ザックが重くなる誘惑

11月17日晴曇/雨(8日目) 静岡―島田

久しぶりに鏡で自分の身体を見たら、あばらくっきりガリガリになってました。ただ、腕と肩周りは意味不明なくらいガッツリ筋肉がついて、そこだけ見ると強そうです。

さいちーです。こんばんは。

例えるならカンガルーみたいな身体つきになってきました(ぇ





静岡市街のネカフェからスタート。

橋を渡る。私が渡り切るまでに新幹線が3本走った。あれは私の旅の目的地、大阪まで行くんだ。時間に追われてる忙しい人のための乗り物だ。
f0350083_06423793.jpg
丸子(まりこ)宿。街道沿いの立派な松。地域住人は、この松をどう思ってるんだろう。「電線の邪魔」とか多少は思ってるんじゃないか。こうやって保存されてることが、旅人にとっては嬉しい。不便なことはあると思うが、現代でも大事にされてるんだなぁと感じる。
f0350083_06430975.jpg

f0350083_06434037.jpg
誘惑に負けて、10個入りのみかんを買ってしまった。
f0350083_06442765.jpg
ほーら、予想通り入らない。そして何より重い。一生懸命食べるが減らない。誘惑に負けた代償は大きい。
f0350083_06451258.jpg
広重の浮世絵にも登場する、こちらのとろろ屋。営業時間が11時からで入れず。
f0350083_06455283.jpg

f0350083_06460488.jpg

f0350083_06461721.jpg

f0350083_06462985.jpg

何売ってるのか気になる。
f0350083_06464470.jpg
f0350083_06465695.jpg


丁子屋で食べられなかったとろろを、道の駅宇津ノ谷峠で食べる。地元産の自然薯を使ってる。
f0350083_06595237.jpg
粘り気が強く、混ぜてたら楽しくなってきた。ねば~っとしてるところを写真に収めようと奮闘してたら、お店の人に「そんなにとろろが珍しい?」と聞かれた。いや、全然珍しくないよ。山小屋でも出してたし。味がちょっと変わってて、スースーする味。ミントかハッカでも入ってるんじゃないか疑惑(笑)もちろん入っていないと思うが、私が知ってる山芋とは違った。
f0350083_07001075.jpg

宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)は、難所のひとつだった。峠越えをするのに、今はトンネルが4本もある。越える気でいたら、なんと通行止め。
f0350083_07044343.jpg
f0350083_07050793.jpg
仕方なく国1沿いのトンネルを抜ける。車がバンバン走るトンネルなんて歩いたことない。トンネルに入った瞬間、風に背中を押され、トンネルに吸い込まれた。車の流れが風を作ってるんだと思う。
f0350083_07052138.jpg
f0350083_07053537.jpg
f0350083_07055028.jpg
岡部宿に入る。
f0350083_07093552.jpg
文化財として、大旅籠の柏屋が保存されている。立派な旅籠だった。
f0350083_07100368.jpg
f0350083_07111136.jpg
f0350083_07112208.jpg
f0350083_07113743.jpg
f0350083_07115233.jpg
f0350083_07122725.jpg
誰か、一緒にやってくれる人いませんかー
f0350083_07123826.jpg
f0350083_07131598.jpg
f0350083_07132664.jpg
f0350083_07134138.jpg
f0350083_07141844.jpg

f0350083_07145271.jpg
宿場町ストリートにある家々は、細長い形をしている。その昔、間口に税金がかけられていたから、こんな形になっている。
f0350083_07152651.jpg
ここにも残っている松並木。
f0350083_07164077.jpg


見覚えのある男性が、街道沿いでカメラを回していた。さっき柏屋でも会った方だ。 彼は某チェーンホテルの映像担当で、ロビーで流すためのその地域を紹介するPVを作っている。今回は岡部宿の撮影を行っていた。

