夢叶う?対馬の離島で越冬か(旅129日目-後編)

11月11日(後編) 晴 対馬

さいちーです。おはようございます。今日は文章ばっかりでお伝えします。

修羅の国を出た翌日、長崎対馬に渡りました。対馬初日に、なんと財布を失くしてしまいました。まさに修羅場を迎えたわけです。予備のお金などは隠し持っておらず、蕎麦の代金が払えない。警察にも冷たくあしらわれ、もはや絶望的。対馬から脱出できるのか。それでは続きをどうぞ。


f0350083_2323819.jpg



完全に財布を失くして、私はパニック寸前だった。焦りまくる中で、私なりに考えた。ハプニングは自分でどうにか対処すべきだと。


まず、どうにもこうにも必要なのはお金だ。世の中、一番大事なのは愛とか優しさとか言う人もいるが、今、そんな綺麗言を言っている場合ではない。今の私は対馬に閉じ込められてしまっているも同然。脱出するには、フェリー代+ガソリン代が必要だ。その先どうするかは、とりあえず後回し。



そこでお金を手に入れる方法を考える。


1.振り込んでもらう。もしくは郵送で届くのを待つ。
家族に振り込んでもらうのが、一番現実的かと思った。しかし、振り込んでもらうにもキャッシュカードがないから不可能。現金書留の郵送で届くのを待つのもアリだが、日数がかかりすぎる。


2.借りる。

・・・・誰に?財布を失くした上に、足元がホイップクリーム並みにふわふわの旅人だ。信用など簡単に得られるはずがない。



3.稼ぐ。

これが現実的ではないか。千と千尋みたく、「蕎麦代分だけでも・・・働かせてください」と頼んでみたが、本日の営業は終了。人手も足りているとの返答だった。じゃあハロワに行って探そう。



という結論に至って「ハロワはどこに?」との質問に至った。


蕎麦屋のおばちゃん「厳原かな」

えらいあっさりと答えてくれるじゃないか。









別のおばちゃんが、「もしよかったら、私の口座貸すから、誰かに振り込んでもらいなよ」と言ってくれた。






神ですか!!!!!\(T▽T)/








仕事中の父に電話。



「財布を失くしてしまったので、お金を貸してください。指定の口座に振り込んでください」





これって、冷静に考えると、振り込め詐欺みたいじゃないか?すごく気が引けた。今は緊急事態だから、いろいろ言ってる余裕はない。本当に困ってるときに、疑われて振り込んでもらえないのが、一番困る。頼んでおいてアレだが、父にはもっと疑って欲しかった・・・・。父よ、詐欺だったらどうするんだ・・・・。







程なくして、「指定口座に振り込んだ」と父から連絡が入った。おばちゃんと一緒に郵便局へ行って、通帳を確認した。




蕎麦屋に戻って、蕎麦代を払おうとした。


「蕎麦代いいよ。せっかく対馬に来て、嫌な思い出ばっかり残してもしょうがないでしょ。いい思い出の一つくらい持っていきな」


おばちゃん達、神ですか。思いつく限りの感謝の言葉を述べた。



「ホラ、元気出して!」と柿をくれた。嬉しかった。
f0350083_17272243.jpg


日没が迫る対馬の風は冷たかったが、私の中には温かさがあった。人って優しい。温かい。泣けた。











私は、最後の望みをかけていた。クレジットカードや各種カード類は、まだ止める連絡をしていなかった。蕎麦屋を出て、最後に立ち寄った灯台へ行くことにした。もし灯台になかったら、財布は諦める。期限は日没。急いで灯台を目指した。


f0350083_17291559.jpg


西日で長い影。もうあと数十分でタイムリミット。
f0350083_17284028.jpg



私の干支である「ヘビ」様宅(排水溝の穴)前で、土下座をする。

「さっきはちょっかい出してすみませんでした。財布を返してください」



公園内、自分がさっき歩いた場所を辿って探す。

f0350083_17301666.jpg


一周してきて戻ってきた。









なんか置いてある?!


あった!!!見つけた!!!


f0350083_1734281.jpg

信じられないが、石段の上にちょこんと置いてあった。目を疑った。
f0350083_1738322.jpg

自分の名前が入ったカードも、帰りのフェリー代も入っていた。中身も全くそのままで、無事だった。




財布を抱きしめて泣いた。ほんとカッコ悪いくらい泣いた。



バイクに戻る前に、ヘビ様宅前で礼を言った。ヘビ様からは、相変わらずノーコメントだったが。このときばかりは本気で、神様はいるのかもしれないと思った。



日没。本日のタイムリミットだ。
f0350083_17453719.jpg

f0350083_17455844.jpg



今日はこの日本最北西端の灯台で、野宿することにした。トイレ水道完備で、誰もいないし、誰も来なかった。
f0350083_17471665.jpg



スマホの電波は入らない。誰にも報告も連絡できずに、一夜を明かした。家族、友人たちにはさぞ心配をかけたことだろう。助けてくれたおばちゃん達と、詐欺と疑わず振り込んでくれた父と、アドバイスをくれた友人達には感謝している。見付かってよかった。本当によかった。


