<   2014年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ライハ雪月花廊滞在記(旅36日目)

8月10日 喜茂別滞在

喜茂別町にあるライハ、雪月花廊(せつげつかろう)に、天気が回復するまで滞在するつもりだ。

廃校になった小学校を利用している、家族経営のアットホームな宿だ。
f0350083_11163946.jpg

寝袋持込の相部屋で、宿泊費500円(初日のみ登録料+1000円必要)で泊まれる。風呂もちゃんとある。相部屋が嫌な人のために、個室も用意されている。

ちなみに、1泊2食付で2000円で泊まれる破格の宿。ご飯はかかさん手作りで、うまい。
f0350083_11403675.jpg


広い校庭もある。
f0350083_11301181.jpg

校舎の裏にはキャンプ場も完備。私が泊まっていたときは、地域の少年野球の子供たちが親子でBBQをしていた。
f0350083_11312835.jpg


f0350083_11352062.jpg

f0350083_11245962.jpg

f0350083_11287100.jpg

廊下が長いので、移動用にキックボード完備(笑)
f0350083_1127127.jpg


女子部屋と、案内されたのは図書室だった。
f0350083_11365686.jpg

f0350083_11391436.jpg


かつての職員室は、昭和レトロな喫茶室となっている。Wi-fiも飛んでいて、ネット環境も快適。
f0350083_11424241.jpg

本当に居心地が良い空間で、連泊したくなる。夏の間だけ、ここに移住したいとすら思った。
さて、雪月花廊の紹介はこれくらいにして・・・。


1日ライハ滞在してるのももったいないので、天気と相談しつつ道の駅大滝へ行ってみた。世界最大級のログハウスらしい。中の雰囲気も良かった。
f0350083_11462253.jpg

f0350083_11545065.jpg

有珠山の溶岩の岩盤を使った石釜があって、注文後、目の前でピザを焼いてくれる。
f0350083_11555740.jpg

チーズが伸びすぎて手に負えなくなるほど、よく伸びるチーズのモッツレラ。860円でこのクオリティのピザが食べられるなんて贅沢。めっちゃ美味しかった。ここの道の駅に寄ったら、ぜひ立ち寄って食べてほしい。
f0350083_11562260.jpg



で、ライハ戻って、縫い目が解れてきた防水バッグの修繕。といっても、赤いガムテープ貼っただけだが。
f0350083_11571478.jpg
f0350083_11574516.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-19 06:00 | 北海道編 | Comments(2)

夏休み親子教室「かぶのにだいをつくろう」(旅35日目)

8月9日 晴/夕立 喜茂別

なんて登山日和なんでしょう。私は下界に留まることにしました。登りたすぎて発狂しそうでしたが、ここは冷静に。
f0350083_21505872.jpg


宿に滞在していたカイジさんが、手伝ってくれると言ってくれた。貴重な晴れの1日を費やすんだから、何としても完成させねばならない。

ここの女将さん(通称かかさん)が、「敷地内にあるものなら好きなもの使っていい」と言ってくれたので、工具やら廃材やらをお借りする。

ドリルを借りた。でも、歯とドリルが合わなくて空回り。
ざわ・・・・ざわ ざわ・・・・・・・
煙とともに、芳しい木の焼ける匂いがしてきた。穴、開かない・・・。っていうか、カイジさんがほとんどやってくれてて、私は見学してるだけに・・・。
f0350083_2214921.jpg


そこへカジさん(名前似てるけど違う人だよ)がやってきて、ドリルに合う歯を貸してくれた。更に荷台の強度に関するアドバイスもしてくれ、買い出しに行くことになった。やっと私の出番だ。カジさんは仕事に出かけてしまった。

ちょっとそこまで=片道40kmのホームセンターに行く。ところどころK察が張っていたが、荷物を外して身軽になったカブは無敵だ。軽すぎて不安になった。箱まで外して走ったのは、カブ買ってからこれが初めてだ。

