パール色の島原湾(旅133日目)

11月15日 曇/晴 筑後―上天草

道の駅の産直は9時からだと聞いていたのに、早朝6時半からスタッフが来ていた。テントの外から「そこどいてくれ」と言われた。開業準備の邪魔になってはいけないので、渋々起きて撤収した。

この時期、日の出前は何と言っても寒い。考えてみればもう11月中旬なのだ。九州は南にあるから、冬でも暖かいと考えていた頃が懐かしいくらいだ。決してそんなことはないと、身に染みて分かった。

f0350083_1774718.jpg

昨日、ここの道の駅で早生(わせ)みかん26個入り200円を購入。激安だ。こんな安いみかんを見たことがない。感激した。地元長野では、みかんは箱で買うものだ。物にもよるが2~5kgで千~二千円くらい。物流にコストをかけない地産地消ってすばらしい。

どいてくれ、といったオッサンに「悪いね」と謝られる。外よりも倉庫の方が多少暖かいだろうから、と開けてくれた。椅子も借りて屋内へありがたく避難。
f0350083_178510.jpg


着膨れショット。寒いから仕方ない。
f0350083_17103100.jpg


日が昇ってから出発。この辺のパワースポット、恋木神社(こいのきじんじゃ)に参拝してみることにした。
f0350083_17115175.jpg

f0350083_17133863.jpg
f0350083_1714552.jpg

ほう。ごもっともなことが書いてある。
f0350083_17141870.jpg

おみくじ引いた。
f0350083_17143058.jpg

大吉だった!内容が衝撃的で笑った。

『二人はお似合いだから、手を取り合っていきましょう。』 誰 と だ よ
『交通事故に注意しましょう』 そ の と お り

南下する。雲がなく、快晴だ。気持ちがいい。あの山の塊は阿蘇かな。
f0350083_17205922.jpg

f0350083_17222270.jpg


天草諸島に入り、西へ走る。天草は半島かと思っていた。実は違って、橋で上島と下島がつながっていた。つまり、島だったのだ。

道の駅宇土マリーナでランチ。
f0350083_17225564.jpg

かき揚げ丼890円。というか、かき揚げが油っこくて苦手なのに、私はなぜ注文したんだろう。魔が差した、とはこのことか。美味しくなかった。そしてもたれそうだった。二度と注文するまい。
f0350083_17232285.jpg

食事をしているのかと思ったら、スマホいじってる逆光の二人組。二人でうなだれているから、反省会でもしているのかと思った。
f0350083_17263375.jpg


それにしても天気がいいなぁ。対岸、島原半島の雲仙普賢岳御一行様もよく見えた。
f0350083_17274837.jpg


途中の天草四郎メモリアルホールに寄った。入館料600円。
f0350083_1735217.jpg

f0350083_17354043.jpg
f0350083_17363382.jpg

内部は撮影禁止だった。歴史の授業の重要ワードとして「島原・天草の乱」を習った。具体的にどんな戦だったのか、どうして勃発したかが分かりやすく展示・紹介されていて、とても勉強になった。簡潔にいうと、『日本で初めて、自由と平等』と求めて戦ったのが、ここ島原・天草地方の人々だった。歴史新聞が1枚書けそうだ。小学生でもよく分かるんじゃないかと思うほど、優秀な記念館だった。


静かな島原湾に沈む、夕焼けショーを観覧。
f0350083_17431850.jpg

f0350083_17523446.jpg
f0350083_17561132.jpg

f0350083_17552577.jpg

隣の大学生集団が、きゃっきゃウフフとワンピースごっこをしていた。
若いなー うざいなー こっち見んな

真珠色の湾が美しかった。小学生の頃、こんな色したおもちゃのネックレスを持っていた気がする。自然界に存在する色だったのか。贅沢な夕焼け鑑賞会だった。大満足。
f0350083_1759744.jpg


夕焼けを堪能し、近くの温泉に入る。上天草市の運動公園へ、翌日行われるイベント集合場所の下見に行った。テントを張れそうな場所に目星を付け、買出しに出かけた。

買出しから戻り、トイレ横の屋根の下にテントを張っていたら、自転車に乗ったオッサンが「こんばんは!」と爽やかに挨拶をしてきた。運動公園の体育館のスタッフで、「ここはテント張っちゃだめなんだよ~」と言われてしまった。一晩だけ!><と頼んで許可を得た。
f0350083_180143.jpg

自販機の温かいお茶をおごってくれた。「風引かないようにね」だって。ありがたくいただいた。






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-02-22 06:00 | 九州編 | Comments(2)
Commented by 風ささき at 2015-02-22 18:22 x
夕陽に白いカブ、いいね。
お似合いの二人は、夕陽とかぶではなく。
白いカブとそれに乗って日本一周してる彼女に違いない。
朝日に夕陽も見れるのは、お外で遊んで(旅)しているからだね。

明日もいい旅を。
Commented by chidorigo at 2015-03-10 13:53
>ささき氏
お似合いの二人は、人×人って発想しかなかったです。言われてみれば、ちどり号のことかもしれませんね!美しい夕日でした。
<< 山ガールサミットin上天草 福岡こわい(´・ω・`)と思っ... >>