なんやかんやあって、お昼をご馳走になった。ありがとうございました!
f0350083_17554938.jpg

本日二回目の満腹感。食べることは生きること。生きるために食べる。歩き旅は、食べた傍からエネルギーに変わるのを感じる。生きてる実感が湧く。


ひたすら歩き、集中力が切れた。時間が経つのが遅く、歩き飽きてきた。でも自分の足で歩かないと、距離進まない。精神的に歩くのが辛くなってきた。

コンビニで休憩。雨が降り始め、かっぱを着る。
f0350083_17555319.jpg


f0350083_19523381.jpg


コンビニへ納品に来たおっちゃんに、差し入れをいただいた。嬉しい。
f0350083_17555591.jpg

が、歩き旅で荷物の重量が増えるのは致命的。今日はみかんもまだあるし、困った。プラス1kgは体力的にも厳しい。

考えた末、せっかくいただいたのに大変申し訳ないが、1本は違う人にあげることにした。バイクなら問題ないのに。

f0350083_19523674.jpg

f0350083_19523924.jpg

f0350083_19524122.jpg

f0350083_19524540.jpg


蓬莱橋へ行ってからネカフェに行こうと思ったが、途中で雨が本気出してきた。蓬莱橋は明日に変更。ネカフェのチェックインには早すぎる時間で、まだナイトパックに切り替わらない時間だ。

ハンバーガーショップに2時間居座る。日記書いて時間を潰す。

そろそろ東海道前編が終わる。地図の残りがこれしかない。袋井までに、どこか書店に寄って後編を買わないと。
f0350083_17555922.jpg


スタンプ帳と化している。
f0350083_17560276.jpg


ネカフェ泊。

歩行距離29km
歩行時間7:30-17:00


※アプリエラーで歩行ルートスクリーンショットなし


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-11-18 18:00 | 東海道五十七次 | Comments(9)
Commented by デジカメ見て歩記 at 2015-11-18 18:38 x
facebookの友達が「さるぼぼ」の後姿(11月13日富山)の写真を載せていたのを見て、ネットサーフィンしていたらこのブログにたどり着きました。歩く、自転車、リヤカーを引く・・・。野宿しながら放浪の旅。いつかどれかやってみたい。
Commented at 2015-11-18 19:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まちしま at 2015-11-19 07:26 x
カンガルーの件で笑ってしまいやした(笑)
今回の旅は、冒険と言うより歴史探訪な感じで奥が深いですね。
体に気をつけて、大阪にたどり着いてください。
応援してまっす!
Commented by 1194111941 at 2015-11-19 07:27
はじめまして。

ちどり号旅から楽しく拝見させて頂いてます。

カブツーリング~山編から徒歩になるとは想像してませんでした。

お身体ご自愛ください、

※カンガルーの例えに吹き出しましたわ(笑)
Commented by 何処吹く風 at 2015-11-19 22:05 x
九州徒歩旅行のときにも、通行止めあったよー。
でも、さいちーさんと違うのは、「迂回路ありません」の
表示が… じゃあ、ここで旅を終了するか、思いっきり
行き先を変えるしかないじゃん。
仲間と相談の結果、とりあえず、通行禁止の場所まで
行ってみようということになりました。
山道を登っていくと、なるほど、崖崩れで、道が
50m以上ごっそりなくなっていました。
でも、よく見ると山際に30cmほど道の痕跡が
残っていたので、リヤカーの中のテントや食料や
食器、着替えなどを全部降ろして片輪で崖崩れの
向こう側に渡して、あとは、ひとつずつ荷物を
持って何度も往復しながら運びました。
崖崩れから、かなり日数が経っていて道が乾いて
いたので可能だったのでしょう。でも、この経験談が
さいちーさんの旅の役に立つことはないだろうなあ…
Commented by chidorigo at 2015-11-21 08:47
>デジカメ見て歩記氏
コメントありがとうございます。
さるぼぼさんは富山まで行ったんですね~。歩きも自転車もハードですが、やりがいはあると思いますよー!ぜひ!!
Commented by chidorigo at 2015-11-21 08:49
>まちしま氏
カンガルーほどなで肩じゃないです(笑)
歴史探訪………あんまり歴史に興味ないんですが、今昔の比較は好きです。ありがとうございます!
Commented by chidorigo at 2015-11-21 08:51
>1194111941氏
はじめまして。コメントありがとうございます。旅の原点は歩きかなぁ、と思って極め始めました(笑)
Commented by chidorigo at 2015-11-21 08:52
>風氏
迂回せずよくやりましたねー。運もよかったんでしょうね
<< 時は平成、橋を渡る 便利な時代と時の流れ >>