<   2014年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

富山県庁ランチ

9月24日(旅81日目) ひるがの高原―富山市街散策

いつも通り6時起床。やる気があったので、昨日スーパーで仕入れてきた松茸を使って、松茸ご飯と味噌汁を作る。
f0350083_8494636.jpg

いい香りで癒される。ちょっと味付けが薄く、醤油をもう一回足せば良かった。松茸の良いのは香りだけ。キノコの味なら舞茸だし、歯ごたえはエリンギの方が断然良いと思った。

いいものをゲットした。今夜の宿一覧表。これは非常に使える。
f0350083_921945.jpg



午後から雨予報だったので、富山市内で1日過ごそうと考えた。


県庁に向かう。駐車場の警備員に「何課に御用ですか?」と尋ねられた。何課といわれも・・・・食堂の分類を考えていたら、答える前にバイクの駐輪場を教えてくれた。
f0350083_8482090.jpg

正面から階段を上って、入ると2階に受付がある。まさか正面の階段を上がるとは思わずに、庁舎内をぐるっと1周歩き回ってしまった。入り口が非常に分かりづらい。

富山県庁はコンクリの重厚な造りで、火事になっても燃えなさそうだと感じた。


食堂到着。まずメニューを選ぶ。ワンコイン定食の品数の多さ!!
f0350083_8561558.jpg


券売機で食券購入。
f0350083_8565729.jpg


食券が紙じゃない!!使い回せる!!なんてエコ!!!
f0350083_8575034.jpg


この中から2皿選ぶらしい。1皿だけだと思ってたら、「2つ取ってね」と食堂のおばちゃんが教えてくれた。2つもいいんですか!!
f0350083_8583224.jpg



こちらが富山県庁食堂の、「ワンコインランチ」500円。量が多く、満腹。
f0350083_8593333.jpg

残念なのは米。「富山は米がうまい」と謳っている割には、そうでもなかった。量を求める人にはオススメできる食堂だった。


受付対応★★★
県庁の雰囲気★★★
県庁までの案内板★★★
駐車場★★★
味★★
リピート:ない。わざわざ行って食べるほど、もう一度食べたいと思わない。

>>午後はこんな感じで過ごしてた
by chidorigo | 2014-10-07 12:00 | 県庁ランチ | Comments(0)

郡上のうなぎ最高(旅79-80日目)

9月22-23日 晴 下呂―郡上―ひるがの高原

美濃加茂市でうだつのある町並みをぶらぶら歩き、和紙の雑貨屋が多くてトキめいた。
f0350083_11393159.jpg

f0350083_1149157.jpg


これが『うだつ』。火災の際に、延焼を止める防火壁の役割があって、金持ちの家しか付けられなかったらしい。「うだつが上がらない」の語源。
f0350083_1211568.jpg



定期的に郡上市のうなぎが食べたくなるので、食べに行った。
旅の出発前にキャンプ練習に来たのを思い出す。

魚寅(うおとら)へ。
上質!旨い!高い!
の三拍子。
f0350083_11194645.jpg


メガ盛りっす。最高に美味しかった。
f0350083_11212059.jpg



サンプル屋で、カブトムシの天ぷらを見つけてしまった。
f0350083_11323611.jpg




大滝鍾乳洞へ行ってみた。入場料1000円。私は鉱山とか、洞窟の類が好きだから、高い入場料は趣味への投資になる。
f0350083_11225828.jpg

f0350083_11234961.jpg

1cm伸びるのに100年かかるそうだ。万が一ポキッと折ったら、残りの人生を捧げても到底許されそうにない。
f0350083_11264757.jpg

見えなくもない。
f0350083_11304189.jpg


洞窟の中に滝があった。だから大滝鍾乳洞と呼ばれているのだろう。落差があっても、水量は少なく小規模な滝だった。水源は未確認だが、最低でも4kmは流れてこの滝に至っているそうだ。
f0350083_11282556.jpg



ひるがの高原、牧歌の湯で温泉博士を発動し、観光協会の屋根の下を借りて就寝。
f0350083_11352053.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-06 06:00 | 東海編 | Comments(1)

