カテゴリ:九州編( 26 )

さ、財布がない!!対馬で紛失事件(旅129日目-前編)

11月11日 晴 対馬

知っていましたか?対馬って、福岡県じゃないんです。長崎県なんですよ。福岡県庁で「対馬の観光パンフレットください」と言ったら、それは長崎だと教えてもらいました。なのに、対馬に渡るフェリーは福岡博多港からしか出てないんですよ。意味不明です。さいちーです。おはようございます。

朝5:30、厳原港(いづはら)到着。船内には8:00までいて良いとのことで、ギリギリに起床。清清しい朝だ。
f0350083_1657881.jpg

肌寒く、ダウンとカッパ下を着て防寒対策。

高速艇が着くフェリーターミナルに寄って、観光パンフレットをもらう。案内はハングル文字でも書いてあった。表記が英語ではないところから、観光客層の韓国人の多さが伺える。
f0350083_1659979.jpg


対馬の固有種、ツシマヤマネコ注意の看板を、至るところで見かけた。
f0350083_1775045.jpg

f0350083_17252275.jpg

f0350083_17482348.jpg


和多都美(わたづみ)神社に寄ってみた。海神と書いて「わだつみ」と読むが、それとほんのちょっとだけ関係があった。
f0350083_179368.jpg

f0350083_17112992.jpg

境内から海を見ると、鳥居の先に鳥居があって、海へと続いている。
f0350083_17165447.jpg

満潮時は、境内まで海水が流れてくる。
f0350083_1718944.jpg

船があった。祭事用かしら。満潮時なら船を出せそうだ。
f0350083_1719628.jpg


海に続く鳥居を見に行く。社殿から海まで、計5つもの鳥居が並んでいた。
f0350083_17201930.jpg

トイカメラモードで遊んでみる。
f0350083_17232895.jpg

f0350083_17242286.jpg


海に続く桟橋があった。
f0350083_17283228.jpg


渡ってみると・・・
f0350083_1729441.jpg

ヤバいよ!!木が腐ってる!!!!
いつドボンしてもおかしくないため、引き返した。数あるアクションの中で、踏み抜いてドボンするのが一番怖い。冬の滝つぼに落ちたトラウマあり。

駐車場に戻ると、観光バスが来ていた。やたらカラフルなオバちゃん方だ・・・・と思ったら、韓国人御一行だった。
f0350083_17322645.jpg


和多都美神社からすぐ近く、烏帽子岳にある展望台。360度見渡せ、展望良好。リアス式海岸だった。赤やオレンジに染まっている紅葉が、緑の中に点在していた。まあまあ綺麗だった。
f0350083_1734470.jpg

f0350083_17362550.jpg
f0350083_17371559.jpg

f0350083_17381230.jpg

f0350083_17385039.jpg
f0350083_17391359.jpg

程なくして、韓国人集団が来た。我が物顔で狭い通路と階段を上ってきて、端によけることをしない。それと自撮り棒率な。その棒、人がいるのに振り回すなよ、危ないだろう。なんだろう、すごくイラっとした。

バスで集団で来たり、レンタサイクルで周ったり、レンタカー運転してたりと、観光地はほぼ韓国人だった。蛍光ピンクや蛍光オレンジといった服のチョイスが、私には理解できないセンスだった。地元民曰く、「カラフルだから、一目で分かる」とのこと。


な~~んもない道を走る。
f0350083_1749997.jpg



次に、野生動物保護センターへ行った。
f0350083_1749454.jpg


ツシマヤマネコを見るためだ。
f0350083_17505568.jpg

f0350083_17521749.jpg


1頭だけいた。警戒心と自立心が強く、飼育員でも手なづけるのが難しいそうだ。
f0350083_1753053.jpg

丸々と太っている。猫初心者の私でも分かる、この丸っこさ。施設スタッフによると、冬に備えて蓄える時期らしい。尻尾が太いのが特徴だ。
f0350083_17554373.jpg

