カテゴリ:東海編( 2 )

郡上のうなぎ最高(旅79-80日目)

9月22-23日 晴 下呂―郡上―ひるがの高原

美濃加茂市でうだつのある町並みをぶらぶら歩き、和紙の雑貨屋が多くてトキめいた。
f0350083_11393159.jpg

f0350083_1149157.jpg


これが『うだつ』。火災の際に、延焼を止める防火壁の役割があって、金持ちの家しか付けられなかったらしい。「うだつが上がらない」の語源。
f0350083_1211568.jpg



定期的に郡上市のうなぎが食べたくなるので、食べに行った。
旅の出発前にキャンプ練習に来たのを思い出す。

魚寅(うおとら)へ。
上質!旨い!高い!
の三拍子。
f0350083_11194645.jpg


メガ盛りっす。最高に美味しかった。
f0350083_11212059.jpg



サンプル屋で、カブトムシの天ぷらを見つけてしまった。
f0350083_11323611.jpg




大滝鍾乳洞へ行ってみた。入場料1000円。私は鉱山とか、洞窟の類が好きだから、高い入場料は趣味への投資になる。
f0350083_11225828.jpg

f0350083_11234961.jpg

1cm伸びるのに100年かかるそうだ。万が一ポキッと折ったら、残りの人生を捧げても到底許されそうにない。
f0350083_11264757.jpg

見えなくもない。
f0350083_11304189.jpg


洞窟の中に滝があった。だから大滝鍾乳洞と呼ばれているのだろう。落差があっても、水量は少なく小規模な滝だった。水源は未確認だが、最低でも4kmは流れてこの滝に至っているそうだ。
f0350083_11282556.jpg



ひるがの高原、牧歌の湯で温泉博士を発動し、観光協会の屋根の下を借りて就寝。
f0350083_11352053.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-06 06:00 | 東海編 | Comments(1)

下呂温泉こんな混浴入れるか(旅78日目)

9月21日 晴 飯田―土岐―下呂

泊めてくれなかった友人と待ち合わせて、下呂ツーすることになった。(まだ根に持っている)
清内路峠は11度表示だった。通りで寒いわけだ。


国道19号沿い。稲刈りが済んでいる。気持ちがいい秋の天気だ。
f0350083_10512252.jpg



土岐アウトレットに寄って、ウィンドウショッピング。ぶらぶら歩き回って、結局何も買わずに終わる。旅人は、荷物を増やさない努力をしなければならないのだ。アウトレット内の友人オススメの定食屋に入る。ご飯のお代わり自由で、モチモチの五穀米、玄米、サンマの炊き込みご飯の3種類から選べた。めっちゃ美味しかった。
f0350083_10524831.jpg


下呂に向かう途中の道の駅からの景色。
f0350083_10554689.jpg


f0350083_10581644.jpg



橋の下には、無料の混浴露天風呂。レベル高すぎるよ?こんな真昼間から入れない・・・(笑)ここは水着着用。
f0350083_10593073.jpg



温泉(↑の露天じゃないとこ)入って、解散。友人は翌日の仕事のため帰っていった。カレンダーを見ると、世間は飛び石連休だ。真ん中休むと・・・・4連休になる!9月いいよな、連休があって。私が働いてた頃は、土日祝日関係なく、夜勤ありのシフト制だった。そして休みは公休-1日だった。翌月に+1日取れるかというと、そんなことはありえずに、翌月も公休-1日が普通だった。休日分はカネで清算される。休みが欲しくてしょうがなかったあの頃・・・。ま、今の私は、長い長い夏休みだから関係ないのさ~。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-05 06:00 | 東海編 | Comments(0)