カテゴリ:北陸編( 10 )

三方五湖レインボーライン(旅89日目)

10月2日 晴/曇 三方五湖―彦根(滋賀)

保健センターで、テント撤収して、早朝に出発。

f0350083_22371796.jpg


なんか、海、きれいしない?(←方言)
f0350083_22351334.jpg

水晶浜と呼ばれているビーチ。礼文島のメノウ浜にメノウが流れ着くように、水晶が流れ着くのかと期待したが、全然違った。砂浜の砂は、丸い小石。それが水晶のようにみえるからそう呼ばれていると、ぐーぐる先生が教えてくれた。
f0350083_22355585.jpg

美浜原発が見えるのが、この海水浴場大丈夫かと、ちょっと心配になる要因。
f0350083_22364772.jpg


f0350083_22431895.jpg

三方五湖の端っこ。
f0350083_22433454.jpg

完全に給油ポイント逃した。お世話になるのは初。1Lでどこまで走れるか・・・。
f0350083_2244711.jpg


レインボーラインは原付は通れるのか事前リサーチなし。どうやら125cc以下は通行不可らしい。
f0350083_22442186.jpg

料金所のおっちゃん「原付は通れないんだよ~、高速と一緒で。でもせっかく来たんだし、知らなかったことにしとくから通っていいよ」
なんて優しいのでしょう。期間限定で半額の通行料を払って通行させてもらった。
f0350083_22444228.jpg

f0350083_22445552.jpg


若狭ブルーとでもいうのだろうか。若狭湾が、蒼く、美しかった。

f0350083_2340319.jpg

f0350083_2339202.jpg


三方五湖。淡水のみ、海水と混じっている湖がある。レインボーラインは展望良好。走りやすい道で、とても気持ちが良かった。信州のバイク仲間のBB氏がイチオシする理由が分かった。
f0350083_23415922.jpg

f0350083_23453121.jpg


常神半島の先端へ行ってみた。帰りの燃料がギリギリ。ここが行き止まりで、公園があった。
f0350083_23482971.jpg

このパンダはどう見ても昇天してる。
f0350083_23535839.jpg

もう一匹、コアラも昇天してた。燃料の駆け引きの末、面白いものに出会えて満足。
f0350083_2354981.jpg


給油してから、日本海さかな街に行ってみた。
f0350083_23561265.jpg

平日で、人がガラガラ。この通りを歩くと、めっちゃ声かけられる。「カニ安くしとくよ、これだけ入って1万円!」買えねー買わねー。試食はガンガンするけどね。プチプチいくらは美味しかった。
f0350083_23563534.jpg
f0350083_23564979.jpg

焼きさばを初めて食べた。醤油+生姜を付ける。焼きすぎで、身が硬かった。でも美味しかった。
f0350083_024419.jpg

f0350083_025790.jpg


さかな街で食べ歩き。400円で3つ食べられる。
f0350083_042781.jpg

おすしと(めっちゃうまい)、
f0350083_0562.jpg

胡麻味噌つけた田楽と(ふつー)、
f0350083_051993.jpg

〆にみかんソフト(イメージ画像より小さくて不満)食べた。
f0350083_053283.jpg



滋賀県までばびゅーんと走る。


前回、富山―石川間で雨に降られ、荷物が水没した。原因のひとつがこれ。でっかい穴。北海道で修復してから、ガムテープが剥がれてしまい穴が広がった。
f0350083_095955.jpg

これから低気圧と台風18号の接近に伴い、雨になる。浸水対策をする。100均でゴミ袋とテープを購入。
f0350083_0103259.jpg

パッキング完了。ちどり号、ゴミ袋仕様。これで雨は乗り切れるはず。
f0350083_011353.jpg



温泉博士使って、温泉入ってきた。屋根のある場所にバイクを置かせてもらった。
f0350083_021238.jpg



風びゅんびゅんで、翌日は雨予報。
彦根市内のネットカフェ(ネカフェ=寝カフェ)で就寝。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ



by chidorigo | 2014-10-17 06:00 | 北陸編 | Comments(3)

