休日事情

5日間の休暇をもらった。記事は小屋の話だが、私は現在地元に帰っている。

住み込みバイトは他者との共同生活だ。「自分が感じている以上にストレスが溜まっているから、小屋から離れての休暇が必要だ」と小屋の支配人は考えているらしい。

f0350083_12392974.jpg
雪渓は夏道が完全に出ている。残雪トラバース区間なし。アイゼン不要。


バイトは、短期、中期、長期に分かれている。短期は1ヶ月程。中期は2ヶ月程度。長期は6月頭の小屋明けから11月頭の小屋閉めまで。私は中期のバイトだ。旅に出ていたから、長期の採用には間に合わなかった。

私は下山できるのが今回だけだが、長期の人は1ヶ月に1度5日間の休暇がもらえる。その間、必ず下山しなければならない。標高2300m差を毎回上り下りするため、嫌でも足腰が鍛えられる(笑)実家が遠くて帰るのが面倒な人は、近所の山や北アルプスへ縦走へ出かけたりする。

勤務はシフト制で、そのほか週1日の休日がある。隣の山や小屋へ遊びに行く人、登山口のにある山荘へ趣味で手伝いに行ってまたその日のうちに帰ってくる強者、お花畑で昼寝をすればちょうちょが飛んできてキスされる人、部屋でDVD鑑賞やマンガ読んでる人など。まあみんな自由に過ごしてる。

あるとき、お客さんに「休みのときは何してるの?」と聞かれた。「散歩に行ったり、本読んだり、スマホでネットやったりですかねー」と答えてみたら「下界と変わらないじゃん!」と突っ込まれたことがある。「何して過ごしてると思ってました?」と聞き返したが、「なんだろうねぇ」と交わされ、答えは返ってこなかった。確かに下界と変わらないなぁ、と思った。

私にとって、山は職場であり、生活の場でもある。ただ、働いている・バイトしているといった感覚がなく、清掃、料理、接客全て含んで、ひとつの生活だと感じている。


【花情報】

<アカイシリンドウ> トラバース道
f0350083_12331411.jpg


<サンプクリンドウ> トラバース道
f0350083_12345766.jpg


<タカネビランジ> 八本歯
f0350083_12355626.jpg


<ホタルブクロ> 雪渓近辺で見ごろ
f0350083_1235228.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-08-20 12:00 | 山小屋2015夏 | Comments(2)
Commented by 2Q13 at 2015-08-20 13:19 x
山小屋の支配人でも、アルバイトを含むスタッフの健康に留意しているのに、ブラック企業の役員たちの精神構造がわからん。

さいちーさんは9月いっぱいまでお勤めですか。
Commented by chidorigo at 2015-08-22 19:03
>2Q13氏
朝から晩まで何時間働くのか考えるのをやめました(笑)
私はだいたいその予定ですよ~。延長したい気持ちもありますけどねー
<< 戸隠山登山 1ヶ月ぶりに体重計 >>