~考察~
・なぜ財布を灯台で落としたのか分からない。バッグを開けた記憶がない。もしかしたらバッグが開いていたのかもしれない。バッグは閉まっているか確認しよう。
・落としたのが灯台だったのが、不幸中の幸い。誰も来ない灯台だからこそ、拾われることもなかった。
・お金の神様、ヘビにちょっかいを出すと、返り討ちに遭う。謝ったら許してくれることもある。
・現金は分けて持っていた方が良い。一つの財布だけだと、落としたら致命的。
・手持ちの現金をなくしても、警察署に行っても取り合ってくれない。後から聞いた話だが、最悪の場合は市町村の役場に相談すると、なんとかしてくれる可能性があるそうだ。





~おまけ~
友人より、励まし 冷やかし の落書きが送られてきた。だいぶ凹んでた時だったので、これ見たら元気出た。オチのない4コマ漫画で、内容はだいたい合っている(笑)ブログに載せていいよ、ということで掲載してみた。
f0350083_14484178.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-14 06:00 | 九州編 | Comments(10)
Commented by zacoo at 2015-02-14 10:39 x
さいちーさん こんにちは
財布見つかってよ買ってね~
人ごとながら心配しました。
ちょっとした試練でしたね。
僕もお金を落とした時「一時的に頭も身体もフリーズしてしまう」あの感覚は未だに忘れられません。
見つかった時にはお世話になった人全員に感謝したい気持ちになります。

無事に旅が続けられるよう祈ってます。
Commented by ドカおじさん at 2015-02-14 10:46 x
その時はパニックだったと思うけど後になっては良い思い出になるんだろうね。対馬は一生忘れない土地になるなることでしょう。色々な出来事があるのが旅の醍醐味一つ勉強になったね。良い旅を続けて下さい。

Commented by ライツボ at 2015-02-14 10:46 x
おはようございます。
いや~、安心しました。
昨日は、

(もしかして、このブログの更新は対馬で?)

と思ってました(笑)

にしても、蕎麦屋のオバ・・・お姉さまと実家のお父様には感謝感謝ですね。
帰る場所、帰れる場所、待ってくれる人がいるから旅が出来るわけですから。

おっと、忘れちゃいけない。ヘビ神様?にも感謝感謝です。

でわでは、これからも良い旅を・・・

あ、個人的なことですが・・・
今日、バレンタインのウチのお客様は男子5名様。
私を入れて男6人のバレンタインです(笑)
Commented by dokofuku at 2015-02-14 11:12
座間味島をツーリング中にスマホをなくしたけれど、
昼食をとったレストランに忘れたと思い込んでいたので
あわてませんでした。宿に入る前にレストランに行ってみたら
夜まで閉店。しかたがないので宿に行ったら、スマホが
交番に届いているという。なんと、レストランじゃなく
古座間ビーチに置き忘れていたのをビーチを通る
バスの運転手さん経由で届けられたそうです。
何人もの人に感謝感謝。バスの運転手さんにも直接
お礼を言うことができました。
さいちーさんの財布の置かれた状態がわかりませんが、
ひょっとしたら、落し物を見つけた人が目立つように
置いてくれた?ってことはありませんかねぇ。
Commented by 風ささき at 2015-02-14 22:31 x
対馬の落陽は暖かだったね。
ヘビ神さまの、お仕置きあったようだね。
気を抜きすぎ〜ってか?
圏外もあるし、公衆電話をチェックし小銭を分けてだね、最悪電話貸してくださいで。
旅は続くだね、良かったヨカッタ。

明日もいい旅を。
Commented by chidorigo at 2015-02-15 14:54
>zacco氏
こんにちは。ほんと、見つかってよかったです。安堵のあまり、最後はひっくり返って笑ってました。ありがとうございます^^
Commented by chidorigo at 2015-02-15 14:55
>ドカ氏
頭が真っ白になるって、こういうことなんだと体感しました。今後はなくさないように気をつけていきたいです。
Commented by chidorigo at 2015-02-15 14:57
>ライツボ氏
ハッピーバレンタイン!楽しめましたか?(笑)
財布が見つからず、誰にも助けてもらえなかったら、きっと今頃対馬で働いていたと思います。助けてくれた皆さんに感謝ですよ~><
Commented by chidorigo at 2015-02-15 15:00
>風氏
親切に届けてくれる人がいてよかったですね!
誰かが置いてくれたんだとしたら、中身を抜かずそのままにしておいてくれたことに感激です。
Commented by chidorigo at 2015-02-15 15:02
>風ささき氏
ヘビ様には今後会うたびに感謝の言葉を言うことにします(笑)
ヤマネコセンターは営業時間終了で、公衆電話さえ周囲にない僻地でした。小銭を持っておくのもありかもしれませんね!
<< 日本一の大銀杏(旅130日目) さ、財布がない!!対馬で紛失事... >>