荒天の海、洗面器の鈍光(旅152日目)

12月4日 雨/曇 種子島―屋久島

朝から雨。風も強かった。だが、トイレ内はとても快適。なんせ雨は吹き込まないし、風で飛ばされることもない。誰かが来て、トイレ前のカブを見るなり「松本か・・・」と呟いて去っていった。


f0350083_16311036.jpg


f0350083_13112095.jpg

朝兼昼飯を食べる。万が一海が穏やかじゃなかった場合に備えて、胃の中は乗船までに空にしておく必要があった。ゆーっくり撤収して、14:45発のフェリーに間に合うように出発。

f0350083_13254582.jpg


フェリーが出向している港は二箇所ある。西之表港と島間(しまま)港だ。私は種子島の後は屋久島に渡ることにした。屋久島の町営フェリーが出る島間港へ。フェリー乗り場がどこか分からなくてうろうろしたが、フェリー太陽が入港してきてやっと場所が分かった。
f0350083_13145436.jpg


f0350083_13142653.jpg


発券所で「今日は時化てて原付は乗れないかもしれません」と言われて焦る。受付の人は無線でフェリーのスタッフに連絡を取り、OKが出た。フェリーの相場が分からないので、2100円は安く感じた。

f0350083_13151969.jpg

f0350083_13153871.jpg


打ち上げ翌日で、西之表港から出るフェリーはいびすかすも、共同なんちゃらというフェリーも満車。種子島から出たい人たちで溢れる港。打ち上げを見に来る人が、島にお金を落としていくんだなー。ちなみに高速艇トッピーがあるが、トッピーはトビウオのことらしい。

フェリー内部に大型のエレベーターがついてた。車はバックで乗船しエレベーターに乗って降りる。船底の駐車スペースに並べていく方法だった。海なし県民、こんなフェリーを見るのは初めてだった。
f0350083_13174839.jpg

f0350083_13193195.jpg


昨日の打ち上げの打ち上げにいたメンバーの一人、カワベ氏もこの船に乗った。彼は屋久島ガイドをしている。


船員から「今日は波が高いので、濡らしちゃいけない荷物は中に持っていってください」と注意があった。カブは屋根のないところに固定されたから、間違いなく濡れる。濡らしちゃいけないって、雨だからか?そのときの私はそう考えていた。


船内は二等の雑魚寝部屋で、窓側のコンセントがある場所を陣取った。制服姿で、ちょっと偉そうな帽子を被った人が部屋に来た。船長だろうか。「皆さん、絨毯を汚さないでくださいね」とニヤニヤしながら一言言って、去っていった。昭和感漂うレトロな銀色の洗面器が、入口付近の棚の上に積み上げられていた。なるほど、これを使えということか。

f0350083_1320046.jpg


フェリーは間もなく出港した。はいびすかすと比べると、小さな船だ。堤防より沖に出ると、直後に大揺れが始まった。高い波に乗り上げては、急下降を繰り返す。飛行機で例えるなら、気流の安定しない日にエアポケットに入っては落ちる感覚。ジェットコースターなら、上昇と下降の連続。胃の辺りがヒュッと裏返る、あのマイナスG。それを感じた客から、悲鳴か笑い声かのどちらかが聞こえた。

私は最初は笑っていた。余裕だった。ジェットコースター好きにはたまらない。

窓には砕けた波が大量にかかる。スプラッシュマウンテンの最前列なんてもんじゃない。湯船の水を一度にぶちまけた以上の水量で、外が見えなくなる。窓のパッキンが甘くて、しばしば海水が入ってきて船室の荷物にかかった。
f0350083_13284418.jpg


この波だから「濡らしちゃいけない荷物は中へ」だったのか。まあ、船内でも一部箇所では濡れているが。チドリ号さびさびになりそうだ。

余裕もつかの間。延々と続くマイナスGと戦ううちに、気分が悪くなってきた。積んであった洗面器は、気づいたら随分と減っていた。周囲からは嘔吐していると思われる音、声が聞こえてきた。その音を聞いて余計に気分が悪くなった。見ない、聞かないように心がける。胃の中を空っぽにしておいて良かったと思った。

進行方向に頭を向け、仰向けになった。落ちるときに息を吐き、高波に乗るときに息を吸う。このサイクルだとマイナスGが幾らか緩和されることに気づいた。呼吸を整えた結果、屋久島につく間に少しだけ寝ることができた。

港に着くアナウンスで起こされた。堤防内に入って、少しは波が治まる。起き上がると、胃が踊っていた。洗面器を取りに行く気力もなく、しばらく立ち上がるのが困難だった。私を見かねた隣のおばちゃんが、酔い止めをくれた。今更飲んでも・・・と思って飲んだが、変わらなかった。おばちゃんは余裕だったみたいだ。

f0350083_13222297.jpg


こんなに酔ったのは初めてだった。グロッキーなのは、カワベ氏も同様だった。もう荒れてる日には乗りたくない。最終的に、銀色の洗面器は2つになっていた。
f0350083_13274284.jpg


屋久島のライハ、とまり木に宿泊。2千円/日。水道とホースを借りて、チドリ号にかかった潮水をとりあえず流した。

f0350083_13291938.jpg

f0350083_13293671.jpg


踊ってた胃も落ち着き、多少の食欲は戻ってきたので夕飯。
f0350083_13312589.jpg

この日の宿泊者は4名。誰かが買ってきた屋久島の焼酎、三岳(みたけ)でプチ宴会。焼酎は苦手で飲めないんだけどね。
f0350083_1332919.jpg

これ、どんど揚というらしい。私が知ってる名称は『歌舞伎揚』だ。
f0350083_13325964.jpg


船に揺られて疲れてしまったので、早めに就寝。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2015-06-05 06:00 | 九州編
<< 虹の島屋久島(旅153日目) えびの湯海岸から見送る(旅15... >>