屋久島脱出またいつか(旅154日目)

12月6日 曇/ニワカ雨 屋久島―鹿児島

朝9時半。町内放送が入った。


「役場からの お知らせです。本日のフェリー太陽は、全便欠航となります。ピーーッ」


この屋久島に、私は登山をしに来た。しかし積雪のため断念を余儀なくされた。目的を失った今、屋久島に滞在する意味はもはやないに等しい。


屋久島から脱出するためのフェリー太陽は全滅した。連泊決定かとため息をついた。そのとき、ライハオーナーのねえさんから「ヤクツーなら動いてるかもよ」との情報を得た。ヤクツーとは、屋久島2のフェリーの通称だ。ターミナルに問い合わせると、条件付運行となっている模様。ありがとう!ねえさん!

13時までに乗船手続きを完了させれば乗れそうだ。そのとき既に12時半。フェリー自体は遅延しているが、港へ着岸可能そうとの返事があった。急いで荷造りをして出発した。

フェリーは無事着岸し、乗船できた。
f0350083_1855677.jpg

f0350083_18553886.jpg

f0350083_18555612.jpg


揺れは一昨日の太陽ほど酷くなく、スマホでブログ書く余裕があった。そのうち心地よくなり、寝てたら鹿児島に着いた。

窓から開聞岳が見えた。
f0350083_18572258.jpg


鹿児島に着いたのは夕方というか、もう夜だった。屋久島は意外と遠い。
f0350083_1905524.jpg


市内から走ること30分、ライハ、マスに到着。月明かりに照らされ、対岸に浮かび上がる桜島が美しいロケーションだった。

夕飯食べて就寝。移動の一日だった。
f0350083_192015.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-06-19 06:00 | 九州編
<< 帰還命令で大ピンチ(旅155日目) 虹の島屋久島(旅153日目) >>