ソフトバンク「お父さん」故郷

10月1日(旅88日目-後編) 晴れ 福井―一乗谷―南越前町





f0350083_18145478.jpg

ここですねー。
f0350083_1818368.jpg


このポスターがセンスあって好き。
f0350083_18293580.jpg


最盛期には1万人が暮らしていた城下町、一乗谷。信長の焼き討ちに合って、消失した。
f0350083_18285100.jpg

模型。
f0350083_18303197.jpg

武家屋敷が復元されている。『逃走中』ができそうだった。
f0350083_18553578.jpg

f0350083_1856162.jpg

f0350083_1856439.jpg


f0350083_18341352.jpg

f0350083_18373935.jpg
f0350083_18391970.jpg
f0350083_18395254.jpg

f0350083_18324054.jpg


ほんと、何もない場所だった。午後はこんな感じで終了。

山越えて日本海側へ出る。予定していた温泉が、休館日だった。5kmほど戻った場所にある温泉に変更したら、レディースデイで300円で入れた。ラッキー。
f0350083_18413737.jpg


泊まる場所だが、道の駅は国道沿いでトラックが多いと見た。あんまりトラックが多いと、テント設営時にガン見されるんじゃないかと不安。なので、ここをキャンプ地とした。
f0350083_18443054.jpg

保健センター前(笑)20m圏内民家。通報されずに夜を越した。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-16 23:59 | 北陸編 | Comments(6)

福井県庁ランチ

10月1日(旅88日目-前編) 晴れ 福井―一乗谷―南越前町

朝7時には撤収完了。私が泊まっていた道の駅みくにには、本州1周中の徒歩ダーも泊まってた。彼は栃木から出て3ヶ月になるそうだ。本州を歩いて青森まで行き、西へ向かって歩いている最中。そろそろ寒くなってきたという感想は、バイクでも徒歩でも一致。テントを持ち歩いていない彼は、カッパ着て防風対策をし、屋根の下で寝ているそう。お互い励まし会って別れた。

福井県庁ランチの予定で動く。午前中は洗濯機回して、マックでブログ書き書き。
f0350083_17231562.jpg


13時を回ってから県庁へ突入!
f0350083_1771038.jpg


県庁はグーグルマップで見ると、福井城址に建っている。こんな県庁見たことない。攻め落とそうと思えば、結構簡単に落とせるんじゃないかなーなんて考える。篭城戦でも勝てる気がする(笑)


受付の方に教えてもらい、食堂に入る。
f0350083_17302361.jpg

f0350083_1730242.jpg

f0350083_17382064.jpg
f0350083_1739511.jpg


それでは、地産地消定食にしよう。先にレジで支払いをし、食券代わりの札を渡される。
f0350083_17423090.jpg

f0350083_17432392.jpg
f0350083_17434042.jpg
f0350083_1744695.jpg

この卵とじのカツ丼と、越前蕎麦みたいのが付いて、550円。ボリューム満点。食べ盛り、育ち盛り(?)の私にはとても嬉しい。しかも美味しい。味付け良好、米もうまい。食堂の蕎麦は、期待以上に美味しい。福井県庁は当たりだった。


場所★★ 案内表示が手薄
駐輪場★★★★一部屋根あり
受付対応★★★★★
雰囲気★★★★
味★★★★★ 暫定1位


そうそう、福井県の人は美人が多い。そして親切。温かい。会津も人が温かいが、福井はフレンドリーな温かさ。で、気を遣ってくれる。押し付けがましい気遣いじゃなくて、断ってもお互い嫌な思いをしない気遣い方。人柄が素晴らしいと感じた。福井ファンになった。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-16 12:00 | 北陸編 | Comments(4)

後から知った心霊スポット、東尋坊と雄島(旅87日目-後編)

9月30日(後編) 勝山―東尋坊―三国

~つづき~

恐竜博物館を出て東尋坊へ向かう。マグマが冷えて固まるときにできた5~6角形の柱状節理(柱状の割れ目)が見られる。日本では福井県のここでしか見られない自然。
f0350083_12344113.jpg

f0350083_12395242.jpg

f0350083_12421438.jpg

f0350083_12523824.jpg

f0350083_12473252.jpg

断崖絶壁の高さは25m、体感だと50m以上ある気がする。谷川岳の一ノ倉沢から覗き込むよりもヒュッとした。
f0350083_12481287.jpg
f0350083_12484259.jpg
f0350083_12493244.jpg
f0350083_1250711.jpg



