海路途切れて陸路を歩く

11月25日曇/雨(16日目) 名古屋―桑名

地面に落ちてる木の実を、鳩が食べてました。もしかしたら美味しいかもしれないと思って、木から実をひとつ取ってかじってみたら後悔しました。

さいちーです。こんばんは。

果汁の甘さをほんの一瞬だけ感じた後、すぐにドクダミ風味が押し寄せ、吐き出しました。いつかの
オリーブ事件を思い出しました。



名古屋の文化、モーニングを体験すべく名古屋駅へ。地下街が発達しすぎててわけわからん。一人ではたどり着けないと思う。でかいザック背負って名古屋の街をうろつくのは、結構恥ずかしい。私でも恥ずかしいと思うことがあるのだよ(笑)


490円でパン食べ放題。ドリンクは1杯。プラス100円で小倉トーストがつく。もちろん小倉トーストも注文。
f0350083_21214476.jpg
f0350083_21220182.jpg


秘密の県民ショーで小倉トースト紹介されてたから、かねてから食べてみたかった。あんこ甘さ控えめで、甘すぎるのが苦手な私にちょうどいい甘さだった。美味しかった。小倉トーストファンになった。

f0350083_21221642.jpg


名古屋駅の改札で友人に見送られ、熱田神宮駅までワープ。昨日の終点から歩き始める。

f0350083_21242958.jpg

f0350083_21360919.jpg

ぶっちゃけ、江戸の人たちは船でワープしたんだから、現代っ子は桑名までワープしてもいいでしょう。でも「歩き通す」ことに意味があるので、歩くことにした。国道1号線をひたすら西へ向かって歩くのみ。

f0350083_21251804.jpg


空はどんより。雲は詰まって、スタンバイ完了状態。あの雲の上には、恐らくもう一層あって、その間に雲海が広がっているはず。

f0350083_21340628.jpg


すごい地名だなぁ。一番1丁目

f0350083_21365353.jpg

いつかの国会議員、「二番じゃだめなんですか?」を思い出す。二番でもいいと思う。むしろ二番手が楽。一番は追われるプレッシャーと戦うことになる。一番は研究され真似され、いつしか頂点を奪われる。一番を維持する労力はたやすいものではない。それでも一番を維持していけるのは、一番でいる意地と誇りがあるから。いつでもどこでも盛者必衰なのは世の常で、世代交代のときは必ずくる。世代交代を察して席を譲るスマートさも、ときに必要なのかもしれない。
小論文書くには持って来いのテーマだ(笑)


なんて考えながら歩いてたら、二番2丁目発見!!

f0350083_21373738.jpg
f0350083_21433638.jpg


だんだん番号が増えていく。

f0350083_21452074.jpg


何番何丁目まであるんだ(笑)

f0350083_21455384.jpg


もういいよ。おなかいっぱいだよ・・・。○番町の増殖はここで食い止められた。

f0350083_21463901.jpg


川の下流に、遊園地らしき影が見える。長島スパーランドかな。なんだろう。リア充の巣窟、ここからエンジンブロワーで川の水ごと吹き飛ばしてやりたい。

f0350083_21514132.jpg


越えるべき難所、鈴鹿山脈が姿を現した。我らが信州の壁のごとく聳えるアルプスに比べれば、大したことない高さだが、それでも遠めで見ると山脈っぽい。
f0350083_21554968.jpg


最近麺類食べてないなー。麺食べたいと思って、一番最初に視界に飛び込んできたのがうどんだった。

f0350083_21590860.jpg
本場香川には劣るが、それなりに美味しい。店で提供していいうどんレベルに達してる。

f0350083_21592953.jpg

嬬恋みたいな名前の市だ。

f0350083_22023528.jpg


f0350083_22031871.jpg

寒くてジャケットが脱げない。飽和を迎えた空からは雨粒が落ちてきた。クリニックの軒下で雨具着用。
f0350083_22045688.jpg
デジカメは水没すると困るから、ザックにしまった。スマホでつなぐ。

f0350083_22115526.jpg
f0350083_22115644.jpg
f0350083_22115786.jpg


f0350083_22115805.jpg
橋のド真ん中で三重県を迎えた。
f0350083_22120004.jpg
f0350083_22120497.jpg


この橋は、二度と徒歩で渡りたくない。



川に呼ばれた。



旅がどうでもよく思えて、飛び込みたい衝動に駆られた。


歩みを止めると欄干に引き寄せられる気がして、必死に歩いた。




落ちたら死ぬ。私は生きたい。生きるんだ。





自分に言い聞かせて、早足で前に前に進む。





誰に呼ばれてるわけじゃなく、川に呼ばれてる。

耳を塞ぐ。なんなら目も閉じたいし、しゃがみこみたい。





気付いたら泣いてた。泣きながら歩いてた。






渡り終えた安堵感は尋常じゃなかった。




雨の日に徒歩で渡る方で、病んでるかもしれない方は、お気を付けくだされ。


・・・え?私だけ?(・ω・)


f0350083_22120584.jpg



日没。雨は本降り。寒くて疲れて、公園のベンチに座ったら動けなくなった。息は白いし、手は悴んでるし、凍えそうだった。スマホのバッテリー切れてしまった。

f0350083_22120745.jpg

真っ暗な道をネカフェまで歩いた。一山越えて町の明かりが見えたときにはほっとした。


歩行距離25.8km
歩行時間7時間16分


f0350083_22490366.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-11-30 06:00 | 東海道五十七次 | Comments(4)
Commented by ライツボ at 2015-11-30 06:51 x
おはようございます。
(あんなに可愛いマンホールなのに汚水なんだっ)
と笑いつつ読みましたが・・・
いや~大丈夫ですか?
かなり追い詰められてるような・・・
きっと明日(26日?)は良い天気ですよ!
ではでわ、きょうも良い旅を。
Commented by 風ささき at 2015-11-30 17:26 x
自然に同化し、どうかしてくる?
あらゆるものから発する気が襲いかかってくる、気がする。
雨粒に闇に強く反応してしまう。
見えないものを感じ、聞こえない声が聞こえる。
旅人の五感が研ぎ澄まされて旅の重さとなり症状が出てくる。
旅の終わりが近づき、警告として感じるのかも知れないね。
明日もいい旅を。
Commented by chidorigo at 2015-12-02 13:28
>ライツボ氏
大丈夫です。今日も元気です( ´∀`)
Commented by chidorigo at 2015-12-02 13:32
>ささき氏
確かに五感は研ぎ澄まされてきましたね。旅してる感じがして好きです
<< 百里目の一里塚 渡れぬ七里とひつまぶし >>