気分ははじめてのおつかいそのものだ。メモをもらったは良いが、ホームセンターで、こんな買い物をしたことがない。
f0350083_226543.jpg

f0350083_2271449.jpg

ビスコーナーで、ネジと釘の違いが分かるようになった。長さと直径があるから、間違えないように慎重に・・・。とりあえず、リスト通りに購入し、なんとかカブに積んだ。いつもの荷物たちがいないから、カブがちっちゃく見える。
f0350083_22141220.jpg




帰りに寄り道して、1杯100円のきのこ汁食べて、スイカ買って、日本一周中のリトルカブの青年に会って、充実の帰り道(早く戻れよ)
f0350083_22173534.jpg

f0350083_22175353.jpg

f0350083_2218932.jpg

f0350083_22204673.jpg


作業再開。ホームセンターの往復に3時間もかかってしまった。カイジさん、お待たせしました!
荷台の寸法を測って、カジ歯を使って穴を開けていく。すごいよ、火が起きずに穴が開くよ。念のため廃材で試作品を作ってから、本体の作成を行う。
f0350083_22264984.jpg

f0350083_22272219.jpg

f0350083_22311396.jpg

f0350083_22315037.jpg

サイドバッグが、リアサスで擦れて穴開いてしまったので、思いつきでサイドステーも作ってみる。これなら今のところ干渉しない。
f0350083_22323012.jpg


ついに完成した。予想以上の出来に大満足。ステーは絶対ではないため、またいつか破損する可能性がある。その予兆がないか注意しながら乗っていきたいと思う。
f0350083_22332957.jpg
f0350083_22335417.jpg
f0350083_2234586.jpg
f0350083_22342451.jpg


カイジさん、カジさん、本当にありがとうございました!!!m(_ _)m



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-15 06:00 | 北海道編 | Comments(8)

じ、事件ですっ!ステーぶっ壊れた(旅34日目)

8月8日 晴/にわか雨/夕立 札幌―喜茂別(きもべつ)

f0350083_21104058.jpg


ヒストリー(ライハ)のチェックアウトが、店の開店に合わせての11時だったから、それまでゆっくりブログ更新。時間ジャストでチェックアウトした。R5を小樽方面へ走る。小樽港の看板が出るころ、ちょうど雨が降り始めた。カッパ着用のため、スタンドで給油してもらう。雲を見ると、通り雨のようだった。雨宿りを兼ねて、よき寿司処をスタンドのお兄さんに尋ねた。港近くのお店を教えてくれ、向かうことにした。

スタンドを出た直後に、シャワー‘強’の雨で、身も心も洗い流された。
カッパ着るタイミングがジャストすぎて、自分でも感心した。いやー、いいことあるね(`・ω・)b

お店に着いた頃には小降りになった。和楽に入る。回転寿司だが、注文すると板前さんが握ってくれる。私の苦手な注文だが、注文用紙に書いて渡せばいいから、精神HPが削れずにすんだ。
f0350083_20582883.jpg

f0350083_20583719.jpg


お皿でお値段変わるやつですよ。海ナシ県は、一皿100円が主流ですから、予算と相談しながら食べなければなりませぬ。
f0350083_20585637.jpg

ネタが新鮮で大きく、シャリの3倍近くある。軍艦の海苔は、しっかり海苔の味して存在感がある。私の好きな稲荷はシャリがふわふわで柔らかいのに、皮がしっかり巻かれていて一口食べても型崩れしない。さらに胡麻の香りが香ばしいこと!とても美味しいお寿司やさんでした(´▽`)

その後は、小樽の観光街を散策。人が多い。お土産高い。カニが高くて唖然とする。しかもカニ買ってる人いるし。市場行けばもっと安いのになぁ。
f0350083_20594669.jpg

小樽ガラスが有名なのかしら。ココロトキメクガラス製品がたくさんあった。目の保養になるなー(*>ω<*)買わないよ。
f0350083_210091.jpg

欲しいんだよね~、鹿の角。武将みたいにヘルメットに挿したい。それか、箱の両サイドから出したい!すり抜け出来なくなる。今もう既にサイドバッグがあってできないけど。笑
f0350083_2101025.jpg



