25時間の船旅(旅156日目)

旅はゴールしましたが、話に需要があるようなので、時々旅内容に戻ります。


12月8日 曇 鹿児島―沖縄那覇

夜中、部屋が暑すぎたらしく、朝起きたら下着一枚になっていた。無意識のうちに脱いだらしい。カーテン付の洋室でよかった。大部屋だったら通報されるww

窓のない部屋で、時間の感覚が分からなかった。朝8:30に起きて、サロンでおにぎりをかじる。全く興味のない競馬の番組を延々とやってて、発狂しそうだった。





―――――暇だった。






が、ちょうどオンナノコの日になってしまった。ロキソニン・・・と思ったが、バイクに置いてきてしまったことを思い出す。腰痛と腹痛でトイレにひきこもった。低血圧でぶっ倒れるかと思った。

落ち着いたところで、フロントの緊急電話を使って、緊急事態()を告げる。鎮痛薬の必要性を訴えたらもらえた。市販の薬だと3粒も飲まなきゃいけないのか・・・。ロキソニンだと1錠でいいのに。もらっておいて文句言わない。ありがたく飲む。

もらった鎮痛薬を飲んでから効くまでが地獄だった。部屋に戻って2時間程寝たらスッキリした。ゆっくりできる船の上で、月に一度の一番つらい日を過ごせてある意味よかった。


旅中に困るのがこれだ。大体ロキソニン飲めば緩和されるので、そのまま走り続けたり、それでも体調優れないときはマックに引きこもって過ごすこともある。

ちなみに、オンナノコの日の必需品だが、あれは値段に比例して薄く軽くなる。荷物を増やさないための工夫として、ちょっと値段は張るが小さくて性能がいいやつを私は選ぶようにしている。私の場合、1パック買えば2サイクル分以上使える。
生々しい話で失礼しました。


本部(もとぶ)港で、日本一周ライダーの青年は降りていった。
f0350083_15251153.jpg



鹿児島の高校生が同じ船に乗っていて、沖縄に修学旅行に行くようだった。JTBの人がしおりを持っていて、ひっきりなしに電話をかけていた。


19:05那覇港入港。雨だった。鹿児島の防寒対策をそのままに、裏フリースパンツ+防風パンツ+カッパの3枚着用。フェリーから降りると、予想外に暑かった。防寒対策が裏目に出て、汗かいた。まるで9月の夜みたいな暑さだった。

下船後、ゲストハウスを目指して走る。方角は合っていたが、道を間違えて走っていた。5kmくらい通り過ぎていた。

ゲストハウスBASEに到着。ここが今日の宿泊地。1000円/泊
f0350083_15275822.jpg



徒歩5分以内にスーパーがあって、値下げ品を狙って夕食。
f0350083_15225655.jpg


海ぶどうを初めて食べた。
f0350083_15231376.jpg

数の子みたいにプチプチするんだけど、海水の味がして、私は好きじゃない。もう結構かな。次は食べない。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-07-20 06:00 | 沖縄編 | Comments(2)
Commented by 風ささき at 2015-07-28 16:18 x
感じたんだね、自分昔は感じる人でした。
妖怪も見たことありまづ昼間に。
今は全く、事故の後からでした。
考えないで感じて生きていこう、明日も
いい日でありますように。
Commented by chidorigo at 2015-07-29 09:28
>ささき氏
気のせいだと思って過ごして来ましたが、気のせいではないこともあるようです^^; まだ妖怪の類いは見たことないです・・・
<< ひめゆりの塔で心霊体験(旅15... いよいよ入山 >>