いき壱岐とした猿の横顔(旅131日目)

11月13日 曇/強風 対馬―壱岐

朝寒くて起きられず、8時出発。
朝食はいただいた柿。まだちょっと硬かった。
f0350083_22405137.jpg


8:50便で壱岐島(いきのしま)に渡った。
f0350083_2244747.jpg

f0350083_22441864.jpg

風が強く、時化てて揺れる船内。日記つけながら、半分寝てた。寝不足には堪える。
f0350083_22433966.jpg



11:05壱岐着。
f0350083_2246621.jpg

元寇の際の、日本側の大将(まだ少年だった)がお出迎え。
f0350083_22465187.jpg


フェリーターミナルにある観光協会で、情報収集をする。
で、いきなり昼食。壱岐の観光パンフレットに載っていた「豊月」でランチ。
f0350083_22525140.jpg

f0350083_22552824.jpg
f0350083_2255392.jpg

一番人気の刺身定食を注文。1600円とお高めだが、ここ2日間野宿だったし、今日も野宿の予定だ。少々奮発しようではないか。せっかく離島に来て、美味しいものを食べずに帰るなんてもったいない。
f0350083_22555814.jpg

f0350083_22561789.jpg

とても美味しい、新鮮な刺身で大満足。お吸い物にも、切り身が一つ入っていて、箸で触れただけでほぐれてしまう。贅沢なランチだった。ここは来て大正解だった。



お腹も満たされ、壱岐観光に出発。

男岳神社(おんたけじんじゃ)に行ってみた。猿田彦命が祭神だからか、猿が祭られていた。願いが成就したら、石像を奉納する慣習がある。
f0350083_1244064.jpg

狛犬ならぬ、狛猿。
f0350083_12455688.jpg
f0350083_12463978.jpg

f0350083_13134342.jpg


本殿の裏に回ると、猿の石像が山のようにあった。これだけの猿が集まると、圧巻だ。
f0350083_13164422.jpg

f0350083_13191356.jpg


「快復祈願」と台座に書いてあった。‘快復’するといいですね。
f0350083_13213316.jpg

いろんな猿がいた。古い時代のものあった。昔は石彫は職人に頼むとお金がかかるからと、自分で彫る人がいた。石に彫れない人は、木彫で奉納したそうだ。木彫りのものは、時間の経過とともに朽ちてなくなる。たまたまいたバスツアーのガイドが説明しているのを、ちゃっかり聞いていた。
f0350083_13523134.jpg

大漁祈願だろうか・・・。
f0350083_13254398.jpg



漁港には、友人がヤン車と言って譲らないイカ釣り漁船が並んでいた。夜になると、さながらドンキの駐車場ようににぎやかになるんだろう。
f0350083_13383589.jpg




イルカが見られるというので、串山海洋公園に来てみた。
f0350083_13404982.jpg

時期が時期だから、観光客は私以外誰一人としておらず、閑散としていた。
f0350083_13411990.jpg

f0350083_13414158.jpg

f0350083_13481153.jpg


海と繋がっているプール(?)。
f0350083_1343176.jpg

f0350083_13441433.jpg

ここのイルカは、プールに迷い込んできた魚は食べない。餌として与えられる死んだ魚を食べている。飼育されると、狩猟能力がなくなってしまうのか。
f0350083_13451190.jpg

お姉さんが調教していた。
f0350083_13453374.jpg

スタッフの平均年齢がとても若かった。10代~20代。私に説明してくれた男性は私よりも年下で、イルカの調教師になりたくて大阪から来たそうだ。将来的には水族館で仕事がしたいと話していた。地元民しかいないのかと思っていた。そんな志を持った青年が、はるばる海を渡って僻地に就職するなんて。夢があるって素晴らしい。

寒い中ご苦労様です・・・。身体冷えるだろうなぁ・・・。私にはとてもできないと思った。


海洋公園隣の海水浴場。
f0350083_142247.jpg

穏やかに見えるようで、意外とズァッパーーーンしてる。
f0350083_1423092.jpg



壱岐のお菓子屋さんに立ち寄り。
f0350083_1434069.jpg

f0350083_1441599.jpg

壱岐名物、「かすまき」を購入。カステラのような生地であんこが巻いてある。ひとつ300kcal以上ありそうな、ずっしり(いろんな意味で)重いお菓子だ。餅入りなんてのもあって、それも買ってみた。食べきるのが大変だった。
f0350083_1451646.jpg