下呂温泉こんな混浴入れるか(旅78日目)

9月21日 晴 飯田―土岐―下呂

泊めてくれなかった友人と待ち合わせて、下呂ツーすることになった。(まだ根に持っている)
清内路峠は11度表示だった。通りで寒いわけだ。


国道19号沿い。稲刈りが済んでいる。気持ちがいい秋の天気だ。
f0350083_10512252.jpg



土岐アウトレットに寄って、ウィンドウショッピング。ぶらぶら歩き回って、結局何も買わずに終わる。旅人は、荷物を増やさない努力をしなければならないのだ。アウトレット内の友人オススメの定食屋に入る。ご飯のお代わり自由で、モチモチの五穀米、玄米、サンマの炊き込みご飯の3種類から選べた。めっちゃ美味しかった。
f0350083_10524831.jpg


下呂に向かう途中の道の駅からの景色。
f0350083_10554689.jpg


f0350083_10581644.jpg



橋の下には、無料の混浴露天風呂。レベル高すぎるよ?こんな真昼間から入れない・・・(笑)ここは水着着用。
f0350083_10593073.jpg



温泉(↑の露天じゃないとこ)入って、解散。友人は翌日の仕事のため帰っていった。カレンダーを見ると、世間は飛び石連休だ。真ん中休むと・・・・4連休になる!9月いいよな、連休があって。私が働いてた頃は、土日祝日関係なく、夜勤ありのシフト制だった。そして休みは公休-1日だった。翌月に+1日取れるかというと、そんなことはありえずに、翌月も公休-1日が普通だった。休日分はカネで清算される。休みが欲しくてしょうがなかったあの頃・・・。ま、今の私は、長い長い夏休みだから関係ないのさ~。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-05 06:00 | 東海編 | Comments(0)

チェーンとスプロケ交換(旅77日目)

9月20日 松本―飯田 昼神温泉泊

泊めてくれた同期にお礼をいい、松本を出発。

ひたすら南下していく。飯田でチェーン交換の予約をしているので、タイムリミットは17時。

先日、飯田の友人ライダーが、名古屋のバイク屋に遊びにいくと聞いたので、お遣いを頼んだのだ。ブツを受け取るために飯田で待ち合わせた。

ハラホンダでカブを預け、チェーンとスプロケ交換をお願いした。
友人バイクにタンデムし、ぶらり飯田プチツー(笑)
タンデムこえぇぇ((((゜д゜;))))


冗談半分で友人に泊めてくれといってみたら、実家だから無理と笑顔で断られ(ぇ、どういうこと?独居なら頼まないがww)、じゃあガレージにテント張らせてくれと頼んでみたら、それも爽やかに断られた。好青年に爽やかに断られるとか、嫌味がないからむかつく(笑) チッ。 まあ全然困らないが。
※そいつもこのブログを知っているので、決して陰口ではない。


バイクを引き取りにいって、整備士のお兄さんに「日本一周がんばって」と、めっちゃ応援されて嬉しかった。ホンダの軍手もらってしまった(>ω<)v



しょうがないので、昼神温泉の国道沿いにある東屋泊になった。山の中、寒ぅぅ。朝は気温ギリ2桁だったと思う。今年最も寒い朝だった。そして国道沿いで車の往来がうるさく、若干不眠気味・・・。
f0350083_1033725.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-04 06:00 | 甲信越編 | Comments(2)

地元滞在記(旅72-76日)

9月15日~19日 長野滞在

旅の日数としてカウントしていいものか迷う。
出発してから何日経ったかをカウントしていきたいから、カウントしよう。


長野に戻ってきて、ほっとする時間もつかの間。
友人と会う約束がてんこ盛り(ってほどでもないが)で、各所へ行ってきた。


友人と上越へ遊びに行ってきた。
堤防の上で、リア充ショットを撮ってみた。連写じゃなきゃ撮れない。意外と難しい。
f0350083_8583665.jpg

最近の女性向バイク雑誌のショットは、こんなのばっかりで、正直うざい。そのまま海に落ちろと思う。



それから妙高山登山口にある燕温泉へ。ここは無料の露天風呂が2箇所あり、白濁した硫黄泉。1つは混浴。もう1つは一応男女別になっている。簡易更衣室がある。覗こうと思えば簡単に覗けるし、乱入できる。
f0350083_9321318.jpg


川原毛温泉みたいに滝にはなってないが、水着は不要。人が来ないからゆっくりまったり浸かることができる。
f0350083_9331838.jpg




さぁ、殿方お待ちかね!
さいちー(24)の貴重なグラビアショットだよ!!


