日本一の大銀杏(旅130日目)

11月12日 曇/晴 強風 対馬散策

昨日泣きすぎて(笑)、精神的、身体的に疲労困憊だった。そのため日没とともに就寝し、気持ちよく目覚めたのは夜中の2時。動物の低い唸り声だか鳴き声が、絶え間なく聞こえていた。

二度寝して、次に起きたら9時だった。東屋に張ったテントを撤収。風が強くて飛ばされそうだった。寒くはなかったのが幸い。ゆっくり準備して出発。

ツーリングマップルを見ると、日本一の大銀杏が対馬に存在していることを知る。これは是非見たい!悪路バッドな道を進んで、対馬の島の東側に着いた。

f0350083_2114330.jpg

青空に咲く金色の花火みたいだ。
f0350083_212729.jpg

f0350083_2125182.jpg

f0350083_213169.jpg

巨木だから落ち葉も多量。黄金の絨毯。
f0350083_2133567.jpg


カブがとてもちっちゃく見える。樹齢1500年の貫禄。
f0350083_2145415.jpg


巨木すぎて、自重に耐え切れないようだ。支柱に支えられていた。
f0350083_2152758.jpg

f0350083_2155173.jpg


韓国人の観光客が次から次へと来ていた。大銀杏に飽きた方々が、カブとか私に興味津々で、なぜか写真に収めていた。韓国人も私も片言の英語で、身振り手振りでギリギリ通じるコミュニケーションを取った。最後に柿くれた。

f0350083_2114422.jpg

対馬に里帰りしていた日本人には、「日本人?」と聞かれた(ぇww
韓国人か日本人かを見分けるのは、ファッションらしい。確かに顔は似ている。


大銀杏から出て、上対馬と下対馬を隔てる万関瀬戸(まんぜきせと)に架かる万関橋へ。
f0350083_21194188.jpg

この橋を下から見上げたいと思って下る道を探したら、とてつもなく急坂だった。上ってこれなさそうだったから、下るのを断念した。
f0350083_2115294.jpg

かつて対馬は2つの島だったが、1900年に旧大日本帝国軍の海軍がここを掘って東西の海を繋ぎ、運河を造った。その結果、対馬は大きく3つの島に分かれた。現在は、こに架かる万関橋から北を上対馬、南を下対馬と呼ぶ。
f0350083_2120138.jpg

ここには渦潮が発生するとか。このときは見られなかった。とても海水が流れてるとは思えない。川のようだった。
f0350083_21203558.jpg

日露戦争で、日本軍がロシアのバルチック艦隊を破った時、海軍はここの万関瀬戸を通って進撃した。ふむふむ。とても勉強になる。日本史に登場する舞台が、私の中でつながる。気持ちいい。

万関橋で出会った地元のおっちゃんに、美味しい地元食堂を訊ねた。食堂『じょう』で昼食。風が強くて暖簾が裏返っていた。
f0350083_212959.jpg

カウンター数席と、テーブル席2つの小さなお店。
f0350083_2141221.jpg

店主オススメのちゃんぽんを注文。温まる(´∀`)とても美味しかった。
f0350083_2132115.jpg

福岡なのに、なんでちゃんぽん?長崎の食べ物では?と思ったら、そうだ!対馬は長崎だ!(またかよ)

高台にある公園の足湯に寄ってみた。まだこんな時間だ。体内時計は夕方4~5時なんだけど。
f0350083_21445517.jpg

風が強く、湯がぬるくて、長時間入っても全く温まらなかった。写真のおっちゃんが対馬の歴史についていろいろ教えてくれた。
f0350083_21403667.jpg

あとは、韓国人と対馬民との諸事情を話してくれた。

地元には金を落としていかない。韓国直通のフェリーは、韓国の会社。日本のバス会社が多少儲かる程度。お土産店は気合を入れて美味しいお土産開発をしているが、韓国人ツアーはお土産店に見向きもしない。観光バスが寄るのは大型スーパーだ。ここで韓国人はお土産に酒や食品を買って帰っていく。大型スーパーも他県から参入しているので、地元には貢献していないと嘆いていた。はたまた仏像を盗むだとか、マナーが悪いだとか、韓国人観光客が増えてもあまりいい顔をしていなかった。


足湯から出てチドリ号に戻ると、占拠されていた。どいてくれと交渉するが、余裕ぶっこいてて人の肩の上にまで乗ってくる始末。
f0350083_21494081.jpg

f0350083_21522727.jpg

強制発進したら降りた。


温泉に寄って、体の芯まで温まった。温泉に来る地元民の話題は、一番に「韓国」だった。温泉の受付で充電のため預けておいたスマホは、出るころには半分くらいまで充電されていた。

暗くなる前に野宿ポイントを下見しておいたので、その運動公園へ。まだまだテニスコートの明かりはついているし、管理棟にも人がいた。夜の部、絶賛稼働中。恐らく22時までだろう。あと1時間も待っていたら湯冷めしてしまう。さっさとテントを張って寝たかった。

管理棟の人に事情を説明して、野宿許可をもらう。野球場のバックネット裏なら、人が来ないしトイレも近いし、風も凌げるんじゃないかと教えてくれた。
f0350083_2154272.jpg

せっかく教えてもらったのだが、実際バックネット裏は風の通り道で、びゅーびゅーうるさく、テントはバサバサ揺れた。シュラフもそろそろ薄さを感じる。寒くて不眠だった。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-16 06:00 | 九州編 | Comments(6)
Commented by 腹筋オジサン at 2015-02-16 16:54 x
樹齢1500年とは凄いね
素晴らしい!
力を貰えそうだね

国民性の違いは如何ともし難い!
近くて遠い隣国だね
時間が解決してくれるんじゃないかな~
Commented by けー at 2015-02-17 18:56 x
韓国人は、道徳がないですよねーもちろんいい人もいるとは思うのですが、悪い人が目立ってる気がします。
ネコ氏と言う旅の仲間ができたのかと思いました(笑)
Commented by 風ささき at 2015-02-17 20:05 x
国境を感じる島、韓国人も観光よりも買い物に興味津々なんだね。
日本列島の島々にも生活してる人々がいる。
その土地に生まれ育ち飛び立ち再び巣に帰るように故郷へ。
DNAがそうさせるのか、遠くに旅に出て故郷を想う。
明日は何処に行くのかな、明日もいい旅を。
Commented by chidorigo at 2015-03-10 13:20
>腹筋氏
樹齢何百年、何千年という樹を見ると、ここまで成長させる栄養分はどこから来るんだろうと不思議に思います。海を渡るとこんなにも国民性がうんだな~と感じました。
Commented by chidorigo at 2015-03-10 13:21
>けー氏
韓国人のみならず、日本人でもマナーが悪い人がいますが、比率の問題でしょうか・・・。
ネコ氏は私以上に図々しかったので旅仲間としては不向きです(笑)
Commented by chidorigo at 2015-03-10 13:25
>ささき氏
最寄の日本領土へ踏み入れて、外国に旅行へ行ったことにする、地区の老人会みたいな集団もいました。地元商店での買い物を斡旋すれば、経済が多少潤うんじゃないかと思います・・・。
生まれた場所へ帰っていくのが運命なのかな~と思ったりします。
<< いき壱岐とした猿の横顔(旅13... 夢叶う?対馬の離島で越冬か(旅... >>