f0350083_17595062.jpg


お土産にステッカーもらった。
f0350083_1804830.jpg


野生動物保護センターのすぐ近くにある、棹崎灯台(さおざきとうだい)。
f0350083_1825834.jpg


日本最北西端到達!!!
f0350083_1893339.jpg

着膨れしておデブに見えるなぁ。決して体重が増えたわけではない。
f0350083_18115511.jpg

f0350083_18112633.jpg


ここの灯台は、砲台跡で公園として整備されている。私が行ったときには誰もいなくて静かだった。
f0350083_18143081.jpg

f0350083_18162663.jpg

f0350083_18165740.jpg



ヘビがいた。隙間で日向ぼっこをしていた。私も隣でポカポカ陽を浴びて温まりたい。
f0350083_18175812.jpg

目が青白い。
f0350083_18184990.jpg

お帰りになるようなので・・・・・帰宅前に・・・・・・
f0350083_18192096.jpg

・・・・・・ちょっかいを出させていただいた。生温かかった。
うふふ、かわゆい(*´ω`*)ちょっと強く持ちすぎた。ごめん。
f0350083_18172393.jpg




ぼちぼち、お昼時。棹崎灯台を出て走る。



今シーズン一番紅葉してるのではないかと思われる、国道沿いのモミジに出会う。
f0350083_18294481.jpg



対馬に来て、一番食べたいと思っていたもの。それが蕎麦だ。対馬は、日本で初めて大陸から蕎麦が伝わった場所である。品種改良されずに、ほぼ原種のままだそうだ。そんな蕎麦を食べてみたく、蕎麦道場へ行ってみた。
f0350083_18334791.jpg

お味の方は・・・
f0350083_18341368.jpg

んん??



すすえないぞ??


蕎麦なのに、すすることができない。途中で ブチッ と切れてしまう。太さは不揃いで、歯ごたえがなくて切れやすかった。地元の蕎麦の方が断然うまい。蕎麦よりも出汁の方がうまかった。



食後、会計のためレジへ行った。そのとき、あることに気付く。








財布がない!!!!









カブに戻って探しても見つからず。








でも・・・・どこで???









通ってきたのは、灯台、ツシマヤマネコの野生動物保護センター、和多都美神社・・・・だ。
















とりあえず、最後に人がいたところ、保護センターに電話をかけてみた。センター内を一周探してもらって、ないとの報告を受ける。









最後に財布を出したのは・・・・・・神社。お賽銭の時に出した。











―その時か?落としたのは。
だとしたら・・・・・もし韓国人に拾われていたら、ほぼ戻ってこないだろう。











すぐ近くの警察署(徒歩1分)へ行った。事情を説明したら、周辺の交番に連絡して届いていないか聞いてくれた。それでもなくて、遺失物届けを書いた。









警察署の人に、「お金貸して」っていったら「無理」って一蹴された。対応が冷たくて悲しかった。どうすればいいか教えてほしかった。



















あぁぁ、絶望的だ。













文字通りの「一文無し」だ。





私は・・・・この先、この対馬から出ることができないのか。対馬に閉じ込められて、冬の寒さ厳しい(らしい)ここで冬を越すことになるのか・・・・。沖縄で年を越しして、バイトする夢が・・・・・砕け散ろうとしている。



財布以外に現金は隠し持っておらず、キャッシュカードもクレジットカードも、失くした財布の中だ。奇跡的に、免許証だけは別にしておいたからセーフ。





「あの・・・・・・対馬のハローワークは・・・・・どこですか?」





私は半泣きで、蕎麦屋のおばちゃんに尋ねた。



~つづく~


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-12 06:00 | 九州編 | Comments(6)

本場長浜ラーメンを食すべし(旅128日目-2)

11月10日 晴 北九州―福岡

今日は夜便で対馬へ渡る。県庁ランチ後、近くにあるゆめタウン(ショッピングモール)でぶらぶらして時間を過ごす。紀伊国書店で、温泉博士11月号を予約。施設内を見尽くしてた。時間的には早いが、フェリー乗り場へ行った。

