射撃の弾バッグを自作する

狩猟ついでに射撃も始めてみた。
f0350083_17413168.jpg


射撃場に行くとみんなそれぞれ弾入れバッグを持っている。Shell Bagと呼ばれている。とりあえず帆布の丈夫なお弁当トートを代用しているが、深すぎて弾を取り出しづらいと感じていた。

何回か行くうちにちゃんとした専用バッグが欲しくなったので、もらったカタログを見て探したら弾用のバッグが載っていた。

3箱入るのが主流のようで、ナイロン製からスエード製、本革製まである。お値段も2000~11000円と素材に応じて変わってくる。予算的には3000円くらいに収めたいが、全然かわいいのがない。



好みのものがないなら、作ればいいじゃん!(`・ω・´)


弾は鉛弾のため1箱約1kgもあり、3箱入れるので約3kgの重量に耐える必要がある。他の人のバッグを観察した結果、ぼろぼろになってくるのは上の角っこと、本体と持ち手を繋いでいでいる縫い目だということが分かった。そこを強化して作ればいいわけだ。



イメージとサイズをノートに書き出す。もちろん素材は革で作る。得意のレザークラフトを発動する。 
f0350083_18315526.jpg


革は丈夫なグローブレザーを使用する。パーツを切り出し、穴を開けて縫っていく。

f0350083_18315640.jpg


f0350083_18315988.jpg


f0350083_18320225.jpg


取手はカシメ2つで取り付けた。カシメなら、縫うより修理が楽にできるはずだ。

f0350083_18320453.jpg


完成!!\(^o^)/

f0350083_18320745.jpg


f0350083_18321175.jpg


箱もちゃんと3箱入った。ちょっとぴったりすぎるくらいだけど、使ってるうちに革も伸びてくるだろう。

f0350083_18322146.jpg


お弁当入れにも使えそうだなぁ(笑)

市販のより個人的にはかわいいと思うものができた。満足。


製作時間8時間
材料費2000円くらい

(夕飯も食べずにぶっ通しでやってたから腰が痛い)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2017-02-18 18:32 | レザークラフト
<< ドリームキャッチャー作ってみた 竹のカンジキ手に入れた >>