そして、東尋坊は観光名所とともに、自殺の名所でもある。
f0350083_12541889.jpg
f0350083_12543232.jpg

「保証人になってるなら相談を」、「あなたは一人じゃないよ」という詩が貼ってあった。聖書や、電話代の10円玉も置いてあった。私は人生全うしようと考えが変わったが、どんなに引きとめようとする貼り紙を見ても、死にたいときは、誰が何と言おうと死にたくなるもんだ。だから効果があるのか不明。


東尋坊から見える、雄島へ行ってみた。
f0350083_1313882.jpg

f0350083_13311947.jpg

f0350083_13315647.jpg

釣り人がいた。
f0350083_14444390.jpg

f0350083_14452015.jpg


島全体が神の領域であり、神聖な場所とされている。神聖すぎて、「島を反対周りに回ると祟られる」とツーリングマップルに書いてあった。神聖な場所なのに祟られるって矛盾してないか?信じる信じないは別として、「神様が住んでいるところだから参拝順序は守るように」ってことだと、私なりに解釈した。祟られたらやだし、あえて反対周り(反時計回り)に回ることはしない。

f0350083_14454026.jpg


凄く異様な雰囲気があった。ここに入りたくないと、身体が拒絶反応していたくらい。でもここまで来て島を回らないのももったいないと思い、嫌々踏み込む。本当に嫌だった(じゃあ行くなよ)。
f0350083_1450334.jpg

f0350083_14512863.jpg
f0350083_14514657.jpg


社殿の正面に鳥居があり、そこから東尋坊が見えた。
f0350083_1452484.jpg

f0350083_14525138.jpg


静かすぎる島。波の音も、風の音も聞こえない。本当に気味が悪かった。一人で登山してても、こんな感覚に
なったことは一度もない。
f0350083_1453313.jpg
f0350083_14534471.jpg


林の中を抜けると、幾らか空気が軽くなった。あの重々しい空気はなんなんだ。誰かに見られてるとか、そういう気配ではなく、島全体が何か持っているようだった。冷や汗が出るとか、呼吸困難になるとか、そういう生体の変化はないが、自分が島に捕われているような感覚だった。思い出しても気持ちが悪い。

f0350083_14562251.jpg
f0350083_14564229.jpg
f0350083_145753.jpg



『瓜割りの水』と呼ばれている。海に近いが真水が湧いおり、塩味はしなかった。でもこんこんと湧き出ているわけではなく、見た目はただの水溜まりだった。
f0350083_15152483.jpg

f0350083_15155443.jpg



日没が迫る。「早くここから出て」と自分の身体がいっているのが聞こえた。本能的にまずい場所だと察していた。歩みが速まる。雑草が道を覆っている場所もあった。日没後は、懐中電灯を持っていないと容易に迷うだろう。夜間に迷えば海への転落リスクが高い。

f0350083_15205530.jpg

f0350083_15224554.jpg


毛深い豆が生えいた。
f0350083_15233378.jpg

f0350083_15265956.jpg



島から出たら、重かった空気も、圧迫感も、捕われる感覚も、全くなくなった。後から調べたら、東尋坊と雄島は福井でも有名な心霊スポットで、雄島は、東尋坊で身投げした水死体が流れ着くらしい。そして、霊感のある人には見えるらしい。異様な空気の雄島。二度と行きたくない場所だと思った。


温泉博士使って、あわら温泉に行き、道の駅みくにで就寝。
f0350083_15405433.jpg

f0350083_15413524.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ



by chidorigo | 2014-10-16 06:00 | 北陸編 | Comments(6)

恐竜フクイなんちゃらを見に(旅87日目-前編)