羊蹄山は雲の中。
f0350083_21115467.jpg


倶知安(くっちゃん※地名)で、翌日の羊蹄山登山に向けての行動食を調達。
その際、「なんかステーがカチャカチャいうし、なんかフワフワしてる」と感じたが、カギがちゃんと閉まってなかったせいだと思った。


宿に着いて確認すると・・・
f0350083_21203171.jpg

箱外してみると・・・
f0350083_2120112.jpg



なーーぬーーーー!!!Σ(゜д゜;ノ)ノ


ついに壊れてしまった!!


まぁね、確かにバイクショップの人には「重いもの入れないで。どっかで壊れる可能性がある」との忠告を受けていた。このタイミングで壊れるとは。


何が困るかって、一番は羊蹄山中止になってしまったこと。

次にステーが壊れたことが悲しい。


・・・優先順位は分かってます。ステーが先決です。




でもね、北海道最後の晴れ予報なんですよ。分かります?この気持ち。知床方面の山はパス、北海道滞在もカウントダウン。最後に・・・最後に・・・・「今回の北海道最後の山だ」って気持ちで登りたかった。利尻山がまさか最後になるとは思わないでしょ。そんな気持ちで登ってない。心の準備が出来てないまま、最後の登山の中止を突きつけられるなんて残酷だ。心の底から楽しみにしていた遠足が、前日になって中止宣言されたようなもんだ。このやり場のない悔しさ。


改めて分かったこと。
どんだけ山好きなんだ、自分。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-14 06:00 | 北海道編 | Comments(0)

札幌の時計台行ってみた(旅33日目)

8月7日つづき

ランチ後は、市内ぶらぶらしつつ、献血ルーム行って献血した。パンが2個まで食べられたり、献血後に液体洗剤もらったり。札幌は記念品が選べないらしい。洗剤はちょっとかさばるが、旅で結構使うのでもらって嬉しいものだった。

実際に見てガッカリする、日本三大ガッカリのひとつに数えられていることもある、札幌の時計台。思ったよりもガッカリしなかった。地元松本市でいう、旧開智学校
なイメージだった。それよか全然小さかったけど。
f0350083_20251998.jpg

f0350083_2029097.jpg


札幌駅でかかった。駅ビルの書店に水曜どうでしょうコーナーがあってテンション上がった。地元民じゃないのがバレバレ(笑)
f0350083_20291824.jpg


この日の宿泊場所、札幌市内のバイクショップ兼ライハ『ヒストリー』。1泊1000円、男女同部屋。この日は私一人で貸切。ラッキー♪ お店のHPに写真載せられてしまいました(〃▽〃)

店の中に犬1匹、トイレ・洗面台あり(鏡なし)、TVあり。セイコマ徒歩3分、ツルハドラッグもすぐ隣。さすが都市だから、Wimax感度良好。風呂が若干遠く、雨で面倒なためパスした。入ってからくるといいかも。
f0350083_20293268.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-13 23:59 | 北海道編 | Comments(0)

北海道庁ランチ

8月7日 雨 比布-札幌

朝からガンガン走って、昼には札幌に着いた。
北海道は大規模な京都みたいな町で、碁盤の目のごとく、東西、南北に道が伸びている。
「道庁」を示す青看板の記載は皆無で、迷うこと30分。なんて不親切な道(ドウ)なんだ。

立派な赤レンガの旧庁舎。
f0350083_11542896.jpg

GPSでグーグル地図見ながら照合。それっぽいところに入ると・・・

警備員「ここは議会用の駐車場なので、一般者は一回道路に出て180度向こう側の駐車場へお願いします」

と回され、それっぽいところへ入ると

「バイクは、駐車場から出て左側です」と出された。

f0350083_20191070.jpg


それっぽいところ、今度は地下駐車場に入ると・・・


「だめだめ、バイクはここじゃないよ」



と警備員に困った顔をされる。そんな私は泣きそうな顔でした(´ノω;`)