あと数日で24歳終わっちゃう・・・




注目は、背筋、三角筋と、多少のくびれ。




アームストロング少佐ほどじゃないけど、筋肉愛好家。



(・・・この写真は誰得なのか・・・)






※今回はガチショット!! 心臓の弱い方や、気分が悪くなった方は今すぐ画面を閉じることをオススメするよ(ゝω・)⌒☆




コレ↓


f0350083_911626.jpg





・・・・・なんだろうね、この色気のなさは・・・(・ω・)




一応、オンナノコのはずなんだが、写真で確認して、自分でビビった(笑)
いつの間にこんなに筋肉ついてたんだか―





道の駅に『どこでもドア』らしきものがあったので遊んでみた。
f0350083_9431583.jpg



あとは、学生時代の友人とランチして、そのうち一人の結婚報告を聞いて和んだ。おめでとー!!(((o(*>ω<*)o))) 結婚式が来年5月らしい。呼ばれることになれば、それまでに旅を終えて帰ってくるか、一時帰宅しないといけないってことか?! 旅の終わりの日が決まるかもしれない。


自宅宛に請求書が山ほど届いていた。国保、年金、住民税の3点セットを支払ってきた。督促状とかいらんわ。ちゃんと払うし。ニコニコ現金一括払い。カブが3台買えると考えたら泣きそうだった。


数日前より親知らずが痛くて、歯茎と歯間の食物残渣のせいで、化膿して炎症を起こしていた。松本の歯科を予約し、自宅を出発。洗浄+抗生剤もらって飲んだらすっかり良くなった。

松本では、元職場の同期とご飯食べに行った。話しは尽きることなく、夜中の2時まで近況報告し合った(笑)その同期のアパートに泊めてもらった。


まあ、ざっとこんな具合で地元滞在はあっという間でした。知り合いに会って元気になった(*´▽`*)
充電完了。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-03 06:00 | 甲信越編 | Comments(6)

実家長野へ一時帰宅(旅71日目)

9月14日 晴 群馬―長野

昨日は、谷川岳前泊と同じ道の駅水上で、同じようにテント張って就寝した。違ったのは駐車台数。ざっと100台を超えていた。みんなここで前泊して、谷川岳を目指すようだ。出発時間は大きく分けて、2つ。朝イチ4時頃から出発準備を始める「ガチ登山組」と、7時過ぎてから準備を始める「楽々ロープウェー組」だ。
f0350083_2130054.jpg

健脚にとっては、ロープウェーを使っても使わなくても、頂上までのコースタイムは変わらない。『健脚クラブ』メンバーの一人が話していた。


私はゆっくり準備をして、8時に実家へ向けて出発した。風呂で解散し、上がった頃には20時を回っていた。近場の飲食店は閉店してたから、晩飯パスした。か~ら~の~、朝ごはんコレ。まあ、これで足りるわけないっすよね。
f0350083_21243868.jpg

f0350083_21235445.jpg



吾妻渓谷から上田に抜け、地蔵峠を通って実家へ。

まあ峠下りのプリウスの遅いこと。カブからみなぎる殺気を感じた後ろの大型バイクは、私からだいぶ距離を取っていた。

f0350083_21312673.jpg


13時過ぎには実家に着き、洗えるものと干せるものを全て洗って干した。
久しぶりの実家に帰ったが、フツーに「お帰りー」と。なんかフツーだった(笑)


