ネットカフェ泊の正しい過ごし方(後編)

前編でドン引きされた方、後編も常人には理解し難いワイルドかつ裏技的な内容が続きます。


画面をそっと閉じることをおすすめしますよ。


>>前編はこちらから<<


前編に比べれば、後編は割と穏やかな内容かも。いかに快適に過ごし、良眠を得るかが勝負。普段眠っている環境と違えば、初日なんかは特に眠れないのは当然。ネカフェという特殊な環境に、多少の慣れは必要だと思う。

野宿でも同じことがいえ、何泊かしてやっと慣れてきて眠れる。寝不足の日々が続くと疲れてしまうから、ネカフェに3泊目くらいで慣れてこなければ、寝る場所として合わないと思った方がいい。そもそも宿泊所じゃないしね。



店内はとても乾燥している

ネカフェ内は乾燥してるので、雨の日に濡れたものは全部乾く。朝露で濡れてしまったツェルトも、水を吸ってしまったザックの背部も、レインウェアも折り畳み傘も、洗濯物も全部乾く。
f0350083_17264781.jpg


濡れてしまった物だけならず、顔も肌も喉も乾燥でカピカピになってしまう。エアコン直下の席だった時には、ブログ更新しながら目の乾きと戦うことになってしまった。一晩洗濯物を干しておくので、ある程度の湿度は自分の回りに確保できる。それでも乾燥に弱い方は、マスクを準備するといいと思う。


隣人の音漏れ対策

隣人、ヘッドホンをつけているはずなのに音漏れしてる。自分もヘッドホン付けてYouTubeでも見てしまえばいい。寝るときにヘッドホンをしていると邪魔くさいので、私は耳栓を持っていた。これがあれば最強で、隣人の鑑賞しているのがAVだろうが、遠くのブースから大きなイビキが聞こえてこようが気にならなくなる。




床が気持ち悪い

飲み物をこぼしても拭き取れるように、汚してもすぐに汚れが落ちるようにと、PVC素材になっている。汗をかくと蒸れるし張り付くしで、個人的には好かない。そこで、借りられるブランケットをシーツ代わりに床に敷くことを思いつく。これにより不快感はかなり軽減される。2枚借りられるなら、敷用と掛け用として使う。私は敷物として使うのがメインで、掛け物は自分の寝袋を使っていた。寝袋の中に入ってしまうと暑いから上に掛けて寝るのがベスト。

f0350083_17374399.jpg




眩しくて眠れない

アイマスクは重いから持たない。タオルを目にかけて寝ると、私の場合はよく寝返りを打つのですぐに外れてしまう。そんな場合は発想の転換で、頭と足を逆転させ、PC台の下に潜り込んで寝るのだ。身体が大きい人は難しいかもしれないが、小柄な方なら可能。台の下には光が届かず、暗くなるので眠るには調子がいい。ただ、寝返りを打てるほど高さに余裕がないのが難点。



脚が疲れた

たくさん歩いて脚が疲れた。脚が怠い、重い、むくんでる等、歩き旅だとよくある話。疲れてる時こそ、必ずストレッチとマッサージをする。するかしないかで、翌日の足のすっきり具合が違う。

始めの頃はむくみ予防に、弾性ストッキング(がちなやつ、オペ用)を持っていたが、その一対すら重いから持つのをやめた。寝るときにそれを履かなくても、マッサージと下肢挙上だけで怠さやむくみは軽減される。下肢挙上は座椅子を足元に置いて、伸ばした足をその上に置くだけでできるという手軽さだ。



以上、私が実践してきたネカフェの使い方を書いてみた。これはあくまで一個人の過ごし方であって、良い子はこんなこと真似しないでもらいたい。普通の人はしないと思うけど(笑)



勉強になった!参考にします!という方、マジないわー引くわーという方、下の画像をクリックすると、私にその思いが通じます。たぶん。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-12-15 09:00 | 東海道五十七次 | Comments(4)
Commented by アオイ at 2015-12-15 18:01 x
ネカフェ参考にします!
バイトは何やるんでしょうか!
Commented by chidorigo at 2015-12-16 14:25
>アオイ氏
バイトは第三次産業です!今はひみつです!
Commented at 2016-09-12 14:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chidorigo at 2016-09-13 20:41
>カギコメ氏
はじめまして。コメントありがとうございます。ホテル泊なら、私より断然荷物は少なくて済むと思います!寝カフェは慣れが必要で、ホテル泊に比べると休めないかもしれません。2、3泊で慣れなければ合わないのでおすすめしません。身体を休めて体調を万全にしてこそ翌日もしっかり歩けると考えますので。
東海道、頑張ってくださいね!!
<< 東海道歩き旅持ち物 100均で見つけた浮世絵 >>