対馬へ渡るために利用するのは、貨物を扱うフェリー会社。業務用のフェリーなので、「客のみ」は受け付けていない。カブは貨物、私はドライバー扱いで乗れた。
f0350083_1431137.jpg
f0350083_14313172.jpg

フェリーターミナルで受付を済ませた。0:30出向まで時間が有り余っている。カブをターミナルに置いて、街中に遊びに行くことにした。

博多港の倉庫街を身ひとつで歩く。
f0350083_143152100.jpg

落書きだらけで、チキンだからちょっと怖かった。
f0350083_14425670.jpg

オフロ、かな?
f0350083_14435538.jpg

f0350083_14455686.jpg


福岡の都会感。
天神界隈をぶらぶらして、そろそろなくなりそうな日記帳をロフトで買った。MIDORIの無地の日記で、700円もするのだが、紙質がとてもよくて書き心地抜群。中性紙だから劣化しにくいのだ。
f0350083_15164280.jpg


で、夕飯の時間になった。お腹が空いた。福岡といったら、長浜ラーメン。激戦区へ行ってみた。
f0350083_14512946.jpg

長浜屋(元祖)が有名だというので、看板のあるその店に入ったつもりだったが、違った。ナンバーワンという店だった。頼んでから気づいたので、後戻りができない。
f0350083_1455829.jpg

仕方なく食べたら、うまかった。スープはとんこつで、ストレート細麺。「硬め」を注文。さっぱりしててとても美味しかった。麺の硬さもちょうどよかった。間違えて入ったが、正解だった。

せっかく、本場に来てるんだから、やっぱり長浜屋のラーメンを食べたい。
f0350083_14595863.jpg

はしごした。券売機には、ラーメンだけだから、効率がいい。食券を買って中に入ると、麺の長さを聞かれた。「固め」と答える。
f0350083_1518127.jpg

程なくしてラーメンが出てきた。とんこつスープ。長浜ラーメンはとんこつ系なのか。なんかスープが癖のある匂いで、苦手だった。脂っぽくてもたれそうだった。二杯目でお腹いっぱいだったのもある。
f0350083_15182932.jpg

私は思った。こてこてのとんこつラーメンは苦手だ。

1杯目はあっさりしてて美味しかった。2杯目の脂っぽいのが苦手だ。もたれる。あっさり系が好きだな。


帰り道、屋台が出てた。もう無理。見るだけ、通り過ぎるだけ。
f0350083_1518497.jpg


倉庫街歩いて、フェリー乗り場へ戻る。
f0350083_1549275.jpg


フェリーが来ていた。
f0350083_15522699.jpg

カブはスタッフが乗船させてくれるとのことで、21時半に必要な荷物だけ持って一足先に乗船。

f0350083_15542399.jpg


二等でチケットを取った。雑魚寝部屋はなく、全室ベッド。4人相部屋のベッドルームかと思っていたら、個室に案内された。女性は私だけだったためか、気を遣ってくれたようだ。嬉しい。女子って得かも。
f0350083_15574740.jpg


まだほとんど人が乗っていなかった。フェリーの浴場(シャワーのみ)を借りた。チケット売り場のスタッフに「シャワー室汚いよ」と言われていたが、想像していたよりも綺麗だった。特に問題なく利用できた。風呂セットは必要なくなったから、バイクへ置きに戻った。

トラックの運ちゃんに話しかけられて、コーヒーをご馳走になった。部屋に戻り、0:30出港時間までブログを書いて過ごす。気づいたら出港していた。綺麗なシーツがかかったベッドで、ちょっと固いことを除けば、一晩の船旅はとても快適だった。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-11 06:00 | 九州編 | Comments(6)

カブで関門海峡突破せよ(旅127日目)

