<   2014年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

オロロンロンロ~ン(旅27日目)

8月1日 比布(ぴっぷ)-サロベツ原野-稚内


8月に入ってしまった。

8月・・・

蝉が鳴き
スタンド食い込む アスファルト


適当に一句できたわ(笑)

まぁ、いつもならそんな季節となりました。



いやーー、北海道って寒いですね(ゝω・)⌒☆←この絵文字をよく使ってくれた、高校時代の仲の良かった友人が自殺したと連絡を受けました。私は、この世界、この時代で生かされていると思います。生かされているから、与えられた分は生きなければならない。自分の居場所は必ずどこかにある。探すのが人生だと思う。自分で生きるからこそ意味がある。あなたの代わりはいない。あなたの分は、あなたの分。私はどうやってもあなたの分は生きられない。とても哀しい。
死んだらそれまでなので、事故らないように今月も頑張ります。
あ、迎えはまだいらないからね。


この日はひたすら北上する日。見たこともない農耕車と乗せたトラックが走っていた。
f0350083_1744947.jpg


道の駅天塩近くのお蕎麦屋さん、田舎屋で昼食。
f0350083_1762060.jpg

この町の複数の飲食店推しの『タコキムチ丼』。パン粉をまぶした蛸を揚げて、卵に絡めた親子丼みたいなイメージ。まずまずの味。
f0350083_1773211.jpg


長い長いワインディングの霧立峠を越え、ひたすら北へ~

干草ロールだ!北海道感発見!!
ま、マシュマロが落ちてるみたいだ!!!
f0350083_17111018.jpg


サロベツ原野は、ただただ広かった。
f0350083_17132229.jpg

f0350083_17162869.jpg

f0350083_1718029.jpg

f0350083_17195782.jpg


オロロンラインに合流!そうそう、この道を走りたかったんだ!!

f0350083_1730383.jpg

f0350083_17295045.jpg




稚内に到着し、かの有名な北防波堤ドームへ。
f0350083_1732561.jpg

f0350083_17331129.jpg

白黒にすると、遺跡感が出て好き♪
f0350083_17435419.jpg



f0350083_17451851.jpg

f0350083_1754227.jpg

f0350083_17573149.jpg

陸自駐屯地のレーダーがポコポコ。
f0350083_17562275.jpg


ツイッター仲間のまーさんが、ノシャップ岬付近のカエルロードをお勧めしてくれた。

カエル~♪カエル~♪
ノリノリで向かう。高まる期待・・・

あ、あった!これだ!
f0350083_1853687.jpg

f0350083_1814345.jpg

f0350083_18897.jpg

f0350083_1824092.jpg

こ、これは怖い・・・泣く子も黙る。ミッキー風のとか、どらえもん風のとかもあった。
f0350083_1833012.jpg

浮きを使って作られており、手作り間満載。確かに蛙だけど、カエル違いだった。

f0350083_1891516.jpg

利尻島へ渡る、フェリーの時間が迫る。
f0350083_1895644.jpg

f0350083_18121453.jpg

f0350083_18131071.jpg

スーパーの寿司、ワンコイン。正直期待してなかったが、値段の割りにはうまい!!いや、値段以上のクオリティーだ。しかも生マグロ使ってるし。さすが港のある町は違う。
f0350083_181412100.jpg


1時間40分の船旅の後、利尻島へ到着。稚内からは霞んでて見えなかったが、島はスッキリ晴れていて、利尻岳(利尻山、利尻富士)がくっきりと見えた。
f0350083_18175598.jpg

っていうか、頂上付近のあの急登、やばくね??Σ(゜д゜;)
凶悪さを感じるんですけど。



f0350083_18243368.jpg

f0350083_1827144.jpg


旅に出て、初めての夕焼け撮影会。納得できる1枚が取れるまで楽しんだ。

ライハに宿泊。





by chidorigo | 2014-08-07 06:00 | 北海道編 | Comments(2)

美瑛青い池はダム湖(旅26日目)

7月31日 曇 美瑛-旭川


ライハを出て、美瑛の観光ポスターを飾っている青い池へ行ってみた。
f0350083_15125461.jpg

ネーミングがそのまんますぎる!!(笑)



遊歩道が整備されていた。そしてもここも中国人多し。
f0350083_15273539.jpg


白濁した青。率直な感想としては、想像していたよりも青くなく、感動も薄かった。もっと透き通った青を期待していた。ダム湖の青緑より、やや青寄りの青だが、ダム湖と大差ないように感じた。木々の間から遠巻きに見た池面の方が綺麗だと感じた。