壱岐の小さな島にも、温泉街がある。地元民のための共同浴場に行ってみたら、定休日だった。ちょっと戻って、すこやか温泉に入る。素泊まり3千円の簡易宿泊施設も併設していた。
f0350083_1472927.jpg

f0350083_1475596.jpg

寒かったから、ひとっ風呂入ってぽかぽかになった。受付のおばちゃんに旅をしていることを話すと、「よかったらうち泊まってく?寒いし、島で野宿できる場所なんてないよ」とありがたいお誘いが。でもまだ15時。まだ観光したい場所もあった。

「仕事終わるのが22時だから、もし泊まる場所見つからなかったら戻っておいで」と。島の人は優しい。もし夜までに野宿できる場所が見つからなかったら、おばちゃんに甘えようと思った。


それから壱岐のメインとも言われる観光ポイント、猿岩へ。
f0350083_14245149.jpg

f0350083_14253834.jpg


見れば見るほど・・・どう見ても猿だ。
f0350083_1427509.jpg

自然の造形、侮れない。すごいな、この猿クオリティ。地元民も絶賛の「リアル猿」に感動した。

角度を変えると、何だか分からない。猿のサの字もない。先ほどの展望所からが、最も猿らしく見えた。
f0350083_14314816.jpg

f0350083_14321254.jpg




ドラッグストアと、ホームセンターが合わさったようなお店、ダイレックスで買出し。島だから品揃えが悪いのは仕方ない。生鮮食品は売っていない。あっても豆腐と卵と牛乳程度。
f0350083_14335780.jpg



観光協会の人と、スタンドの兄ちゃんが「ここならキャンプできると思う」と教えてくれた筒城浜(つつきはま)へ。地図で場所を確認して、その公園に行ってみた。

なんかある。誰かいる。
f0350083_14361997.jpg

遠めにはよく分からなかったが、近づくと自衛隊がキャンプしていると分かった。
f0350083_14372813.jpg

しかも芝生内立ち入り禁止と貼られている。しかも屋根がある場所も陣取られていて、容易に近づけないオーラが・・・。
f0350083_14391044.jpg


炊事棟なら・・・・!と思ったが、洗濯機が鎮座していた。すげー!洗濯機持参するのか!(笑)
f0350083_14401157.jpg

洗濯に来た隊員に、「離れたところにテント張ってもいいか」と尋ねたら「大丈夫だと思う」との返答。「―と思う」とやや曖昧さを感じるが、その人の一存で私のキャンプ地は決定した。


日没後の管理棟前でテント泊。温泉のおばちゃん、野宿できるところ見つかったよ!
f0350083_1446348.jpg

この場所、テントの隣に自販機がある。入れ替わり立ち代りで、隊員たちがちょいちょい飲み物(特に甘いジュース)を買いに来る。足音が気になった。こんなところに張る私が悪いが、夜中も来るからさすがに参った。

洗濯機が鎮座する炊事棟で、軽く調理。風が強くて火が消えそうだった。
f0350083_14473959.jpg

久々に茹でたわ(笑)
f0350083_1448088.jpg


最初はアウェー感ハンパなかったが、とりあえず「こんばんは」と挨拶をしまくって、『一般人がいますよアピール』しておいた。意外と気さくに話しかけてきてくれて、過ごしやすかった。

洗濯をしに来た隊員に聞いたら、福岡県の部隊だそうだ。何の訓練してるのか気になって尋ねたら、ミサイルが飛んできた場合に迎撃するための訓練をしているそうだ。すぐそこ韓国だし、日本の端っこならではの脅威があるのか。私は今日もなんて平和なんだ。

あとは自衛隊もテントで生活しているが、いいシュラフ使ってるから寒くないらしい。私のと交換してほしい(笑)ミリオタじゃないから、自衛隊の装備には詳しくないが、どんなシュラフなのか気になるところだ。


疲れたので早めに就寝。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2015-02-18 06:00 | 九州編 | Comments(12)
Commented by ライツボ at 2015-02-18 10:31 x
おはようございます。
でたっ!旅人の定番夕食パスタ!
私も良く食べてましたね。ひとつの鍋で、麺茹でてレトルトソースで完結ってのが最高。

ていうか、この後、

(自衛隊の方に交渉して、洗濯機を使わせてもらうことになった!)