もう一度、一般駐車場へ行き「分かりません!」と言うと、


「ここです、ここ!」

と駐車場から出て案内してくれた。

最初からそうやって、もう20歩、私のために歩いてくれたら、私は・・・私は・・・うぅっ・・・・道庁なんて二度と来るもんかァ(´;ω;`)

不親切な警備員を見ていた職員のおじちゃんが、
「ここだよ、ここ。バイクエンジン切って押しておいで」
と優しく誘導してくれて、今度は人の温かさに触れて泣きそうでした。


「・・・荷物いっぱいで男かと思ったよ」

(゜▽゜;)へ?!



無事にバイクを停めて、カッパ脱いでそこそこ見た目綺麗な格好に変身して、おじちゃんにお礼を言い、道庁内へ突入。

受付で場所を尋ね、地下へ。

サンプル見て、食券買って、お盆持って、ご飯を2種類から選ぶ。普通のご飯と、粟?入りの粒々ご飯。聞き取れなくて、変わってる方の後者にした。
f0350083_20111987.jpg

f0350083_2010464.jpg

f0350083_20102362.jpg
f0350083_20103336.jpg
f0350083_20104431.jpg
f0350083_2010546.jpg


たら照り焼き、480円。ワンコインでお釣りがくるではないか。
f0350083_20121140.jpg


味は・・・・・正直あまり美味しくなかった・・・・(≡ω≡;)

メインのたら、身が硬かった。一度冷凍させて、時間が経ったのを使ってるような硬さを感じた。和え物は美味しかった。いやー、でもメインがガッカリだと、全体の印象が下がってしまう。

駐輪場で親切にしてくれたおっちゃんが、「ここの食堂の飯よりも、議会食堂の蕎麦がうまい」と教えてくれた。私は本庁で食べたいと思ってしまった。そっちに行けばよかったと若干後悔。

北海道庁のリピートはナシですね~。


道庁の探しやすさ★(青看板表示なし)
駐輪場★(一発で分からない)
スタッフ対応★★(警備員不親切、受付は良い)
入りやすさ、雰囲気★★★(普通)
味★(まずい。議会食堂のそばがいいらしい)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-13 12:00 | 県庁ランチ | Comments(2)

大雨の爪跡(旅32日目)

8月6日 曇/雨 稚内―比布

前日の大雨により、洪水警報やら通行止めだか、各所に影響が出ていた。稚内に滞在し4日目。そろそろ南下し始めないとまずい。何がまずいかというと、8月16日に秋田県でたらいこぎ選手権があり、どうしてもそれに参加したいのだ。知床とか、帯広とか行きたかったけど、今回は悔しいけどパス。

道東の旅は、次回の北海道ツーに取っておくことにします!!



私は南下して札幌方面を目指すことにした。札幌Y氏が「洪水警報の音威子府(おといねっぷ※地名)視察に行く」といい、大学3年生の福島氏(バイク何だったか忘れた)が目的地を札幌にしたため、3人で途中まで一緒に行くことにした。

オロロンラインを南下する。利尻島の 土 台 部 分 はわずかに見えてるんだけど、全体は見えない。悔しいので描いてみた(笑)
f0350083_23552046.jpg

※利尻富士イメージ↓
f0350083_2356218.jpg

f0350083_005067.jpg


天塩(てしお)で、スタンドのおじちゃんが「R232が土砂崩れで通行止めだよ」と教えてくれた。つまり海沿いの最短距離は走れずに、内陸路を迂回しなければならなくなった。Y氏の目指す音威子府経由で、R40を下り札幌を目指すことにした。

川が濁流になっている。水位ギリギリで、川岸に生えてる木も笹も、水に浸かっていた。音威子府では農地側の川が溢れ、ポンプで川へ戻す作業をしていた。
f0350083_013752.jpg