9月30日(前編) 勝山―福井―みくに

f0350083_11273624.jpg

泊まっていたところが図書館前なので、出勤通学の方々の目に触れぬよう、気持~ち早起きして撤収。軽く朝飯食べる。昨日会った先輩に、「恐竜博物館行ってみたらいい」と勧められたので、行ってみることにした。博物館開館まで時間があったため、公園のベンチでブログ更新。やや山中の市だが、WiMAXの電波が入った。
f0350083_11274960.jpg


開館時間になったので出発。恐竜博物館が見えてきた。銀色のドームは、タマゴをイメージしているのだろうか。蕎麦の栽培も盛んで、田のほかに蕎麦畑も広かった。
f0350083_11282411.jpg

f0350083_12305366.jpg

f0350083_1128227.jpg

f0350083_11344070.jpg


ナイトミュージアムみたいにお出迎えしてくれた。
f0350083_11374985.jpg

f0350083_11404419.jpg


f0350083_11383824.jpg


f0350083_1140536.jpg

f0350083_11403088.jpg



なかなか興味深い生態。
f0350083_11441598.jpg

巨体を支えるだけの、立派な筋肉をお持ちで・・・。
f0350083_11443637.jpg

f0350083_1157444.jpg


骨格標本は、レプリカが多い中、これは本物。
f0350083_11582219.jpg

カメラに収まらないため、鏡が置いてある。これなら全身が写せる。この鏡の使い方考えた人頭いい。鏡の理由に気付いていない人も多かったが。ヒトの小ささを感じる。
f0350083_11593645.jpg

f0350083_1251785.jpg

f0350083_1213692.jpg


福井で発掘された固有種。フクイサウルス・テトリエンシス。名前がかっこいい。
f0350083_1284092.jpg

f0350083_1291735.jpg

f0350083_1211617.jpg


個人的に気になった化石。
f0350083_12114385.jpg


地質、岩石についての展示が面白い。テーブルに岩石が置いてあり、実際に触ってみたり、カメラで拡大してモニターで観察できる。また、モニターには、岩石の特徴や生成についても表示され、タッチパネル式で学べる。地元や近県の小学生が見学に訪れることが多いため、理解しやすい表現で説明されていた。
f0350083_12123496.jpg


先日、御嶽山が噴火したが、こうやって見ると日本は火山大国だ。
f0350083_12171796.jpg

f0350083_1217544.jpg


恐竜の重さと自分の体重を比べて絶望しよう!という趣旨の体重計。
f0350083_1220468.jpg

f0350083_12202041.jpg


この仕事したい。楽しそう。ときめいた。求人ないかな?根気強さあるし、手先そこそこ器用だよ。定時で上がれそうだし。次この仕事やりたいなぁ、なーんて。
f0350083_12235347.jpg


お昼を回ったため、博物館のレストランで昼食にする。
f0350083_1227714.jpg

f0350083_12272852.jpg

特徴は太麺に、コシのある蕎麦。上には大根おろしと大振りな鰹節が乗っている。香りは戸隠蕎麦の方があるが、そこそこ美味しい蕎麦だった。


~つづく~


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-15 06:00 | 北陸編 | Comments(2)

道に人?いや違う(旅86日目)

9月29日 晴 鶴来(石川)―勝山(福井)

昨日の続き。
夕方、湯涌温泉に行った。道中、人がたくさん立っていた。
f0350083_035813.jpg
f0350083_041053.jpg
f0350083_042771.jpg
f0350083_044274.jpg
f0350083_054129.jpg

そろそろお気づきですか?これ、人形なんですよ。
f0350083_06084.jpg

f0350083_065268.jpg
f0350083_07415.jpg
f0350083_072864.jpg


温泉博士を使って、温泉『銭がめ』へ。これで温泉博士10月号に載っている、石川県の温泉は制覇した。
f0350083_074623.jpg

浴室に入るときに「こんにちはー」と挨拶しながら入った。4人いたが、返答は「・・・しーん・・・」だった。平均年齢は20代。ほー、人が挨拶しても挨拶しないのか。

地元民が集う温泉では、「こんにちは」、「お先です」、「おやすみなさい」等の挨拶が飛び交う。私のような他所者でも挨拶をすれば返ってきて、気持ちよく使える。ここは地元民の利用がないようで、挨拶文化がなく、気持ちのいい温泉のはずなのに、息が詰まって居づらかった。