11月9日 雨/曇 下関―北九州

下関から、関門海峡を渡る方法は、3つある。
f0350083_17403995.jpg


1、海を見下ろす、高速道路で橋を渡る。
高速なので、当然125cc以下は乗れない。

2、海の中の、関門トンネルを渡る。
有料道路で、本来なら車と51cc以上のバイクはここを通る。しかし、この時は工事中のため、全面通行止め。車は高速道路に回される。

3、海の中の、人道トンネルを渡る。
人と自転車、50cc以下のバイクが通行できる。関門トンネルが通行止めのため、必然的に125cc以下はこちらに回ることになった。
f0350083_18442536.jpg



というわけで、チドリ号とともに人道トンネルへ。
f0350083_1740074.jpg


通行料金20円を、箱に入れる。安っ!
f0350083_17453749.jpg


チドリ号は、エレベーターぴったりサイズ。
f0350083_1747239.jpg

f0350083_1748220.jpg

f0350083_17482896.jpg

f0350083_1750890.jpg


地下に到着。警備員?誰かいるぞ?なんだろう。
f0350083_17485770.jpg


地下通路内は、エンジン厳禁。押して歩かなければならない。海峡内のトンネルは、平坦ではなく、下って上る。警備員さんが「押しますか?」と言ってくれた。なんと、一緒に押してくれる要員だったのだ!是非お願いしたい!!写真撮ってもいいかと聞いたらOKしてくれた。行政から委託されているらしく、シルバー人材派遣のようだった。「今日からやってます」という、ベテランに見えるが実は新人のおっちゃんに押してもらった。
f0350083_17533472.jpg



片道780mで、何往復したかで、走った距離が分かる。マラソンやジョギングしている人が多く、一種のトレーニング場だった。意外と多い交通量(人)。割と真剣に走ってる人が多くて怖かった。
f0350083_17553712.jpg

f0350083_18175130.jpg


山口―福岡県境に到達。
f0350083_1813472.jpg


チドリ号が県境をまたぐ前に、私がまたぐ。
f0350083_1819913.jpg


壁にも描いてある。
f0350083_18155655.jpg


そして、最深部を超え、いよいよ上り。バイク押し要員のおっちゃんに、下りでは後ろの箱を支えてもらって、上りでは押してもらう。それでも上りは息切れした。もう、ゴールしたときにはヘトヘトだった。本日の体力を使い果たした感がハンパなかった。そのためのベンチなのか。休憩中に、ジョギンングのおっさんたちに絡まれ、呼吸がなかなか整わなかった(笑)

福岡側に到着してから、気付いた。こんなものがあった・・・。山口側にもあったが、気付かなかった。ショック・・・。今回は諦め。帰りに押せたらいいなぁ。
f0350083_18245097.jpg

f0350083_18405861.jpg



地上に出た。
f0350083_1845083.jpg

f0350083_18472349.jpg

ついに九州入り!!
山口県は、あちらの対岸。
f0350083_1845299.jpg



北九州市小倉区で開催の、クラフトフェアに行ってみた。よく発砲事件とかある場所じゃないか・・・ちょっとドキドキ。場所は、国際展示場。国際展示場といえば、私の中ではお台場だが、小倉にもある。
f0350083_2130322.jpg


『手作り市場in北九州』
f0350083_21482429.jpg

f0350083_21493470.jpg

会場オープン前に配られた、会場の案内が書いてある新聞に入場券がついていた。ラッキー♪ 真面目に入場料を払おうとすると、500円かかる。
f0350083_2150658.jpg


会場がオープンし、ゆるきゃら「ていたん」がお出迎え。今年のゆるキャラグランプリでは、76位だった。
f0350083_21511874.jpg

こやつのテーマソングがある。テーマソングは故意なのか知らないが、音程の外れっぷりがすごい。他人のことを言えないほど音痴の私でも、聴いててストレスを感じる曲だった。会場のBGMとして常に流れているわけではないのが、不幸中の幸い。「ていたん」が登場する時間だけ流れる・・・。ていたんが登場する度に発狂しそうになっていたのは、私だけではなかった。会場で出展してた方は、2日連続でその曲を聴いていて、勘弁して欲しいと嘆いていた。
一日の作業用BGMとして、是非聴きたい!という方のために、リンク貼っておきますね。
⇒https://www.youtube.com/watch?v=VPCU7TmO85k