音威子府の道の駅で、名物の黒い蕎麦を食べた。寒かったので、温かい蕎麦を注文。普通の蕎麦よりも、蕎麦の風味は薄かった。歯ごたえ控えめ。汁に浸かってたから伸びちゃったのかしら。
f0350083_015590.jpg

f0350083_03728.jpg

Y氏、ご馳走様でした♪(^▽^)
私と福島氏は同じ方面だが、排気量が違うため別々で。ここで3人は解散となった。
R40はひたすら眠かった・・・。そして雨が降ってきたから、カッパ着用。

道の駅でゆめぴりかを購入。2kgもある。最近自炊してないから、自炊しろと自分に言い聞かせる。個人的にゆめぴりかが好きで、粒がしっかりしてて、冷めても美味しいんだよ。一人暮らししてたときに、ネットで結構買ってた。これを食べてしまうと、市販の地元の普通米に戻れない。
f0350083_045619.jpg

100均で、蓋付ビニール袋買って、宿で紙をロウト代わりに詰めた。
f0350083_051268.jpg

f0350083_054125.jpg


雨だし眠いし、体力的に札幌は厳しかったので、行きもお世話になった比布町のブンブンハウスに宿泊。
f0350083_11114363.jpg

あぁぁぁ!!!(゜□゜;)スプーンでこじ開けた。
f0350083_11125861.jpg


私が一番乗りで食事を終えた。自炊スペースにだんだん人が集まってきて・・・宴会。他ライダーが近所のスーパーに買い物に行った際、おばちゃんがお土産に『自宅で調合したタレに漬け込んだジンギスカン』をくれたそうで、8人でジンギスカンパーリー♪♪
フライパン持参してるってすごい!私もフライパン欲しいと思った(笑)
f0350083_1114505.jpg

f0350083_11152692.jpg

ちょうどいいところに花火も上がっていた。風がなくて、空間に煙が溜まってしまい、1発上がっても7割見えない状況。せっかく上がってるのに、もったいない。。。(´ω`;)

この日のライハは大盛況。男部屋満員で、廊下の長椅子、さらに女部屋を半分カーテンで仕切って男部屋兼となる仕様。若干カーテン1枚で不安もあったが、カーテンから半分は私一人で、荷物散らかし放題。広々使えた。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-12 06:00 | 北海道編 | Comments(0)

日本最北端、宗谷岬(旅31日目)

8月5日 曇り 稚内散策

旅に出てもう1ヶ月が経ったらしい。早いもんだ。日付と曜日の感覚がなく、朝起きたときに自分はどこにいるのか分からなくなる、軽い見当識障害です。起床時に「今日は8月○日、×曜日、ここはどこどこ」と呪文のように口に出します。さいちーです。おはようございます。


網走方面、雨。札幌方面も雨。どこ行っても雨なので、みどり湯3泊目を決めた。
f0350083_18361973.jpg

稚内だけ雨雲ないじゃん!!ヽ(・▽・)ノ


すげーーっ!
誰ですか?晴れ男、晴れ女なのは。これはお散歩日和ですね。バイク乗るしかないでしょう。みどり湯に沈没してると、なんだか緑色に染まってきそうな気がします。カビそうです。

札幌Y氏と、神戸カブ氏のおじさま二人も同行してくれ、3人で宗谷岬へ。
f0350083_182303.jpg

日本最北端の地、宗谷岬到達!
f0350083_1874418.jpg

f0350083_1872044.jpg

最北端のトイレ。アタマのおかしい元旦ライダーが集合し、日の出まで寒さを凌ぐので有名なトイレ。
f0350083_1865950.jpg

演歌、宗谷岬の碑が立っていて、スイッチを押すと歌ってくれる。利尻-礼文-稚内のフェリーで、下船が近づくと流れる歌だ。簡単だからすぐに覚えられる。おかげで、ここ最近の私のヘルメット内でそれがテーマソングとなっている(笑)
f0350083_18123984.jpg

