・・
「急登のくせに、蚊が攻めてくるから、ろくに休憩できないコース」
だった。


3時間弱で、小屋までの分岐に出た。
f0350083_21562130.jpg

f0350083_21565595.jpg

鳥居をくぐればもう小屋だ。
f0350083_21572170.jpg

きれいな小屋で2階建て。冬の登山者はほぼいないらしい。沢水の水道あり。生水飲んだけど、自覚症状なし。
f0350083_2203873.jpg

f0350083_2224931.jpg

寝床作成。茣蓙あり。100均のエアピローが、なかなか調子いい。素泊まり1500円。プラス、トイレのチップ代500円も請求された・・・・(チップなのに請求されるのは初めてですが、どうなんですかねぇ)。夏の期間は管理人が常駐している。宿泊費2000円を渡した。

f0350083_225223.jpg


神社がある。ここは朝日岳で、祭られてる神様は太陽の神様だという。その昔、信仰の対象が月で、月山の勢力が強すぎたため、朝日岳の神社はシンプルだった。
f0350083_22132642.jpg


管理人S氏が、「近くに太陽の池と、月の池があるから散歩しておいで」と教えてくれた。

徒歩5分以内のところに、太陽の池と呼ばれる丸い池塘があった。風もなく、鏡面のようだ。
f0350083_22224236.jpg


月の池、三日月湖のような形の池塘もあった。
f0350083_22335730.jpg


厚い雲。下界はかすんで見えない。天気がいいと、月山、蔵王、吾妻山まで見えるらしい。
f0350083_22352274.jpg


管理人S氏に、夕飯時野菜炒めを分けてもらった。肉なんて食べられると思わなかったから、ありがたくいただいた。S氏はこの日上がってきたばかりで、生野菜、生肉を持ってきていた!!
f0350083_22373886.jpg

S氏の武勇伝を聞きながら、日本酒を飲まされる。ヒマラヤ遠征15回以上もやってて、今は山岳ガイドをしている方。次元が違すぎる・・・・!!貴重な話をたくさん聞けた。S氏(既婚)の恋愛話も聞けて楽しかった(//▽//)

私の他には宿泊者がいなく、二人だけ。山小屋の夜は長く、ひたすら山について語り合っていた(笑)なんて楽しい夜なんでしょう!!山の怖い話を聞いたら、真っ暗なトイレに行くのが(私にしては珍しく)怖くなった。連れションなんて何年ぶりだろうか・・・(ぇww

厚い雲はどこかへ行き、満天の星空が広がっていた。天の川も見えたし、流星も1つ見られた。
f0350083_22455379.jpg




22:30、山小屋にしては遅い就寝。

「夜中にネズミが来るから、食料は壁に吊るしておくように」とアドバイスをもらう。

夜中に、ザックの隣で乾かすために広げておいたアルミコッヘルを、カリカリ突っつく音で目が覚た。音の方向をライトで照らしてみた。姿は見えなかったものの、ネズミはいるようだった。

by chidorigo | 2014-09-07 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(2)
Commented by 腹筋オジサン at 2014-09-07 06:29 x
「ちどり号」って言うんだ あのバイク
ちなみにオジサンの自転車は「ペリカン号」と言います
昔、教え子のギャルが命名したけど‥なぜ「ペリカン号」かは‥謎です

なんだぁ恋愛話を聞きたかったんかぁ(^_-)
オジチャンは船乗りやったんやでぇ
武勇伝の一つや二つ‥夜通し聞かせてあげたのに(>_<)
涙なくして聞けないよ
Commented by chidorigo at 2014-09-07 09:56
ペリカン号ですか!あの自転車からのペリ感は私にも感じられませんでした(;・∀・)なかなかレベル高い名前ですね。
今度会ったらその武勇伝を聞かせてくださいね~(笑)
<< 朝日連峰1泊2日-後編 山形県、月山登山 >>