ここのブルーは、青池ブルーと勝手に呼んでみたり。『○○ブルー』と付ければそれっぽく聞こえ、観光客が来てくれるだろうという考えは安易だと思う。・・・と思いながらも、それを見に行ってしまう人は多いだろうなぁ。

f0350083_15141314.jpg

要約すると、主に近くの温泉成分に含まれるアルミニウムが溶けており、まあいろいろあって青く見えるらしい。でも青く見える明確な理由は解明されていないというから、浪漫があっていいじゃないっすか。
f0350083_15174727.jpg


美瑛の道の駅に寄り道。青い池サイダーなるものを発見!!(*゜ω゜)wkwk
f0350083_15153655.jpg

私「青い池サイダーってどんな味するんですか?」

無表情の店員さん「普通のサイダーです(ニコッ」

営業スマイル怖いよー(((゜д゜;)))


とりあえず全部、どんな味なのか聞いてみた。
f0350083_15161351.jpg

そしてこれにした。夕日の丘サイダー!!

ハスカップが少し入ってるのいうので、期待して・・・・飲んでから気付く。




ハスカップってどんな味するんですかね??(・∀・)




炭酸がやや強くて、口の中がチクチクする。ハスカップ味が分からないので、私には普通の甘い炭酸サイダーでした。



美瑛は丘からできているといっても過言ではない、丘陵地帯だ。いろんな丘に名前が付いている。その中でもライハのオーナーお勧め、就実の丘へ入ってみることにした。

オーナーから「鬼畜のように分かりづらい道だからね」と脅される。

確かに分かりづらい道で、2往復してしまった(笑)
f0350083_1553622.jpg

f0350083_1557198.jpg

f0350083_15595475.jpg

広いね~。さすが丘の町。晴れていれば、大雪山系~十勝連峰が一望できる。
f0350083_1623518.jpg

この先はダートだよ、とオーナーに教えてもらったにも関わらず、忠告を無視して進むと、その通り。砂利深く、デコボコのダート。泣きそうだった。

旭川まで下ると、暑かった。暑い中、昼食に熱いラーメンを食べた。
f0350083_1693878.jpg

もうね、高温の炭水化物摂取による体温上昇に伴い、額から首筋、背中に汗が流れ落ちるのを感じられた。下界でこんなに汗かくのは、今シーズン初だよ。

旭川のアウトドアショップ秀岳荘に寄ってみた。登山用品は一通り揃っていた。品揃えもまずまず。沢登りコーナーやキャンプ用品も取り扱っていた。地元のカモスポには劣るものの、見るだけでも楽しい店だった。アウトレットコーナーで、気に入ったミレーのTシャツ(ラス1)を買ってしまった・・・(>ω<)うふふ♪

この時点で15時に。北上する気が失せたため、マックに引きこもりブログ更新。21時までのチェックインギリギリにライハに滑り込んだ。

比布(ひっぷ)にあるブンブンハウスに宿泊。
f0350083_1613579.jpg

協力金300円、男女別各1部屋、13畳のタタミ部屋。公民館みたい。コインシャワー、コインランドリーあり。

彼とタンデムして来た女の子がいて、「コンビニに入ってくる」と言い残し1時間半は帰ってこなかった。心配になったが、彼と一緒だろうと思い、私は先に就寝。翌朝にはちゃんと隣で寝てた。

「一人で歩いて行ってきた」らしい。片道4km(街灯ない場所多し)はあったと思うよ?!
2時間かかっての買出しとは。オイ、彼氏!!(笑)




by chidorigo | 2014-08-06 06:00 | 北海道編 | Comments(0)

十勝岳~富良野岳縦走

7月30日(旅25日目) 晴

天気も視界も良好、山日和!!!

