とにかく明るい販売戦略

「さいちー」と検索してこのブログにたどり着く人が毎日一定数いるようです。

さいちーですこんばんは

どうして「さいちー」を調べようと思ったのか、こっそり私に教えてください。




流行語の勢力は凄まじく、師走の街に溢れている。

f0350083_20473974.jpg


f0350083_20474159.jpg


それにしても、多用しすぎじゃね?


何が「安心してください」なのだろうと、ひねくれ者は思う。そんなこと言われると、逆に疑いたくなる。本当に安心なのかと。

店頭の商品の場合、自分の目で品質を見て選び、良いと判断して購入に至る。ネット通販の場合、実際に商品を見ることができないから、購入者の感想が書いてあるレビューを参考にすることが多い。信頼できるショップなのかを調べたりもして、購入するかの判断を下す。

私たちは目で見たり、見えないならば自分で情報を集めることで、自分を納得させ、安心を得ている。安心してるからこそ購入に踏み切ることができる。安心できないものにお金を支払うことは、損失を被るリスクを伴う。

しかし、なぜこんなにも「安心してください」が流行っているのだろうか。私は思った。もしやこれは「安心したい人」が多いのではないか。安心したい気持ちは不安の裏返しで、つまり不安を抱えている人が多いと考える。

では、何に対して不安なのだろうか。チラシを例にすると、掲載されている商品に対して不安を持っていると考えられる。こんなに安いのには何か理由があって、自分が商品を購入することで損失はないだろうかと。そこで魔法のフレーズ「安心してください」の出番だ。それにより、不安を抱える消費者に「大丈夫なんだ」という安心感を与える。

「安心してください」と言われることにより安心感が得られてしまうため、自身の目で品質を確認したり、物の必要性を判断する作業を怠ることとなる。判断力を鈍らせる言葉であり、結果的に自分の損失を生む恐れがある。

私は、「安心してください」の魔力に惑わされることなく、自分の目で見て、情報を収集し、考えて判断することが大切だと考える。


まー、「安心してください」を書く側はネタとしてしか思ってないだろうけどね。


ああ、泣きながら小論文を書く練習をしていた高校時代が懐かしい。珍しく真面目に書いてみたら、元々ない脳みそを使ったらしくて疲れた。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-12-28 06:00 | 雑記 | Comments(0)
<< バイト始めました 茶臼山トレッキング >>