で、道の駅しらやまさんで就寝し、起床。(早っ!)
f0350083_094623.jpg


軽い朝飯を食べる。飲むヨーグルトに、シリアルサンドは合わない。牛乳がベスト。
f0350083_016934.jpg


昼に、高校時代の先輩とランチ予定があるため、マックでブログ更新して午前中過ごした。
待ち合わせのイタリアンレストラン。先輩は昔から家族で来るレストランらしい。店員さんは、家族内情までよく知っていた(笑)
f0350083_0163085.jpg

f0350083_0201285.jpg

f0350083_020256.jpg

f0350083_0204024.jpg

とても美味しいパスタとデザートだった。近況報告、高校時代の思い出、恋愛トーク等で盛り上がり、あっという間に時間が過ぎた。ちなみにその先輩は部活の先輩で、警察官やってるらしい。道の駅で野宿することは法的に問題があるのか聞いてみたら、特に問題ないとの回答。今後も遠慮なくやらせていただこう(笑)そしてごちそうさまでした♪


カブの後輪がそろそろやばい。中の糸?みたいのが出てきた。バイク屋に持ち込んで交換依頼。
f0350083_0252069.jpg




R157を走り、福井県に入った。



明日入る予定の恐竜博物館にテント張ろうと考えていた。
が!熊出没したらしく、夕方にはゲートが閉鎖されてしまうことが判明。
f0350083_0301794.jpg


勝山市街には道の駅がない。仕方なく温泉後に、市立図書館(改装中)の定礎前をキャンプ地とした。傍から見たら、どう見ても不審者だ。近隣住民に通報されかねない状況だった。今までで一番緊張した瞬間だった(笑)
f0350083_0285612.jpg









にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-14 06:00 | 北陸編 | Comments(8)

和倉温泉スイーツ巡り(旅85日目)

9月28日(日) 晴 七尾―白山

そう、世間は週末。金曜日のうちにATMで資金を下ろし忘れた旅人に、手数料216円は痛い出費。所持金2000円で1日乗り切らねばならない。


朝から気合入れて米を炊いた。
先日、富山の献血センターでもらったレトルトカレーがおかず。一時期流行った『朝カレー』。米は芯ナシでしっかり炊け、元気が出た。
f0350083_1115625.jpg



能登島を経由し、和倉温泉へ向かう。波はとても穏やか。天気はまずまず、富山方面までスッキリ見えた。
f0350083_114236.jpg

f0350083_1153635.jpg



これはやるしかないでしょう!!

f0350083_1181671.jpg


チケットが観光協会で購入できるというので、駅構内の案内所へ行った。そしたら開店10時半。待てない。
f0350083_119108.jpg


駅は見切って、観光協会へ行った。ここで念願のチケットを購入。
f0350083_121311.jpg

f0350083_1213890.jpg

500円で3スイーツが食べられる。
f0350083_2221153.jpg


それでは早速・・・加賀屋!!一度泊まってみたいなぁ。
f0350083_222299.jpg

ではなく、その隣のお店へ。
f0350083_22582477.jpg

おからドーナツ。ヘルシーだが結構ボリュームがあって、これ一つでお腹いっぱい。
f0350083_22591640.jpg


次にパン屋さん。シュークリームゲット♪ 芋味。
f0350083_2301627.jpg

f0350083_2303439.jpg
f0350083_2305591.jpg
f0350083_2311095.jpg


足湯に浸かって食べる。サンダルの日焼けで、足の甲がしましま。
f0350083_2313574.jpg
f0350083_2315743.jpg


チケット3枚目は胡麻ソフトに使う。お店の真後ろに加賀屋どーん。どこにでもある普通のソフトクリームだった。
f0350083_2331724.jpg

f0350083_2394539.jpg

f0350083_2333644.jpg

f0350083_2335414.jpg

和倉温泉はそんな感じで、朝からスイーツ食べまくって満足感に浸っていた。


それから、七尾市の革細工工房タソラにお邪魔してみた。今年オープンしたばかりで、地元でも知名度がまだ低い。財布やバッグは好みの色でオーダーメイドしてくれる。現在の納期は1ヶ月半。あいぽんケースが秀逸だった。革もタンニンなめしのいい革を使っている。ブレスレット(500円)やペンダント(1000円)作り体験も可能。もちろん買わない(買えない)ので、見るだけ。仕事が細かい革製品は、見るだけで癒される。
f0350083_23104667.jpg

