愛想の良さは伝染するか

インフル軟禁から解放されました。

さいちーです
こんばんは


暇を持て余してたので、キジの羽根をくっつけてドリームキャッチャーを完成させました。今は玄関に飾っています。


f0350083_22225857.jpg





オレンジページに載っていた、 きな粉味のスノーボールを作ってみた。

f0350083_23203780.jpg



焼き上がったクッキーに、冷めてから粉砂糖をまぶす。ほろほろするクッキーができた。
f0350083_23203828.jpg



行きつけの銃砲店に行く用事があったので、そのクッキーを幾らか簡単にラッピングして持っていった。


「美味しい。落雁みたい」


渡した側から食べ始めた店主に好評だった。嬉しい。




銃砲店に出入りするようになって半年程。弾を買いに顔を出す中で、店主と雑談で笑うようになった。だから私の中での店主の印象は、ニコニコしてるおじいさんだ 。

店ではサバゲー用品も取り扱っている。そしてサバゲーのお客さんの方が私より出入り歴が長いと思われる。

ところがサバゲーのお客さんがいるときは店主が笑ってるとこを見たことがない。たまたまそういうタイミングで店を訪れただけかもしれないが、無愛想に見える。

なぜだ…その差はなんなんだ……。

下調べをしてきた自分の知識と店主の知識を擦り合わせてる人はまだいいとして、サバゲー客はカタログを見たり仲間と話し込んでおり自分の世界に没頭。知識対決でどっちが正しいか、またより多くの知識を持っているかを店主と対決してるように見える人もいた。

……それだ!

話したい相手にベクトルが向いていないし、友好関係を築きたいとは到底思えない話し方にありそうだ。

単なるコミュ力という言葉でまとめてしまうのは簡単だ。それだけでは漠然としており、原因を突き止めたことにはならない。

話したい相手がいるとき、自分をオープンにすることで相手も心を開いてくれると思う。また、相手を知ろうとすることも、相手の心を開いてもらう上で有効だろう。

私は割りとよく笑う方だが、笑うと相手との距離が縮まるようの感じる。愛想良くするにはまずはどうしたらいいかわからなければ、とりあえずにこやかに接するといいと思う。

愛想の良さも悪さも自分の態度が伝染すると感じた出来事だった。



ま、それだけではうまくいかないこともあるけどね(ゝω・)⌒☆


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2017-03-03 22:46 | 雑記 | Comments(0)
<< ワニジャーキーの衝撃 インフルエンザでダウンした >>