ナウシカの世界観、秋吉台(旅124日目)

11月6日 曇/晴 宇部―秋吉台―宇部

常盤公園内の無料キャンプ場を拠点に、2~3日山口観光をしようと企む。すぐ隣にトイレ、水道があって快適。シャワーはないが、近くに温泉(バイク10分)がある。ただ、道路からキャンプ場まで、運動公園内の歩道を通らなければならず、200mバイクを押さないといけないため、息が上がる。
f0350083_154490.jpg

あとは、朝からジョギングしてるじじばばが多いため、「こんなところでキャンプしてる。珍しいな」と声が聞こえるのが気になって目が覚める(笑)

お腹空いてなかったが、また事故っても嫌なので、お湯沸かしてアルファ米を食べた。フリーズドライのシチューがレベル高くて美味しかった。


秋吉台に行ってみた。今日はいらない荷物は置いてきたので身軽。
f0350083_15143117.jpg


曇っているせいか、緑のシーズンが終わってしまったからなのか、イマイチぱっとしない風景。
f0350083_15158100.jpg


秋吉台科学博物館があった。入館無料なので入ってみる。
f0350083_15164620.jpg

ニホンサイの化石(レプリカ?)があった。解説によると、数十万年前の日本に生息していたが、絶滅した。千葉県市原市でも、60万年前の地層から同種の化石が見つかっている。日本にサイなんていたんだ。知らなかった。
f0350083_15173532.jpg


館内にには、秋吉台に生息している生き物や、樹木類、生態系についての展示があった。
f0350083_15175466.jpg


中でも、私が最も興味深かったのは、カルスト地形についてだ。
f0350083_15193756.jpg

秋吉台に川や池はなく、雨水は全て地下にしみ込んでしまう。地下には巨大な空間が広がっており、その中でも最大の洞窟が秋芳洞と呼ばれている。洞窟の中を、地上から集まった水が川となり流れている。信じられない。まるで『風の谷のナウシカ』に出てくる腐海のような設定だ。
f0350083_15195651.jpg


ウバーレとか、ドリーネとか、何語なんですか?って感じ。聞いたことのない用語にココロトキメク。
f0350083_1533082.jpg

f0350083_15335235.jpg
f0350083_15341540.jpg

f0350083_15342837.jpg


《秋吉台の地下水の不思議》
f0350083_15353535.jpg
f0350083_15354758.jpg


広島県の小学生が、秋吉台に修学旅行に来ていた。修学旅行兼社会見学のイベントの一環で、化石採取をしていた。石の山から好きなところをハンマーで砕いて割って、手ごろな大きさにし、学芸員に見せにいく。すると、学芸員が、化石がある場所に赤鉛筆で丸をつけてくれる。化石を水で洗って、お土産に持ち帰ることができる。
f0350083_16115937.jpg
f0350083_16123318.jpg

植物の化石が大半を占める中、時々貝の化石が見つける子がいて、盛り上がるそうだ。子供とたちは、軍手をつけて、安全めがねの代わりにゴーグル装着。本気モードだった。


秋吉台を走る。
f0350083_1621329.jpg

f0350083_1623550.jpg

雰囲気は、紅葉時期を過ぎてしまったビーナスラインに似ている。閑散としてて、静か。通る車もほぼいない。貸切状態。
f0350083_16232527.jpg

f0350083_16235626.jpg


ハートマークな空間を見つけた。
f0350083_1626975.jpg


f0350083_1626499.jpg

このでっかい窪地に水が現れては消えるそうだ。不思議だ・・・・。
f0350083_15445435.jpg


横断中。きゃわゆい(*´ω`*) 危ないよ、ひいちゃうよ。横断完了まで見守った。
f0350083_16281699.jpg


なんかいた。しかも後方から狙われてる。
f0350083_1630158.jpg



いよいよ秋芳洞へ潜入。入場料1200円払って、エレベーターで地下80mまで下る。
f0350083_16305782.jpg

意外と寒くない。16度もあった。鉱山が11度前後なのに比べると、比較的温かい。
f0350083_16322598.jpg

f0350083_17202744.jpg


洞窟内は全体的に薄暗いが、一応街灯あり。場所によってはライトアップされていた。
f0350083_16335918.jpg


こんなに広い空間が地下に広がっているとは!!!驚きだ。
f0350083_1635088.jpg


いちいちタイトルがついている。
f0350083_16434159.jpg

f0350083_16444180.jpg

f0350083_17144334.jpg


石灰岩が水に溶けて、ツララみたいに垂れ下がっているやつを鍾乳石(しょうにゅうせき)という。鍾乳石の下から落ちる雫によって、下から生えてきたように見えるツララを石筍(せきじゅん)という。ちなみにそれぞれ2cm成長するのに、鍾乳石は250年、石筍は500年かかるんだって。
f0350083_17152859.jpg

f0350083_16472712.jpg

f0350083_16453654.jpg

秋芳洞の内部には、博物館での説明通り、川が流れていた。また、大雨の日にだけ出没する「幻の滝」の看板もあった。この日は見られなかった。雨の日に訪れてみたいと思った。水量が多いのではないかと期待できる。
f0350083_17181316.jpg



出口。
f0350083_16482071.jpg

ほんとはこっちがメインの入り口。メインの入り口近辺は、割高な駐車料金を取られる。私が使った中央入り口は無料。
f0350083_16494874.jpg


秋吉台の勉強ができて充実の一日だった。
f0350083_17212579.jpg

温泉博士発動して温泉に入って、夜はマックでブログ更新。宇部市街の国道は、歩道だけでなく車道も全体的に暗い。街灯はあるといえばあるのだが、100~200mに一本。踏み切りを見落としそうになった。街全体が暗い印象だった。


キャンプ場は、満月前日でとても明るかった。
f0350083_1721417.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-03 06:00 | 中国編 | Comments(2)
Commented by 風ささき at 2015-02-03 21:10 x
自分たちも化石になるのかな、火葬して骨になった化石?
自分の足跡、形なくとも、同じ時を生きた仲間だよね人類も。
とりあえず、今を生きる最善を尽くすのみ。
明日もいい旅を。
Commented by F氏 at 2015-02-03 22:17 x
昔は秋吉台サファリパークがあったんですよ。秋芳洞も繁盛してました。最近は観光客は少なくなったと聞きます。宇部市は宇部興産の町です。
<< 山口県庁ランチ おっぱい見て事故った話(旅12... >>