f0350083_23194947.jpg

f0350083_23222763.jpg

f0350083_23251975.jpg

f0350083_23294045.jpg


タソラの場所が分からなくて、近所の土木作業してるおっちゃんに聞いた。ちょうど休憩時間になるところで、お店まで案内してくれた。そのおっちゃんが昼食おごってくれた。このお店の常連のようだ。見た目サングラスかけてて怖かったが、オーナー曰く「見た目怖いけど、いい人だから大丈夫」とのこと。矢沢栄吉が好きらしく、延々と話してくれた。
f0350083_23264542.jpg

f0350083_2327729.jpg



記事が長くなるので、以降は翌日に回す。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-13 06:00 | 北陸編 | Comments(4)

朝イチに朝市(旅84日目)

9月27日 晴 輪島―七尾市

6時起床、軽く朝食をとる。
f0350083_2223355.jpg

7時には出発準備が完了。最近の生活パターンだ。7時を過ぎると人が多くなり、道の駅に居づらくなる。

輪島といえば、有名な朝市へ行ってみた。8時前には到着。


・・・・あれ?? 人、いなくないかい?
f0350083_22303568.jpg

f0350083_22254710.jpg



観光客はまばらだし、テント撤収してない?今日の目的がこれだったのに、来るの遅すぎた?! 半ばショックを受けていたそのとき、案内板に「朝8~10時」との記載があるのを見つけた。良かった、遅すぎたわけじゃなくて早かったんだと納得。
f0350083_1953578.jpg


8時を過ぎ、人が多少増えてきた。
f0350083_191010100.jpg

f0350083_1973759.jpg

f0350083_198052.jpg


輪島塗のアクセサリーに心ときめく。葡萄のペンダントに一目惚れしてしまい、1点しかなかったのでお買い上げ。あー、散財・・・。でも職人手作りの品で、漆が剥げてきたら塗り直してくれる。デザインは秋。長く使いたい。
f0350083_2336137.jpg


このパン屋を待っていた。一番遅い出店、9時。腹減った。出来立て焼きたてで美味しいパン。輪島の朝市に訪れたら是非ご賞味くださいな。
f0350083_23383131.jpg
f0350083_2339183.jpg

特に、モチモチのコレおすすめ。60円。軽く3つはいける。
f0350083_23493129.jpg


ショッピングモールで洗濯機を回す。
f0350083_23503788.jpg

近くの100均で、かさばる冬物をコンパクトにすべく圧縮袋を購入。多少は小さくなった。
f0350083_23513046.jpg


洗濯が終わった後に、致命的なことが発覚した。一昨日の雨で、防水バッグの一部解れから浸水してしまい、中身が水没していた。ダウンのシュラフだけは無事だったのが奇跡。次回の雨までになんとかしなければ・・・!!



千枚田ポケットパーク
。日本の棚田百選に選ばれている。田1枚が狭すぎて重機が入れないため、全て人の手で植えている。10月に入るとイルミネーションが始まる。
f0350083_023339.jpg

f0350083_061184.jpg

f0350083_071810.jpg

f0350083_075765.jpg

ご当地サイダーがあった。けど、そこまで好きじゃないので見るだけ。
f0350083_08378.jpg



窓岩ポケットパーク。気温、風が心地よすぎて、駐車場の東屋でゴロゴロ(・・・おやじか)。
f0350083_014945.jpg

f0350083_0164136.jpg

f0350083_0241310.jpg


温泉博士使って、さっぱりしに行った。正規の入湯料だと千円する。そのためか客は少なかった。
f0350083_027830.jpg

f0350083_028926.jpg



これが「凪」らしい。ピタッと波が止まってるように見えた。湖面のように静かだった。
f0350083_0411783.jpg



道の駅なかじまロマン峠で就寝。夜中に巡回来た。人生3回目の職質。まずは貴様が名乗れ。免許証の提示はこれが初めて。「オンナノコ一人じゃ危ないよ」じゃあ交番の屋根貸してくれ。そして、人を起こしたら、寝かしつけていただきたい。その後完全に目が覚めてしまい、1時間半寝れず3時を回ってしまった。
f0350083_0513147.jpg