広々とした会場には、作家さんたちのブースが並ぶ。
f0350083_22165319.jpg
f0350083_22174967.jpg

ヒノキの木屑。風呂に入れたい・・・。
f0350083_22184691.jpg


素材も売っていた。絣(かすり)だ。西日本に来て、私は初めて絣を知った。備前、伊予、久留米が日本三大絣に数えられる。藍染は布を染めるが、それとは違い、糸の段階で藍色に染めてある。パッと思い浮かぶのが戦時中のモンペで、代表的なデザインだと、「井」みたいな模様があるアレである。模様は、絣を織る際、違う色の糸を混ぜることで表現されている。いろんなデザインがあった。
f0350083_22224926.jpg


チェーンソーで造られた動物。すごく繊細。
f0350083_22455719.jpg

f0350083_22494290.jpg

写真撮影NGの作家さんが多くて、あまり写真がない。
f0350083_22504421.jpg

f0350083_22512222.jpg

f0350083_22524967.jpg


珍しい藍色レザー。レザーは青が一番染まりにくい色だ。これだけ青くするには、さぞ時間がかかったに違いない。
f0350083_2253568.jpg


f0350083_2255251.jpg


昼食に、牛テールカレー。牛テール感の物足りなさ・・・。隣で食べていた親子も「テール入ってる??」と首を傾げていた。
f0350083_237586.jpg

f0350083_2382634.jpg


ワークショップが充実。
f0350083_22561618.jpg


3Dプリンターでキーホルダーをデザインしよう!というコーナー。人気で1時間待ち。
f0350083_2257053.jpg
f0350083_22571636.jpg


シルバーリングを作ってみた。
f0350083_2351831.jpg

粘土をこねて、約900度のオーブンで焼いて、磨く。全工程90分で完成。
f0350083_2355353.jpg

f0350083_2361744.jpg


こちらが完成品のリング。それと、アクセサリー作家さんのイヤリングはお買い上げ♪
f0350083_23452.jpg



ほぼ一日、クラフトフェアで過ごした。癒された一日だった。



北九州市だし、小倉区だし、いろいろ怖いので、珍しくビジホに宿泊。なぜか、部屋に枕がなかった。「枕がない仕様の部屋なのか」と思ってフロントに電話をかけてみたら、部屋まで持ってきてくれた。


夕飯、コンビニで買ってきたたこ焼き。冷凍食品のたこ焼きなのだが、当然コンビニのレジでチンしてくれると思ったら、断られた。・・・・ケチ・・・と思ったが、レジのところにあるのは業務用のレンジだから、温め時間が違うんだろう。きっと、記載の温め時間のまま温めて、破損させた経験があるに違いない、と自分を納得させた。ビジホに戻ってチン。
f0350083_23105694.jpg


そして、ツーリングマップルを、四国編から九州編にバトンタッチ。
f0350083_23114774.jpg


久しぶりのホテル!個室!ベッド!テンション上がって、ベッドでぴょんぴょんしたのは秘密。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-02-09 06:00 | 九州編 | Comments(7)

はやぶさ打ち上げ大観賞会

待ちに待ったはやぶさ2の打ち上げ。天候、風の影響で二度延期になっていた。雨風耐え凌いだ12月3日、やっと打ち上げのGoサインが出たのである。

f0350083_1520718.jpg


恵美之江展望公園には約520人が集まっていた。フェリーで一緒だったチャリダーとライダーも来ていた。他には日本一周の旅人集団もいて、話してたらあっという間に打ち上げ時刻を迎えた。

