さざんかさざんか咲いた道~

11月23日 曇/小雨(14日目) 岡崎ー知立

寝不足栄養不足さいちーです。こんばんは。

ただ、運動不足とは程遠く、大腿二等筋(=ももの後ろ)がマッチョになってきました。



大体いつも、3:40頃と5:40頃にスッと目が覚める。岡崎での野宿は無事に朝を迎えることが出来た。朝起きて、ちゃんと生きてることに感謝した。お化けとか幽霊の類より、生きてる人間の方がよっぽど怖い。散歩ルートからは外れた遊具広場だったから、夜誰かの足音で目が覚めることはなかった。
f0350083_23083859.jpg

昨日は疲れてて体力的にしんどくて、シュラフカバーを出す手間さえ嫌だった。結局使わず、朝ツェルト内が結露。シュラフもしっとりしてしまった。朝の気温が低くて乾かすことは困難。今日は二十四節気「小雪」。通りで寒いわけだ。野宿も限界を感じる気温になってきた。しっとりシュラフは乾かすのは諦めて、夜ネカフェで乾かすことにした。

f0350083_23154479.jpg

めっちゃ募集してんのか。朝から笑った。人数的に足りてないのか、バイト募集を一生懸命やってるのか、どっちとも取れる。

f0350083_23163751.jpg
今日は気分が乗らない。寝不足だからかしら。朝から荷物がしっくりこないし、足がいつもより重い。


岡崎宿も順路がカクカクしてる。面倒なので真っ直ぐ進む。

f0350083_23192462.jpg


なぜ道の真ん中に鶏もも肉落ちてるのか…

f0350083_23205056.jpg


f0350083_23212154.jpg



岡崎城チラ見え。

f0350083_23213447.jpg

歩道橋の階段が嫌い。形が凝っていてすてき。

f0350083_23221546.jpg

愛知県って、なんでこんなにトヨトヨしてるんだ。トヨトヨしすぎ。愛知素人には位置関係が全然わからん。
f0350083_23225183.jpg

上棟式で餅を投げるのか?!!!こんな文化があるのか!!
f0350083_23242747.jpg


f0350083_23240692.jpg

なか卯で朝食。めちゃ納豆が食べたい気分だったので、納豆定食。これで350円。お得感ある。
ご飯が温かい!味噌汁が味噌だ!納豆がねばねばだ!(ぇ 人が作ってくれた物にぬくもりを感じる。チェーン店のマニュアル対応店員だけど、温かい。おいしい。私はそんなにも食事に追い詰められてきていたのかと感じる。
f0350083_23254598.jpg
ご飯と人のぬくもりで、多少元気になった。飢えてるなぁ、自分。まだ末期症状ではなさそうだから大丈夫。

f0350083_23265299.jpg
f0350083_23270851.jpg
f0350083_23272556.jpg

f0350083_23280237.jpg


f0350083_23282495.jpg


え、こんなところに予科練あったの!!!霞ヶ浦にあるのは知ってたが、岡崎にもあったんだ。

f0350083_23304101.jpg

街道から碑に向かって立ち止まっていると、道路の向こうから杖を突いたパジャマ姿のじーちゃんがゆっくり歩いてきた。

「私はね、昔ね、予科練にいたんだよ」

4年間軍に従事していたじーちゃんは、今年92歳。この碑のちょうど向かい側の家に住んでいるそうだ。

「最近心臓の手術してな、手術終わっても目が覚めなくて、電気ショックしたんだ。三途の川の向こうに閻魔さんがいて、『まだ行かない』といったらお釈迦様が来て私をおんぶして、真っ白な菊の花の花畑の中に下ろしたんだ。そっからどう戻ってきたのか、目が覚めたらこの世だった」

興味深い話だ。あの世があったそうだ。お元気で、と手を振って分かれた。

f0350083_23315779.jpg
f0350083_23390267.jpg
上ではなく横に伸びる松。雲竜の松と呼ばれるこの松は、支柱に支えられて天を覆うかのように幹を広げていた。すごい・・・。下から見上げると圧巻。松の鼓動が聴こえてくるようだった。
f0350083_23392492.jpg

f0350083_23411285.jpg


こちらは並木の松。この下には「倒木注意」の看板。どこまで耐えるつもりなのか。がんばれ。

この松を東海道のマイケルジャクソンと呼ぼうじゃないか。
f0350083_23422486.jpg

前方から東海道分割ツアーの御一行様がやってきた。じじばばの足取りは軽く、挨拶を返す余裕もまだまだあるようだ。ただ、ツアー先頭のやや若いガイドだけは、私を見るなり始終睨み付けていた。なんだよぉ・・・なんですか?ソロで歩く方が私は好きだから、あなたのツアーには入らないよ。・・・大丈夫。あなたのツアー客は取らないよ。一人じゃ歩けない人がツアーに入ってるんだから、ツアー抜けてソロで歩く!なんて気を起こす客はいないと思うよ。だからそんなに睨み付ける必要はないと思うのだが。
f0350083_23432736.jpg
この日はツアー3組とすれ違った。3連休の3日目。みんな歩いてるねぇ。



私のブログ読者、アサイ氏が途中で待ち伏せしていた。愛知の方で、私の大体の現在地の目星を付けて差し入れをしてくれた。重量的に軽めの飲料をチョイスしてくれたようで、心遣いを感じた。アサイ氏も分割東海道に挑戦しているそうだ。がんばってください!ありがとうございました!!

f0350083_23444799.jpg



季節的に山茶花(サザンカ)がきれいに咲いている。色褪せてきた秋の世界、冬の始まりを彩っていた。椿は首からポトっと落ちるが、山茶花は花びらが1枚ずつ散る。見分けるポイントのひとつ。江戸時代から園芸品種として交配されて、今や300種類以上あるとか。ちなみに山茶花は世界中に分布しているが、日本が北限らしい。ラジオで言っていた。

f0350083_23565599.jpg


f0350083_23592654.jpg

一里塚は、元々道の両サイドにあったもらしい。現在、両サイドに残っているものはとても貴重で、愛知県内は2箇所しかない。
f0350083_23593678.jpg
f0350083_23595089.jpg
f0350083_00014625.jpg

日本橋から84里。池鯉鮒(ちちゅう)宿。読めない。現在の表記は知立。
f0350083_00020859.jpg
f0350083_00024886.jpg

気分が乗らないからか、デジカメの本体とストラップを繋いでいた紐が切れてしまった。あーあ、私の集中力が伝染してしまったかのようだ。
f0350083_00044910.jpg

座り込むこと30分。やる気出ない。お腹空いたからお昼にする。
f0350083_00062479.jpg

古めかしい喫茶店に入る。日替わりランチ・・・写真撮れてなかった。多少元気出て、足もいくらか軽くなった。



ここがもう1箇所の、両サイド一里塚のポイント。
f0350083_00081631.jpg
f0350083_00090672.jpg


雨がパラパラ降り始めた。今日は前後駅で終了。ネカフェが全然ない地域。知立駅まで電車で戻って、更に片道1.5km歩く。

f0350083_00102758.jpg

一晩練れそうな健康ランド的なものを見つけたが、男性専用だって。
f0350083_00104367.jpg

ネカフェin。
朝乾かしきれなかったツェルトを乾かした。店内は乾燥してるから30分もしないうちに乾いた。
f0350083_00114783.jpg


歩行距離25km
歩行時間7時間40分

f0350083_00154763.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-11-26 21:00 | 東海道五十七次
<< 渡れぬ七里とひつまぶし 切り返せ。オッサンから逃げる >>