ここ2日間の移動MAP



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-10 06:00 | 北陸編 | Comments(2)

砂浜走る能登半島(旅83日目-後編)

9月26日 ~つづき~ 金沢―輪島市門前町

午後から、能登半島へ出かけた。

以前の能登有料道路は、のと里山道路として無料開放されている。125cc以下は禁止。トコトコ下道で走る。

千里浜なぎさドライブウェイ!!
f0350083_21403320.jpg

f0350083_21434376.jpg


砂が締まっておりスタンドも沈まない。
f0350083_21451475.jpg


雨が降って川を形成したであろう箇所に窪みがあって、海側を走るとかなりデコボコだった。荷台がミシミシ鳴いてて、荷台に優しくない道だった・・・。



神社に寄ってお参りし、おみくじは大吉。
「初め手間取りて思わしからず。後は叶う。方角変えてよし。まかせてよし。」
・・・ふむ(・ω・)何かがよい方向に動くのかな。期待しよう。


いい具合に日が暮れた。展望露天風呂から日本海に沈む夕日が見れた。

f0350083_21522436.jpg


門前の温泉に入って、併設のホテルの食堂で夕飯200円引券もらったので、使わないわけがない!!「お造り定食」1050円→850円。魚の質が良く、新鮮でとても美味しい刺身だった。能登は魚がうまい。ご飯が足りなかったので、お代わりもらった。追加料金取られるかと思ったが無料だった。もう1杯いけたが、食べすぎだと思ってやめといた(笑)

f0350083_21582728.jpg


道の駅赤神でテント張って就寝。24時間空いているベンチスペースもあったが、センサーで電気が点灯する。それに無事に朝を迎えられる保障がない。
f0350083_21594598.jpg


反面、テントを張るとプライバシーが確保できる。外から見てナカノヒトが女だって分かりづらいし、着替えもできるし、荷物を広げて整理も可能。テントだと結構メリットがあると分かってきた。それに設営だけなら10分あればできるようになった。マット敷いて着替えて寝る準備まで完璧に済ませようとすると、20~30分。だんだん道の駅泊慣れてきた。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-09 23:59 | 北陸編 | Comments(6)

やる気のない雨の日(旅82日目)

9月25日 雨 富山―金沢

ちょいちょいいろんなところで読んでた鋼の錬金術師が、昨晩のネットカフェで完結し、満足感と世界観に浸る朝。夜間10時間パックで2千円だが、雨の日の道の駅に泊まるより断然いい。

雨はパラパラ降っていて、カッパ着用。昨日風呂に入れなかったので、温泉博士を使って法林寺温泉へ行くことにした。さっぱりして、気持ちよすぎてロビーの椅子でうとうと。昼を回ってしまった。

峠を越えて、金沢市内へ入る。コメダで、味噌カツサンドを注文。フォークが付いてきたが、使い方が分からん。両手で持ってガブってしちゃいけないんでしょうか。まあガブってしちゃいましたよ。
あと、コメダのコーヒー高すぎやしないか。旅人には手が出せないぞ。それからせっせとブログ更新。
f0350083_9161076.jpg


この日は金沢駅近くのゲストハウスに宿泊。男女別ドミトリー2700円。

高架下に市営の駐輪場があり、無料で停められる。しかも夜間は施錠される。素敵。ただ、徒歩10分とちょっと距離があるのが難点。
f0350083_9185029.jpg

f0350083_9175160.jpg

金沢市のバイクナンバーが可愛かった。
f0350083_9212561.jpg


ベッドの上で荷物整理をしてたら、布団が気持ちよすぎて21時には寝てしまった(早っ




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-08 06:00 | 北陸編 | Comments(7)