f0350083_1824625.jpg

f0350083_18252693.jpg


宗谷丘陵へ。
風力発電の風車の間から、利尻富士の頭が見えた。
f0350083_18262529.jpg

f0350083_1826482.jpg

f0350083_18272280.jpg
f0350083_18283554.jpg



神戸カブ氏オススメの、貝殻の道にも行ってみた。利尻島が見え、青い海、青い雲、白い道・・・。貝殻を粉砕した道は、太陽に反射して眩しかった。稚内だけ青空が見えるなんて、奇跡すら感じる。この南も東も、大雨洪水警報が出てるなんて信じがたい。
f0350083_18315045.jpg

f0350083_1832179.jpg

f0350083_18322328.jpg

f0350083_18331837.jpg


冬になるとハクチョウが来る、大沼へ。この時に限り、鳥は一匹も見当たらず・・・。
f0350083_2113095.jpg


稚内道の駅近くのデノーズで、3人でランチ。でかくて、フォークとナイフが付いてくる。4分の1ずつ切り分けて食べる。サラダ+アイスコーヒーセットのセットで1030円。
f0350083_2115174.jpg

f0350083_21152883.jpg
f0350083_21152365.jpg

f0350083_21164498.jpg



その後、実家にカニ送りたいといったら、おじさま二人が買い物に付き合ってくれた。新鮮な生カニを扱っていて、注文後に冷凍してくれる。
f0350083_9232037.jpg

市場のお兄ちゃんに箱代サービスしてもらい、無事にカニを送った。任務完了!

稚内半日お散歩コースが終了し、市場で解散。私はブログ更新のため、稚内の最北端マクドナルドへ向かった。昨日みたいに宿でブログ更新しようとすると、おそらく話しかけられてちっとも進まない気がしたから。最北端ドナルドがベンチに座っていたけど、写真を撮り忘れた(´∀`;)そしてブログ更新に集中しすぎて、20時を回ってしまった(笑)

早く帰らないと21時の恒例行事が始まる。。。。

なんだ、この義務感・・・




この日も始まりましたよ。女将さんがマイク持って喋って、ミラーボールが回って、自己紹介をして。3日目になると、次の行動が予想できるから、ココロの準備ができますね。初めての出来事に戸惑い、嫌々やってるライダーもいましたよ。えぇ、あれは間違いなく3日前の私ですね。

今日も肩組んで歌います。

♪果てしない~ 大空と~

だんだん楽しくなってきました。



・・・・ハッ!!みどり色に洗脳されてるΣ(゜д゜;)



by chidorigo | 2014-08-11 06:00 | 北海道編 | Comments(2)

みどり湯で沈没(旅30日目)

8月4日 稚内

3日の夕方に稚内のライハみどり湯に到着。銭湯に併設されているライハで、1泊1000円。銭湯は別途420円が必要。

f0350083_1771236.jpg


ここのみどり湯、熱っ、熱すぎる。シャワーの温度調節ができず、直接体にかけるのをためらう熱さ。シャワーがおかしいのかと思い、隣のシャワーに移動するが、それでも熱い。その隣の(たぶん)地元民に「移動してもどこも一緒で熱いと思う」と言われた。その人普通にシャワー使ってるし、熱くないもんだと思うじゃないですか。でも全身真っ赤だったから、熱いらしい。洗面器2個使って水で調整しながらかけ湯した。湯船は入れたもんじゃないから、これで420円は高いと思う。この苦労をするなら、コインシャワーで十分だ。

f0350083_1774521.jpg

部屋はベッド+布団あり。シーツなし。気になる人は寝袋使用。



若い人が多い印象。
宿に着くなり、外のベンチで男女ぺアで話込んでる人たちに迎えられた。
口説いてるのかー(’д`;)吐き気が。嫌悪感が。


そして部屋でゴロゴロしてると、21時になった瞬間に女将さんがノックしに来る。


「ハイ、写真撮るよー!」

はい?(゜д゜;)