ライハで知り合った和河童氏が一緒に行くと名乗りを上げ、一緒に登った。

f0350083_13946.jpg


<ルート>
十勝岳温泉7:00-上富良野岳-上ホロカメットク山-十勝岳11:30-上ホロ(巻き道)-上富良野-三峰山13:11-上富良野岳14:36-富良野岳分岐-上ホロ分岐16:09-十勝岳温泉17:06

トータル約10時間 3万6千歩 


また前日の旭岳データ残ってて、変な感じになってるけど・・・



つづき
by chidorigo | 2014-08-05 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(0)

北海道最高峰登頂!(旅24日目)

7月29日 快晴 大雪山、旭岳登山(2,291m)

私が北海道で最も楽しみにしていた山のひとつ、大雪山へ行ってきた。大雪山という山はなくて、大雪山系の山の総称をそう呼んでいる。北海道最高峰、旭岳に登ってきた。

北海道に来て1番じゃないかと思う快晴だった。

遠方にはトムラウシ山を始め、十勝連峰の頂上部が頭を出していた。
f0350083_8183633.jpg


<ルート>
ロープウェー駅-姿見ノ池-旭岳-裏旭-間宮岳-中岳温泉-裾合平-ロープウェー駅
行程6時間

途中でGPSの電源を間違って落としてしまったから、変なルートになってるけど、一応添付↓


つづき
by chidorigo | 2014-08-04 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(3)

旅のカブ主と偶然の出会い(旅23日目)

7月28日 晴れ 夕張-日高-富良野


朝、出発前に「箱にステッカー貼らないの?」って話になり、ついに・・・
f0350083_19123842.jpg

マンガさんがカブの白箱に描いてくれた。これで少しステッカー貼りやすくなるかな。
f0350083_19175639.jpg

似てる?似てない?
個人的にはあんまり似てないような・・・・(笑)

それとイラストのとおり、今更ですが私は女です。
ぁ、皆さん気付いてましたか。そうですか^^

宿を出て、目指すは美瑛。

北海道って自衛隊の人が多いし、普通にコンビニにいたりして驚く。が、それが日常の光景のようだ。
f0350083_19185042.jpg


道の駅日高で昼食を食べ、カブに戻ると2台のカブに完全にロックオンされていた。
f0350083_19232459.jpg

旅してる他のカブ主を今回の旅で初めて見たから、嬉しかったり。

ん??この青カブ、見たことある!!!
トミーさんだ!!

赤カブのmakiさんと一緒だった。

リアタイヤがスリップサイン寸前とのことで、急遽交換してくれることになった。トミーさん仕事が早い。ソッコーで近所のバイク屋に電話し、タイヤの在庫を確認。3台でバイク屋へ。

f0350083_19304898.jpg


なんてありがたいんでしょう。
f0350083_1934725.jpg

トミーさんの手際の良さに感動しながら、交換を見学させてもらった。
f0350083_19343010.jpg

f0350083_19344723.jpg

ついでにオイル交換まで・・・!どうもありがとうございました。
f0350083_1935384.jpg

f0350083_19351710.jpg

荷物満載のカブが3台も並ぶと、存在感あるなぁ。迫力が違う!!
カブ主って繋がりだけで、ここまで良くしてくれるなん\(^o^)/ 旅の出会いに感動した。

バイク屋の駐車場でカブトークをしていたら、2時間も経っていた。お二人と別れ、富良野を目指して走る。
f0350083_1950131.jpg

なぜか白黒モードだった。

国道脇の農道から、(左から)美瑛岳-十勝岳-富良野岳の素晴らしい眺望。
f0350083_19551140.jpg

十勝連峰を望む。あれに登ってやろうじゃないか!!
f0350083_19565623.jpg


f0350083_19573713.jpg

f0350083_19582517.jpg

f0350083_19592981.jpg

f0350083_2002245.jpg


富良野~美瑛は誘惑が多すぎる(≧▽≦)

THE☆北海道

って風景が広がっていた。寄り道しまくったせいで、美瑛に着くころにはすっかり日が沈んで暗くなっていた。

ライハ、蜂の宿に宿泊。1泊500円。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-08-02 06:00 | 北海道編 | Comments(4)

タルマエロマエ(旅22日目)

7月27日 雨 樽前山(たるまえさん)登山

起床時、ところどころに青空が見えていた。雨予報だったが、これは山に登るしかない!と思い準備。
前日、宿泊ライダーのマンガさんと、大将(ここのオーナー)に、

「樽前山いいよ!登った方がいい」と唆された。

仙台のゲストハウスで知り合った北海道のスタッフにも「樽前山いいよ」と言われており、登ってみることにした。

マンガさん「ほんとに行くらしいよ、フフフ(^m^)」
と意味深な笑み。大将と絶対雨だよ~なんて話してる。いいんです。今日しかないんです。降るなら来い!