ゴロー、ブーティエルのお手入れ。カサカサの傷だらけになっていた靴。
f0350083_21322339.jpg


麗しきテカテカになった。
f0350083_21332848.jpg


まだ1年も履いていないが、底が結構削れてきた。どのタイミングで張り替えてもらえばいいんだろうか。
f0350083_2134162.jpg




私が北海道稚内から送ったカニが、まだ冷凍庫にあると聞き、夕飯はカニ鍋にしてもらった。カニうまかった(´∀`)

自分の布団で寝れるって幸せだった。


旅、小休止。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-10-02 06:00 | 甲信越編 | Comments(0)

谷川岳登山(関越トンネルの上縦走)

9月13日(旅70日目) 晴 谷川岳


<コース>
西黒尾根―トマの耳―オキの耳―一ノ倉岳―茂倉岳―土樽駅
行程 11時間半



4:00道の駅で起床。
車中泊の車が意外と多く、車の隣にテント張っている人は3組いた。


5:00土合駅集合だったが、遅刻常習犯は20分遅刻。
・・・皆さんすみませんm(_ _)m 写真は下山後に撮ったもの。
f0350083_19591688.jpg



朝日岳で知り合った人3人組のうち、2人は都合で欠席で、ほか4人は彼らの同僚だ。男5:女1の6人パーティー。こんな大人数で登るのは初めてだ。


朝日岳のゆー氏がリーダーで、タイムキーパー。

即席の健脚クラブが発足した。

健脚クラブ・・・なんていい響きなんだ!(笑)


5:30土合駅出発し、西黒尾根を登る。

f0350083_2013228.jpg

f0350083_2033245.jpg


西黒尾根は、日本三大急登といわれているが、私にとっては特に苦痛でなかった。飯豊の梶川尾根の方がよっぽど急登だったと思う。

1時間ちょいで展望が開ける。
f0350083_2054645.jpg

f0350083_20111141.jpg

岩登り、鎖場があって最初は怖かったが、だんだん慣れて楽しく上れた。


谷川岳はピーク(頂上)が二つある、双耳峰(そうじほう)の山だ。
f0350083_2015266.jpg


トマの耳と、オキの耳があって、オキの方が高く谷川岳の最高地点となる。
f0350083_20175492.jpg

f0350083_20261580.jpg


頂上はガスっていたが、時々晴れて素晴らしい眺望が見れた。
f0350083_20224753.jpg


世界でもトップクラスの遭難者を誇る、一ノ倉沢。落差1000mの断崖絶壁だ。
谷底を恐る恐る覗き込むメンバーたち。
f0350083_20385644.jpg

f0350083_20284983.jpg

f0350083_20301926.jpg



遭難率が高いこの壁を登るクライマーはアホですか・・・・・?
んな、いるわけ・・・・
f0350083_2036131.jpg


・・・・・・いた!!!

稜線から、私は4人を目視できた。登る人がいるんだねぇ(゜д゜;)

関越トンネルの上を越える経路で縦走した。
f0350083_20434582.jpg

f0350083_20454135.jpg


そして健脚クラブの実力すごすぎる。トレラン選手が一人混じってて、くっそ速い。ゆー氏とN氏とトレラン氏があっという間に下っていき、姿が見えなくなった。当然追いつきませんよ(笑)

終盤は急坂のブナ林。泥層トラップが多数あり、スリップしまくって泥だらけになった。
f0350083_20485850.jpg


16:50土合駅到着。
f0350083_20505030.jpg


次の電車まで1時間以上。
ホームでみんなで記念撮影して、ジュース飲んだり昼寝したりして適当に過ごした。


駅の近くに転がっていた骨。腰椎、仙骨、尾骨が連なったものだ。サイズ的に人間かと思って動揺した(笑)
f0350083_2056224.jpg



電車で一駅戻る。その間、たったの10分。関越トンネルの真上を、丸1日かけて歩いたのが、わずか10分とはガッカリする。でもこの達成感と充実感は、電車1駅では絶対に得られないものだ。これだから山はやめられない。


皆さんありがとうございました!!\(^▽^)/
また機会があれば誘ってください!!


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2014-10-01 06:00 | 関東編 | Comments(1)