幸福行きの切符を手に入れろ!(旅147日目)

11月29日曇/晴 田浦―樋脇(鹿児島県)

一ヶ月、道の駅に半ば住んでいるじーさんは、ムラカミ氏といった。稚内から旅をしているそうだ。ムラカミ氏より、「種子島からはやぶさ2が打ち上げられるのが延期になった」との情報を得た。

こりゃ、見に行くしかないっしょ(・∀・)!!

と意気投合。近くの食事処で、朝食に海老天肉うどんをご馳走してもらい、70代じーさんと、20代女が二人で作戦会議。
f0350083_1623977.jpg


ネットで天気を調べる。
「30日雨、1日雲、2日雲、3日晴雲、4日晴雲」

国家予算と宇宙工学の結晶を詰め込み、日本の威信をかけて打ち上げるロケットだ。少しでも天気が悪いと打ち上げが延期になるらしい。打ち上げ失敗のリスクは、可能な限り排除するのだろう。

天気予報を見る限りだと、打ち上げ見込みは3日頃だろうか。ならば種子島へは12月2日に渡ろう!と決めてからフェリー会社に連絡したら、車は1日しか空きがないと。バイクは予約できないから先着順になる。とりあえずムラカミ氏は車の予約を入れた。現時点では1日に渡ることになった。ワクワクしながら、今夜は樋脇の道の駅で落ち合うことにし、解散した。


人吉に行ってみた。SLが走るので有名な場所だ。人吉駅の近くに神社があったので寄ってみた。青井阿蘇神社。国宝の神社だった。
f0350083_16343593.jpg

f0350083_16345268.jpg

1円玉に描かれている『招霊木(おがたまのき)』が、天に向かって真っ直ぐに生えていた。
f0350083_16351279.jpg


f0350083_16372064.jpg
f0350083_16373744.jpg


おみくじ引いてみた。「末吉。人を助けよ」だって。
f0350083_1638418.jpg



オシャレなカフェに入りたくなって、ぐーぐる先生に聞いたら倉kura cafeがよさげだったので行ってみた。
f0350083_16405985.jpg

立地はよく、丘の上にあった。木々の間から市街地が見下ろせた。
f0350083_16411041.jpg

店内が満席だったため、テラス席へ。とても雰囲気よい。良すぎて、カフェを通り越している。ここはレストランだ。ひとりポツンと外の席に座って、若干居心地が悪かった。
f0350083_1642141.jpg


メニューを見てびっくらこいた。2~3千円だ。安いものが・・・ない!! 高すぎる。あー、店選び失敗したな。2千円のランチなんか食べたことないわ(笑)でもせっかく来たんだし、たまには贅沢しようじゃないか。これは賭けだ。2千円・・・一日の予算の2/3をランチに賭けるんだから、相当美味しいものが出てくるんだろうな。まずかったら許さんぞ。旅人は吹っ切れた。

前菜。シャキシャキサラダ美味しい。テラス席は寒かった。店内席が空いたので移動。
f0350083_1643855.jpg

和牛ステーキを注文。フォークとナイフで上品ぶって食べるのだが、箸でもりもり食べたいと思った。性には合わないが、肉は柔らかくてとても美味しい。そう・・・・美味しかった。
f0350083_1643593.jpg

デザートのシフォンケーキなんかふわふわで、しっとりしてて、絶品だった。
f0350083_16441347.jpg

カフェという名のレストランでのお高いランチだったが、満足度が高かった。『カフェ』には高級な部類もあると学んだ。今後は注意しよう。


幸福駅を目指して走った。この盆地感、地元みたいだ。稲刈りは終わり、秋晴れの一日だった。
f0350083_16553056.jpg


北は帯広の幸福駅、南は熊本のおかどめ幸福駅。
f0350083_16565498.jpg

f0350083_16574865.jpg

f0350083_1658317.jpg

「鈴を鳴らせば幸福が鈴なり」心行くまで鳴らした。
f0350083_16584219.jpg


幸福行きの切符がどうしても欲しくて、ここの駅まで来たが、無人駅。隣の売店では、777、888、999の既に刻印済み切符しか売っていなかった。日付入れは、最寄の有人駅、あさぎりまで行かないとできないと言われた。言われるがまま、行ってみた。

f0350083_1723121.jpg

ここで無事、切符を手に入れることができた。(肝心の写真撮り忘れ)

日没間際の曽木の滝へ寄り道。東洋のナイアガラだ。ここは日本一周の旅人、岡山で会ったコータ君オススメの場所。
f0350083_17122734.jpg

f0350083_17151010.jpg
f0350083_17162220.jpg

落差は大きくないものの、幅の広い滝で迫力があった。水量が想像していたよりも少なく感じられた。発電所の遺構があると聞いて楽しみにしていたのだが、そっち方面へは橋が工事中で歩いて行かなければならず断念した。

それでも多少の遺跡感が味わえたのはよかった。
f0350083_17184373.jpg

f0350083_17185947.jpg

このトンネルはかつての導水路で、水の通り道だった。ここから発電所に送っていた。
f0350083_17201627.jpg

f0350083_17235077.jpg

f0350083_17204135.jpg



日没後に道の駅樋脇に着き、ムラカミ氏と再会。同じく樋脇に宿泊、キャンピングカーのフジサキ夫妻から炊き込みご飯の差し入れをいただいた。
f0350083_17245125.jpg


軒下にテント張って就寝。
f0350083_17271654.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2015-05-12 06:00 | 九州編 | Comments(2)
Commented by HAMA at 2015-05-12 21:03 x
こんばんは。拝見するともうすぐ我が実家の近く。。。
だいぶ前のこととは言え、何処をどのように鹿児島を抜けられたのか、興味深々です。
Commented by 風ささき at 2015-05-13 12:48 x
知らないところもあるんだね、当時は情報もなく平均で100kmくらいしか移動しなかったけど、急ぎ旅だったのかも。
資金が減り朝抜き昼も商店であんぱんと牛乳とかが多かった九州かな。
明日もいい旅を。
<< 頼む!出てくれフェリー(旅14... 畳部屋泊(旅146日目) >>