なんて言ってたらザーザー。カッパ着用で宿を出る。登山口まで舗装路だったが、路面はボコボコで砂利もあって、相方が「後で洗車しろよ」と言わんばかりに泥だらけ。

f0350083_1815130.jpg



登山口からせっせと登り始める。ガスってる・・・。
f0350083_1754423.jpg


おや??登っていくほどにガスが晴れていくではないか。青空まで!!
f0350083_1821367.jpg

f0350083_1833765.jpg

f0350083_184385.jpg

小一時間で外輪山取り付けに着いた。
f0350083_1855284.jpg

樽前山のへそ、溶岩が隆起している。ガスも出ている。
f0350083_18211040.jpg


強風極まりない強風が吹き荒れており、マイケルジャクソンもびっくりする強風でまっすぐ立てない。60度くらいまでなら前傾姿勢をキープできた。コイノボリを泳がせたら、千切れて飛んでいくだろう(笑)フリーハンドで図解。
f0350083_1812641.jpg

稜線歩きは転倒・滑落リスクが高すぎるため、やむを得ず中止して下山した。ぐるっと回ったら楽しいだろうな。

しかし、下山時に見えた景色は素晴らしかった。私が山に登って見てきた風景は「山の向こうに山」だった。ここは違う。青い水を湛えた支笏湖に、どこまでも広がる原生林。
支笏湖の美しさを表現する色は、支笏湖ブルーと呼ばれるらしい。
f0350083_1823850.jpg

f0350083_1823582.jpg

f0350083_18275381.jpg

午前中には登山終了で、1日の予定が終わってしまった(笑)2時間ほどの行程で不完全燃焼だった。

支笏湖対岸から樽前山を望む。頂上付近はガスがかかっていた。支笏湖は波が高い。日本で田沢湖に次いで2番目に深い湖であり、急に深くなるため遊泳禁止であった。あまりにも深すぎて、貯水量はなんと琵琶湖に次いで2番目に多い。
f0350083_18455740.jpg


支笏湖休暇村の温泉に行った。肌がすべすべ、ぬるぬる!!今まで入った温泉の中で上位に入るぬるぬる具合だった。疲れてないけど疲労回復!(?)
※タイトルはただのダジャレです。気にしないでください。
いや、でもここの風呂ほんと良かったですよ。それを言いたくて、このタイトルになったんだから(笑)


休暇村ロビーの談話コーナーで、千葉2・栃木1のオジサマ3人組に絡まれた。その方たちも山好きで、北海道の山についていろいろ教えてもらった。4日の行程で、ガス缶7本も持ってきたらしく(゜▽゜;) 私の応援にと、まるちゃん製麺3食と、プリムスのガス缶等々たくさんくれた。
f0350083_18533635.jpg



宿に戻ってから、マンガさんがカレーパーティーをやるとのこと。一緒に町まで、山荘の軽トラで買出しへ行った。町まで片道30kmのドライブ!!遠いなぁ。町に下りてから、お勧めの2軒のパン屋に寄ってくれた。千歳周辺はパン屋激戦区だという。フルールブラン黄金のメロンパンがふわっふわっ。あまりの美味しさに、始終無言だった(笑)
f0350083_18403644.jpg

もう1軒、モリモトでは、パンの量り売りをやっていた。ミニサイズのパンが、1g1.5円。4つ買っても100円ちょいでお買い得。そしてうまかった。


豪雨の中、宿に帰ってカレー作り。軽トラの荷台に乗せた食材がびしょびしょに。
暴風雨すぎて、何度コンロの火が消えたことか。分量の倍あるたまねぎをじっくり煮込む。
f0350083_18513380.jpg

ほかのライダーさんからの差し入れで、食べごろメロンいただきましたー♪♪
f0350083_18523539.jpg

みんなでつまみ食いして、夕食前にメロンが無くなっていく・・・。
f0350083_1855275.jpg

なんて鮮やかな夕食なんでしょう!!
左側のキャベツのおつまみは、持参の鰹節を使って私が作った(っていうアピール)
f0350083_18551722.jpg


なんでカレーパーリーをすることになったかというと、雨だから動きたくない60代ライダーがライハで連泊しており、暇だからと町までパチンコに行ったら勝ったらしい。それで出資してくれたのだ。いろいろ突っ込みどころがあるが、さておき。おかげでいいお肉を買わせてもらいました~♪

2時間半かけて作ったカレーは絶品。みんなでわいわい楽しい夕食でした(^▽^)



あと、気になったもの。
f0350083_18581339.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2014-08-01 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(4)