カルデラ見下ろす阿蘇・高岳登山

11月24日(旅141日目) 晴/曇

シェルパの山行ツアーで、ちょうど阿蘇登山へ行くとのこと。便乗させてもらった。現地集合のため、朝7時に出発。日の出がちょうど7時で、阿蘇に向かうにつれて明るくなってきた。
f0350083_17425192.jpg

R57途中で朝昼食を買って、道の駅阿蘇で8時半に待ち合わせ。トイレで着替えを済ませた。この日はカブは、道の駅でお留守番。シェルパ所有のマイクロバス、通称『連山バス』に乗って登山口を目指した。

仙酔峡登山口からの高岳(阿蘇山最高峰1592m)往復コース。
f0350083_17443172.jpg


参加者は15名+旅人1名。シェルパスタッフで、運転手兼ガイドのイサオさんは、明るくてムードメーカーだ。何か喋る度に笑いが起きて場が和んでいた。

シェルパでは登山教室を開催している。今回の阿蘇メンバーは、登山教室初級を受講している方だ。年齢は20~60代といったところか。20代は極少数で、圧倒的にオバチャンが多かった。月1~2回の座学をしてきて、初回の登山だそうだ。

駐車場で皆で体操をして、準備をし、靴をしっかり履く。参加者の一人が私に言った。「その結び方、私も授業で習いましたよ」嬉しそうな笑みを浮かべていた。講座では靴の結び方から習うのか。登山教室では本当に0から教えてくれるらしい。

f0350083_17445122.jpg


イサオさんが先頭、私は最後尾でケツ持ちをした。今日は日帰り阿蘇。特に急がないし最後尾からゆっくり上っていこうと考えていた。

f0350083_1745879.jpg


登頂開始から1時間、早くも2人の脱落者を出した。
一人はおっさんで、尋常じゃない汗をかいていて呼吸促拍。明らかに異常だった。
もう一人はおばさんで、朝食を嘔吐した。「牛乳を飲むと、昔からムカムカしてダメなの」だったらなぜ、今日に限って牛乳を飲んだんだ・・・。謎だった。二人は歩行可能だったためリタイアし、自力で下山していった。

駐車場があんなに下だ。
f0350083_17463644.jpg

天気がいいので、九重連山も見える。
f0350083_17485373.jpg


火口からの噴煙が多かった。
f0350083_17544398.jpg


プチ鎖場。
f0350083_17531257.jpg


高所感が良い。世界でも珍しいカルデラ地形の中心部から、底部分を眺める。火山の中に、良く町や畑を作ったと思う。関心する。
f0350083_17552496.jpg


稜線の分岐。
f0350083_18203042.jpg

f0350083_18204124.jpg

山頂はもうすぐ。
f0350083_1820597.jpg


到着!足が長く見える!(笑)
f0350083_1825079.jpg


遠くに祖母山が見えた。
f0350083_18405474.jpg


お昼ごはん。
f0350083_18444263.jpg



もう一人、体力のなさからじーさんが、途中リタイアした。と思ったら、我々が頂上で休憩を終える頃に、ゆっくりと上ってきた。私は下りも最後尾を歩くから、そのじーさんに昼食を食べるよう促した。「大丈夫、下ってから食べるよ」とのこと。そういう問題ではなく、ハンガーノックになったら困るから。座学で教わっていないはずがないと思うんだが・・・。


下山ぞろぞろ。
f0350083_18553692.jpg


下山。先にリタイアした二人もちゃんといた。
f0350083_195652.jpg



道の駅阿蘇の隣にある温泉でさっぱり。

ツアーの皆さんと解散した。


道の駅に戻ると、旅仕様の原付が1台停まっていた。
f0350083_1911398.jpg

花巻ナンバーのお兄さんで、黒縁メガネが印象的だった。名前を聞き忘れてしまったのが心残りだ。彼も日本一周している最中で、阿蘇ライダーハウスに宿泊していたとのこと。この日の宿泊予定地がまさにそこだったため、どんな感じか聞いてみた。「俺には合わない宿だったから、これから南阿蘇にあるライハに移動するところ」だという。

合わないとはどういうことか聞くが、「行けばわかる。好き嫌いに分かれると思う」と言われた。旅人がライハから逃げるだなんて聞いたことがない。甦るみどり湯の思い出・・・。まさかあんなところなのか?私も逃げたくなるかもしれないなぁ、なんて考えがよぎる。何しろ宿泊費が千円と、みどり湯並みに安いのだ。だからそれでも構わないと思い、阿蘇ライハを目指した。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-04-06 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(6)
Commented by けー at 2015-04-06 21:18 x
ふむふむ。山専用の靴は知っていましたが、縛り方も普通の縛り方じゃだめなんですね~これじゃいつになっても山登りは始められそうにないですね(^_-)-☆(笑)山からの景色は素晴らしいと思うのですが・・・
Commented by chidorigo at 2015-04-07 12:20
>けー氏
縛り方というか、靴の履き方と紐の締め方です。余った紐の結び方は人それぞれで、たまたまその人と結び方が同じだったという話でした^^; 靴の履き方、教えますよ~!けー氏も山、行きませんか!(笑)
Commented by dokofuku at 2015-04-08 01:13
ほどけないヒモの結び方を習って実践したら、
靴を脱ぐとき、ほどけなくて困った。
別のほどけない結び方も習ったけど
覚えてないので、また、脱ぐとき苦労する
結び方をするしかないなあ。
火打山登りてー!夏よ、来い。
Commented by ライツボ at 2015-04-11 17:04 x
こんばんわ。
あ、私も登りましたよ!
といっても、登山口までチャリで行って、そこからロープウェイですが(笑)
生まれて初めて火口というものを見たので感動しました。
にしても、阿蘇ライハ、気になりますね。
私が行ったのは数年前で、前オーナーであり創業者の(じゃけん)さんに会いに行きました。

(ライダーハウスの未来について、じゃけんさんと熱く語るでっ!)

と思い2連泊したら・・・

じゃけんさん、一年の内その2日間だけ留守だったっていう衝撃!というか笑撃の展開でした。

でわでは、これからも良い旅を!



Commented by chidorigo at 2015-05-07 15:26
>風氏
ほどけない結び方、ほどけなさすぎです(笑)私はそんなに脱げなくて苦労したことないですが^^;
Commented by chidorigo at 2015-05-07 15:28
>ライツボ氏
私は火口は立ち入り規制で見れなかったんですよ。羨ましいです。
阿蘇ライハの前オーナーと今オーナーはガラッと変わってしまったらしいですね。
<< 阿蘇ライダーハウス滞在(旅14... 山のお店でバイト(旅138-1... >>