恒例行事で強制参加らしい。テンション下がる私。

宿泊者のカメラを預かり、順番に写真を撮っていくし。

しかも、照明落としてミラーボールが回る中自己紹介が始まるし。
自己紹介のおかげで、男女ペアは夫婦or恋人だと判明して私の中の誤解が解けた。

f0350083_9244322.jpg

うわー何これ、最悪・・・(たぶん顔に出てた)
協調性がなくて困る平成生まれです。


最後は肩組んで松山千春歌うし。泊まったことを全力で後悔した。
f0350083_1784259.jpg

ほかのライダーが「みどり湯いいよ」というから泊まったんだが、私の性には合わない宿だった。確か誰かが「最後に歌うよ」とか言ってた気がするけど、軽く聞き流してた自分が悪い。


もう二度と泊まるか!!
と思った翌日も雨で、連泊決定!(・∀・)b



4日 雨

1日中雨で、宿の談話室でブログ更新。
入れ替わり立ち代り人が来て話しをし、 聴き上手な私に乗せられて 気持ちよく話をしていく。聴きながらパソコン打つなんて器用なことできないから、ちっともブログ更新進まないー(=д=)

チャリダー日本一周のわっち氏と仲良くなり、ぐだぐだ恋愛トーク(笑)

神戸カブのおっちゃんと
仲良くなり、カブを見せてもらう。コタツの足を折りたたみ式のサイドステーにしてた。工夫してるなぁ。
f0350083_17275074.jpg

f0350083_17404119.jpg


結局1日でブログは2日分しか書けず。楽しくお喋りした1日だった。

21時の恒例行事はこの日もあった。昨日ほどの嫌悪感はなかった。
生まれは平成ですが、『大空と大地の中で』は歌えます。若いライダーの中には知らない人もいて、とりあえず肩組んで揺れてる人もいた。

天気悪くて、明日も連泊・・・。



by chidorigo | 2014-08-10 06:00 | 北海道編 | Comments(3)

礼文島へ渡る(旅29日目)

8月3日 曇/にわか雨 利尻島-礼文島-稚内


朝一の便で礼文島(れぶんとう)へ渡った。風が強く、涼しいを通り越して寒さを感じた。
f0350083_104697.jpg

f0350083_1043078.jpg


礼文島には、島をぐるっと回れる道がなく、西半分はトレッキングコースが整備されている。晴れていれば、1泊してトレッキングする気があった。でも天気は曇りで、翌日は雨予報も出ており、夕方の便で帰ることにした。
f0350083_1051241.jpg


ここ礼文島は緯度が高く、海抜0mで既に森林限界を超えている。そのため、背の高い木々は生えず、笹薮の丘陵地帯が広がっている。山に登らずして、容易に高山植物を鑑賞できる場所として人気がある。本州では2000~3000mのアルプスに相当する。冬はそれだけ厳しい。
f0350083_10115758.jpg


花の町を全面的に推してて、そこらのアパートから、マンホールまで花が描かれていた。固有種が幾らか存在し、代表格がレブンアツモリソウ。ゆるきゃらになっていた。
f0350083_101433.jpg

f0350083_10122121.jpg

f0350083_10143329.jpg

f0350083_10161617.jpg


雪崩も頻発するようで、スノーシェッドも数箇所あった。
f0350083_10171432.jpg



島の東側の道をバイクで北上。途中、金田ノ岬に寄り道。少し沖の波しぶきがかかる岩の上になんかいる!カラスみたいな、ペンギンみたいな、オロロン鳥だ!!ウミガラスのことで、「オロロロロ~」と鳴くからそう呼ばれている。肝心な鳴き声は、風と波の音でここまで届かなかった。
f0350083_1072087.jpg

f0350083_1073571.jpg


島の最北端、スコトン岬に到着!岩礁が続く先に、トド島がある。トド島へは、船をチャーターしないと上陸できない。この岬が、一般的な観光で行ける観光島の最北端となる。
f0350083_105544.jpg

