狩りに行こうぜ!初猟へ

日の出前、善光寺平は珍しく霧に沈んでいた 。まだ薄暗い道を、ライトを点けて走る車はまばらだ。

師匠と猟犬とともに狩場へ出る。銃器を使い狩りをしていい時間帯は、日の出から日没までと決められている。


弾は散弾を使い分ける。
左から3号(キジ、遠距離鴨)、5号(近距離鴨)、7.5号(競技用)となっている。
f0350083_22173093.jpg




日の出を待ち、藪へ犬を放つ。藪の中からキジが飛び出したところを撃つ作戦。



ところが、想像してた以上にキジの動きが早い。銃を構える間もなく見送ってしまいチャンスを逃す。そんなだから、キジの写真などない。


フィールドをしばらく徘徊し、キジを捕らえるチャンスが5回もあったのだが、なんせ初心者。腕が悪くて当たらない。


午後になり、キジは諦め鴨にシフト。


日没30分前、ようやく1羽を仕留めることができた。猟犬が池に入り、鴨をくわえて泳いで回収してきてくれた。鴨1羽の重さは大して重くはないのだが、ただ鴨だけの重さではないなんともいえない重さを感じた。
f0350083_22213363.jpg


※大人の事情で白黒、捌くところも割愛※


師匠が手際よく捌いていく。羽をむしり、内蔵を取り出し、肉を分ける。


そして皮下脂肪を溜め込んだカルガモぐつぐつ煮込む。黄色い脂が溶け出して浮かぶ。
f0350083_22215478.jpg


出汁を取るのと同時進行で、具材を準備していく。
f0350083_22220833.jpg


f0350083_22221561.jpg


初猟で仕留めた鴨鍋、美味しくいただきました。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-12-28 14:22 | やまもり | Comments(6)
Commented by 何処吹く風 at 2016-12-29 17:03 x
さいちーさんは、鴨鍋でしたか。
昨夜は、町内の夜警だったので、いただいた猪肉で
ぼたん鍋を作りました。
肝心の夜警は町内を一周だけで、公会堂で
4時間にわたり情報交換という名の飲み会ですわな。
ぼたん鍋のほうは、汁気が多く味噌が少なめで
ぼたん汁になっちまいましたが、やっぱり、
猪肉はウマイ♪
Commented by アオイ at 2016-12-30 13:02 x
初狩猟でゲットはすごいねえ。
師匠もブログで紹介してください!
Commented by ライツボ at 2017-01-02 09:03 x
あけましておめでとうございます。
ていうか、完全にハンターになっていて驚きました!
命の重さ、他の生き物を食べないといけない人間の罪。というかなんというか・・・
でも・・・鴨鍋食べたいです(笑)
でわでは、今年も良い旅、良い狩りを!
Commented by chidorigo at 2017-01-03 12:30
>風氏
ぼたん鍋食べたんですか\(^o^)/私はまだ食べたことがありません。自分で仕留めて解体して鍋にするのが目標です
Commented by chidorigo at 2017-01-03 12:32
>アオイ氏
師匠はそのうち出てくると思いますよ~
Commented by chidorigo at 2017-01-03 12:36
>ライツボ氏
あけましておめでとうございます。
旅人要素なくなってしまいましたが、フィールドに出るとワクワクする気持ちは旅人の頃と変わりません。生きること、食べること、消費することなど考えさせられます……
<< あけましたおめでとう 猟期始まる >>