広場にはスピーカーが設置されていて、女性の声でカウントダウンが開始された。集まった人たちは、10秒前から一緒にカウントを始めた。私も5、4、3、2、1……と期待を膨らませて声に出した。

f0350083_1520756.jpg

f0350083_1520759.jpg

f0350083_1520760.jpg

点火してからはあっという間だった。写真を撮ろうとカメラで追っていたが、気付いた。画面を通してではなく目で見なければ意味がない。画面を通すなら、テレビで十分だ。

我々を地球上に留めている重力を振り切るため、垂直に浮き上がろうとする瞬間が、最もロケットの重さを感じさせた。ふわりと宙に浮いてからは、力強かった。雲めがけてぐんぐん高度を上げていく。エンジンから眩しく激しく吹き出す炎の尾は、空へ向かう流れ星を思わせた。ただ、ミサイルにも見え、多少の恐さを覚えたのも、また事実である。

ロケットが地球から飛び立つ音。それは私にとって、初めて聴く音であった。ガスバーナーの音と似ていた。音の波が震動となって、空気を揺さぶる。自分を突き抜け、後ろへ広がって行った。ちょうど花火を間近で聞いたときのような、あんな音の衝撃が身体に走り、内臓が震えるのを感じた。

3.1km離れた広場から打ち上げを見ていた。一度雲の中に入ったロケットが、次に姿を見せたときには、我々の頭上にいた。雲の切れ間から、青空の点となった光が見えた。どんどん小さな点になり、そしてついに光も見えなくなった。会場には拍手が起こった。空を見上げる私の目からは、一筋の涙が溢れていた。

f0350083_17384253.jpg


f0350083_17384218.jpg



「感動した」と一言言えば伝わるものではないし、見ていない他人には伝わらない。私の文章では、上手く伝えきれないことがもどかしい。日本中の多くの人が画面越しに見る映像を、自分の目で直接見て、身体で感じた。わずか1、2分の出来事だったが、待機した数日の苦労など、はやぶさと共に飛び去ってしまった。得られた感動は大きく、魂が震えた。2020年の帰還が待ち遠しい。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2014-12-06 16:40 | 九州編 | Comments(11)

いよいよ明日!はやぶさ打ち上げ

強風吹き荒れ、テントが吹っ飛びそうです。種子島よりこんにちは。風速13mを耐えてるテントにエールをお願いします!


いよいよ明日!!楽しみー!\(^o^)/

宇宙ヶ丘(すごい名前だ)展望台には、打ち上げを待つ人たちによる10張以上のテントが並び、テント村ができている。

私も宇宙ヶ丘公園にテント張ろうと思ったのだが、公園に入る道でぬかるみに気づかずずっこけて、カブもろとも泥まみれになったorz そこまで行ったのに心折れてしまい、約14キロ戻ったところの熊野海水浴場にテントを張った。この海水浴場には、私を含むライダーのテントが4張。トイレ、炊事場がある。


天気予報は曇りだが、にわか雨が頻発でテントから出るに出られない1日。明日打ち上げられなければ、小惑星「1999JU3」が遠ざかってしまう。次回軌道に乗せるチャンスが巡ってくるのは8年後らしい。種子島に打ち上げを見に来ることは恐らくできないだろう。

日本人の夢と希望を乗せ、技術者の叡智とプライドをかけたはやぶさ。H-ⅡA(えいちつーえー)ロケットに乗せて打ち上げる。

明日の打ち上げ、そして成功をを祈る。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-12-02 14:01 | 九州編

【速報】はやぶさ2打ち上げ見に行きます!

阿蘇山登った翌日に噴火しました。噴火させたのはこの私ではないかと、疑惑をかけられております。さいちーです。こんにちは。

なんやかんやありましてー

はやぶさの打ち上げを見るべく、種子島に渡ることにしました!

f0350083_17122583.jpg




頑張ってスマホでめっちゃ文章書いたのに、次画面開いたら4/5消えてた。


行ってきます!



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2014-11-30 18:41 | 九州編