久住山登山

11月27日(旅145日目) 晴
赤登山口~久住山~中岳~稲星山~赤川登山口


ライハで昆布おにぎりを3個作って、8時に出発。朝練日和なのだろうが、皆さんまだ寝ていた。

大観峰から、九重連山を望む。快晴だった。登山日和。
f0350083_1142177.jpg


祖母山方面までよく見通せる。
f0350083_11434017.jpg


そして、阿蘇方面はというと・・・
f0350083_11451198.jpg

派手にやってますねー。
f0350083_11452357.jpg
f0350083_11454782.jpg

f0350083_11463288.jpg

阿蘇はカルデラの町。阿蘇の山では、鍋が煮えてて煙を上げていた。さながら、火の国の神々が鍋パーティーをやっているようだった。神々のパーティーに人間は迷惑しているのだ。風で遠くまで噴煙が流れていた。あの噴煙の下は、灰色の世界になっているに違いない。

九重方面には、今日は噴煙が流れてこないだろう。

登山口で準備して、9:30出発。
f0350083_11542263.jpg

「飲めません」じゃないのか。
f0350083_11544542.jpg


f0350083_11552488.jpg

粘土質の泥の上に、落ち葉が積もっていた。朝露でしっとりしていながらも、サクサクと響く足音が心地よかった。紅葉の時期は終わり、木々の葉は全て落ちていた。
f0350083_11561219.jpg

硫黄臭の強い小川を渡る。冬支度が済んだ山に、大きな湯の花が咲いていた。
f0350083_11592554.jpg


歩き始めて1時間弱で視界が開けた。
f0350083_121395.jpg

あの上まで。
f0350083_1213734.jpg

2時間10分で久住山山頂到着。
f0350083_1262568.jpg


阿蘇山もくもく。
f0350083_1281097.jpg


くじゅう側。くじゅうは、連山のときは九重。くじゅう山を指すときは久住と、ややこしいいが使い分けるらしい。
f0350083_1282969.jpg
f0350083_1283952.jpg

f0350083_12123840.jpg


昼食におにぎり食べる。ザック内で形が変わってしまった・・・。
f0350083_1210145.jpg

最近はストーブとコッヘルを持っていくのが重くて面倒なので、水筒にお湯を持っていっている。時間短縮だし、こっちの方が重くない。
f0350083_1211483.jpg


それからプチ縦走へ。百名山は久住山だが、九州本土最高峰は久住山ではなく、九重の中岳になる。
f0350083_12153038.jpg


f0350083_12185657.jpg


北海道最高峰旭岳と、九州本土最高峰中岳制覇した!これで南北最高峰は完了。
f0350083_12203713.jpg


中岳で休憩してたら、地元のおっちゃんに飴ちゃんもらった。
f0350083_122222100.jpg


先ほど通過してきた池は御池といい、昔はこの御池周辺にお寺があった。山岳信仰が盛んだったそうだ。それ故、池に願い事をすると叶うとか。飴のおっちゃんが教えてくれた。
f0350083_12244457.jpg


小さい山がいくつも点在していから、ピークがいくつもある。迂回も可能だが、せっかくなので稲星山を越えていく。
f0350083_12271158.jpg

着いた。が、ガスって何も見えない(笑)
f0350083_12304081.jpg


下山しよう。
f0350083_12315462.jpg


ここは水場だったようだ。晩秋には枯渇していた。
f0350083_12323122.jpg


行きとは違うルートで・・・。
f0350083_12331469.jpg

ツルツルの粘土層で、ずっこけた。ドロドロ・・・orz
f0350083_12333041.jpg

そして左膝やられた。それから滑る度に、膝がピキッと鳴き、叫びそうだった。より小股で歩数を増やし、膝が体幹より後ろにいかないよう工夫して歩くと、多少痛みを感じなくなった。

f0350083_12352887.jpg

f0350083_12393161.jpg


落ち葉の串刺しいかがですかー。地味に重量が増える。
f0350083_124044.jpg

f0350083_12404394.jpg

15:50無事に下山。

f0350083_12452589.jpg

阿蘇方面は霞んでいた。
f0350083_12494352.jpg



くじゅうYHに宿泊。シェルパのイサオさんのご両親がオーナーをしていた。一泊素泊まり2千円。私の中では高めだが、冬間近に迫る九重の麓でキャンプする勇気はない。
f0350083_12503380.jpg

f0350083_12564311.jpg


いろいろ洗って干した。
f0350083_12514155.jpg

f0350083_1253746.jpg


米炊いて、カレー自炊するといったら、「あるよ」とまかないカレーをご馳走になった!シェルパの力か・・・?!(笑)
f0350083_12535214.jpg


夜は湯たんぽを入れてくれ、ぐっすり眠れた。


なんか変な地図になってしまった(´=ω=`)




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-04 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(6)
Commented by 何処吹く風 at 2015-05-04 14:34 x
久住が火山という認識がありませんでした。
久住も九重も「くじゅう」だけど麓の
九重町は「ここのえまち」と確かに
ややこしい。
《平成の大合併で消滅してないだろうな→九重町》
おいらも四国から帰って、そろそろ、一週間が
過ぎようとしてるのに、四国巡りぶんのブログ更新が
6/7 残ってる。 ハハハ…
Commented by HAMA at 2015-05-05 06:59 x
ブログ辿りつきました。さんさん富江で4/27の朝話した者です。記憶にありますか⁉️(*^_^*)
今も何処かを旅しておられるのでしょうね〜〜。気をつけて。
ブログ中々更新されないみたいですが、また覗きますネェ‼️
Commented by 風ささき at 2015-05-05 09:47 x
失われた時を求めて、戻れない過去がありそれを想う今がありまだ見ぬ未来と夢がある。
明日もいい旅を。
Commented by chidorigo at 2015-05-07 15:41
>風氏
そうそう。ここのえまち、ありました。ほんとややこしいですよ。何がどう違うの、ちゃんと把握出来てないと使い分けられません(笑)
Commented by chidorigo at 2015-05-07 15:46
>HAMA氏
こんにちは!コメントありがとうございます。福岡まで来てます。これから山陰方面を目指す予定です。気まぐれ更新で当分追いつかなさそうですが、また見に来てもらえるとうれしいです^^
Commented by chidorigo at 2015-05-07 15:47
>ささき氏
いつも応援ありがとうございます(´▽`)ノ
<< 畳部屋泊(旅146日目) 近況報告こんばんは >>