f0350083_1062375.jpg


昆布ソフトは、氷の粒が入っててシャリシャリしてたが、コンブ感がよくわからなかった。
f0350083_108112.jpg

f0350083_1083576.jpg


お土産コーナーを物色。トド缶ですか・・・。気になる珍味。鯨肉みたいな味がすると、缶に書いてあった。高いので見るだけ。
f0350083_1093150.jpg

f0350083_109147.jpg




フェリーターミナルに程近い海鮮処かふかで昼食。ツーリングマップルでもオススメされている、ホッケのちゃんちゃん焼きを注文。「ちゃんちゃん」というのは、魚に味噌を塗って、野菜を乗せて焼く料理のことを指す。海なし県の私は、ホッケといったら干物しか食べたことがなかった。ここのは生ホッケ!!ふっくらしてて美味しかった。
f0350083_1010580.jpg

f0350083_10101912.jpg
f0350083_10104171.jpg

さらにプラス500円でウニが付くというので喜んで注文。生か、焼きかを選べた。大将オススメは焼きだったので、それをお願いした。ここのウニは甘い!!香ばしい風味と、濃厚な身、そして口の中に広がる甘さ。ナカノヒトは、以前のうに丼のときよりも暴れなくなってきた。舌が肥えてきたよ?

f0350083_10105725.jpg

炭火で焼いてくれるのだが、ホッケに火が通る頃を見計らって、対象が茶碗に取り分けてくれる。美味しすぎてご飯がどんどん進む!こんなにもりもり食べたの久しぶり(笑)


その後は桃岩へ。駐車場にあるマットで、外来種の種を持ち込まないよう、靴の裏をきれいにする。徒歩5分で展望台へ着く。岩が桃の形をしていて、そのまんまのネーミングセンス。予想以上に桃だね・・・!!
f0350083_10155786.jpg

f0350083_1018123.jpg

下ったところにある展望台から見る桃岩の方が、より桃らしかった。
f0350083_10174267.jpg

角度を変えると、可愛らしい桃は、溶岩ドームだということが分かる。迫力があった。
f0350083_10194828.jpg


そこから程近いメノウ浜メノウ拾いに挑戦。満潮間近で波が迫る。しかも天気悪くなるから、波が高め。波ぎりぎりを歩くと、塩水を浴びる。新潟県の瑪瑙が、海流に乗ってここまでたどり着くそうだ。どれがメノウか分からなくて、近くの売店のおじちゃんに聞いたら教えてくれた。ただの石ころの海岸から、メノウがなんとなく分かるようになった。台風の後なんかは、握れるくらい大きな瑪瑙が拾えることがあるそうだ。瑪瑙=緑色かと思っていたが、緑のは出雲の瑪瑙。ここで拾えるのは白い瑪瑙だった。
f0350083_10214259.jpg
f0350083_10222384.jpg
f0350083_10224034.jpg
f0350083_1023068.jpg

映画『北のカナリヤたち』の舞台となったのが、礼文島で、ロケ地が保存されているらしい。行ってみたら道が工事中で、迂回させられた。しかもダーーートなんて聞いてない(泣)ダート先の駐車場から、さらに徒歩15分もかかるそうなので、やめて途中で引き返してきた。
f0350083_10322577.jpg

f0350083_10312651.jpg

f0350083_10304859.jpg

この先に利尻富士がどーーんと見えれば最高なんだけど。まあ雰囲気だけ。イメージで・・・。
f0350083_1032115.jpg


1日観光してたら、フェリーの時間になった。さようなら、礼文島。
f0350083_1034119.jpg



~おまけ~
f0350083_1028142.jpg

f0350083_10281880.jpg



by chidorigo | 2014-08-09 06:00 | 北海道編 | Comments(2)

最北端の百名山、花の利尻山

8月2日 晴 (旅28日目) 利尻山(1,721m)登山

f0350083_18481861.jpg


f0350083_1851641.jpg


行程 8時間30分
歩数 2万8千歩
歩行距離 16km


つづき
by chidorigo | 2014-08-08 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(2)