な展開を期待してます。

でわでは、これからも良い旅を・・・

Commented by 風ささき at 2015-02-18 21:48 x
おぉ、ここも未島の地、自分はお金がかかるのとその時の季節もあり縁がなかったようです。
サルは、まさに日本人の心模様なのか?
見る聞く話す、その3種を封じられたなら。
考えるないで心で感じろってことに。
旅に出るとそんな感度も120%超えか。
実体験は一番の社会勉強だよね。

明日もいい旅。
Commented by taro9933 at 2015-02-18 22:33
初めまして。ずっと読まさせていただいています。コメントも有名ブロガーが登場して楽しいです。何がすごいかといえば日本一周でこれだけ離島に行かれるのも珍しいです。これからも楽しみにしていますね。
Commented by dokofuku at 2015-02-19 10:55
東北大震災の時に、もっとも頼りになった自衛隊さん。
寝起きは、郊外のグランドでテントでした。一人用の
三角テントが、ズラーっと並んでいて壮観でした。
なんでも自己完結の自衛隊。考えてみればそうだけど
洗濯機持参には、やはり、びっくり。
イルカ飼育青年といい、洗濯自衛隊員といい、
コミュニケーションで旅を深めていますね。
Commented by 腹筋オジサン at 2015-02-19 11:06 x
周りの緑軍団は基本的に「私物」使ってるよ
「官給品」は役に立たないらしい
だから緑軍団の部隊売店はワクワクするような物がたくさんあるよ
究極のキャンパーだから彼らのチョイスするアイテムは間違いなぁい
Commented by ひで吉ライダー at 2015-02-19 11:53 x
こんにちは
日本一周ご苦労様!。
まつもとですか?、かるいざわからコメしてます。
一年前に60近くでリストラされ、バイクを買って
昨年は2度北海道に行きました。
ブログを見させて頂きましたが、同じ所に行ったり
泊ったりで懐かしく思いました。
事故と病気に気を付けて楽しい旅を満喫して下さい。
応援してます!!。

Commented by chidorigo at 2015-02-20 11:57
>ライツボ氏
パスタがいいんですよね~。レトルト美味しいし、楽ですし。カレーはご飯を炊く手間があるので、同じレトルトでも気合いの入れ方から変わります(笑)
図々しく洗濯機交渉してみようかとも思いましたが、干す場所がないため断念しました><;
Commented by chidorigo at 2015-02-20 12:01
>ささき氏
見ざる聞かざる言わざるは、そういうことだったんですか。感じろ!ってことなんですね(ぇ
壱岐にこんなに猿の石像があるのに、一度も本物とは巡り会えませんでした。
Commented by chidorigo at 2015-02-20 12:11
>taro氏
コメント&応援ありがとうございます^^
予算と時間の都合で全ての離島には行けないですが、できるだけ行ってみたいと思っています。今後隠岐島も行く予定です。
Commented by chidorigo at 2015-02-20 12:27
>風氏
旅先での風景や食べ物だけでなく、最近はその土地にに住んでいる人の人生を訊ねてみるのも面白く感じています。
Commented by chidorigo at 2015-02-20 12:31
>腹筋氏
私物なんですか!具体的に何使ってるのか、突っ込んで聞けばよかったです。今度基地見学する機会があったら、売店内でキャンプに使えるものを物色してみたいです(笑)
Commented by chidorigo at 2015-02-20 12:52
>ひで吉氏
コメントありがとうございます!同じ信州ライダーですね。昨年は2度、今年3度の北海道でしょうか?雪解けが待ち遠しいですね。
ゆるーく、ぬるーく読んでいただけると嬉しいです(・ω・)ノ
<< 福岡こわい(´・ω・`)と思っ... 日本一の大銀杏(旅130日目) >>