<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ぶらり山口市内散策(旅125日目)

11月7日 曇/晴 山口市街

10時頃にじじばばたちが集まってきて、私のテントの近くでヨガ体操を始めた。出るに出られず、彼らの声を聞きながら、お昼近くまでテント内で日記つけていた。

11時を回ってから出発。ときわ湖北キャンプ場は無料だからと拠点にしてみたが、山口市に近いところを拠点にすればよかったかも。昨日の秋吉台も、宇部からはちょっと距離があった。

国道2号線、自動車は市街地まで早い。原付、自転車、歩行者は、R2に並行している側道を走らなければならない。しかも停止も多くて面倒くさい。この側道、結構アップダウンがあって自転車にはきつそうだった。
f0350083_18144510.jpg



山口県庁へ行ってランチ
した後、県庁近くにあったフランシスコザビエルの像を見に行った。歴史の教科書に載ってたから、ザビエル宣教師の名前は知っていた。山口で説教をしていたのは知らなかった。

f0350083_228418.jpg

f0350083_2285539.jpg


その近くの、湯田温泉の足湯に浸かろうと・・・
f0350083_22164224.jpg


あっつっ!!! 見よ!この誰一人として入れない足湯を。
f0350083_22255826.jpg


足の裏を湯につけるのでさえ熱い。瞬間的に足首までつけるが、この通り、真っ赤になってしまった。熱すぎてむーりーー。地元の人も「今日は熱い。普段はもっとぬるいのに」と言っていた。足湯は湯田温泉内に数箇所あるため、場所を変えてみた。しかし今日はどこの足湯も熱いようだった。
f0350083_22301182.jpg



献血に行った。スマホの充電が限界を迎えていたため、献血中に受付で充電をお願いした。山口では、いらっしゃいませを「おいでませ」と言う。
f0350083_23321470.jpg

採血したナースに「比重(血液の濃さ)大丈夫ですか?」と聞いたら、「大丈夫ですよ(ニコッ」と。私が去ってから「比重だって(クスクス」と笑わっているのが聞こえた。なぜ笑われなければならないのだ。ただの‘献血大好きっこ’ではなく、元同業者だという発想に至らない彼女らを、心の中で笑っておいた。

山口の記念品は、ラップ、ハンドソープ、歯磨き粉から選べた。実用的な日用品チョイスがセンスある。ハンドソープって珍しい。都市部より田舎の方が記念品が充実しているのかも。ちなみにメール会員登録で、ハンディモップがもらえる。残りが少なくなっていた歯磨き粉をもらった。
f0350083_23311365.jpg

スタッフの陰口が聞こえてしまう以外は、まあ普通の献血センターだった。


グーグルマップで最寄の温泉を検索したら、Hitした。なんと元町営(現在委託)の温泉で、100円で入れる。
f0350083_2334686.jpg

f0350083_2335583.jpg

なぜかカラオケルームも完備(笑)じじばばのためにあるのかと思いきや、意外にも高校生も弁当持参で来て、ダラダラする場所だそうだ。
f0350083_23354275.jpg


温泉から出て、宇部のキャンプ地へ帰る。帰り道、スーパーで夕飯を購入。山口に来たら食べてみたい!と思っていたフグ刺を食べてみた。長崎県産なのは突っ込まないで(笑)
f0350083_2340019.jpg

f0350083_23453377.jpg

フグは薄くてよく分からなかったのが、正直な感想。ただ、お惣菜コーナーで買ってきた寿司は、値下げされてもクオリティが高く、おいしかった。

数日分の溜まった洗濯物を回す。夜のコインランドリーは面白い。いろんな人が来る。ヤン車の若者、近所の主婦、仕事帰りのサラリーマン等。一番謎なのが、高級車のおっさん。なぜ自宅で洗わない・・・っていうか、その車に乗ってて自宅に洗濯機ないのか。謎だ・・・。
f0350083_23445267.jpg


キャンプ地へ戻って就寝。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-05 06:00 | 中国編 | Comments(1)

山口県庁ランチ

山口県庁は市街地を突っ切りった山側にあった。
f0350083_1817430.jpg

f0350083_21595553.jpg

f0350083_220384.jpg


到着がちょうど12時で、お昼休みのピークだった。食券制。
f0350083_18212142.jpg

f0350083_1821791.jpg

f0350083_1818749.jpg

f0350083_18192819.jpg


A定食、豚かつトマトソース定食480円。
f0350083_18215275.jpg



米はダマになってるし、肉は硬いし、全体的に冷えていた。味噌汁は白味噌かな?今までの県庁とは違った味だった。味噌汁だけは温かかったし、美味しかった。ピークの時間をずらせば、もうちょっと温かいものが食べられたかもしれない。


【山口県庁】
道順案内★★★ 迷うことはないが、案内版が手薄で通り過ぎてしまったのではと不安になる。
駐輪場★★★★ 駐車場は広いし無料
受付対応★★★
雰囲気★★★
味★ 温かい料理を食べたい
リピート:なし。ランチはいいや。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-04 12:00 | 県庁ランチ | Comments(1)

ナウシカの世界観、秋吉台(旅124日目)

11月6日 曇/晴 宇部―秋吉台―宇部

常盤公園内の無料キャンプ場を拠点に、2~3日山口観光をしようと企む。すぐ隣にトイレ、水道があって快適。シャワーはないが、近くに温泉(バイク10分)がある。ただ、道路からキャンプ場まで、運動公園内の歩道を通らなければならず、200mバイクを押さないといけないため、息が上がる。
f0350083_154490.jpg

あとは、朝からジョギングしてるじじばばが多いため、「こんなところでキャンプしてる。珍しいな」と声が聞こえるのが気になって目が覚める(笑)

お腹空いてなかったが、また事故っても嫌なので、お湯沸かしてアルファ米を食べた。フリーズドライのシチューがレベル高くて美味しかった。


秋吉台に行ってみた。今日はいらない荷物は置いてきたので身軽。
f0350083_15143117.jpg


曇っているせいか、緑のシーズンが終わってしまったからなのか、イマイチぱっとしない風景。
f0350083_15158100.jpg


秋吉台科学博物館があった。入館無料なので入ってみる。
f0350083_15164620.jpg

ニホンサイの化石(レプリカ?)があった。解説によると、数十万年前の日本に生息していたが、絶滅した。千葉県市原市でも、60万年前の地層から同種の化石が見つかっている。日本にサイなんていたんだ。知らなかった。
f0350083_15173532.jpg


館内にには、秋吉台に生息している生き物や、樹木類、生態系についての展示があった。
f0350083_15175466.jpg


中でも、私が最も興味深かったのは、カルスト地形についてだ。
f0350083_15193756.jpg

秋吉台に川や池はなく、雨水は全て地下にしみ込んでしまう。地下には巨大な空間が広がっており、その中でも最大の洞窟が秋芳洞と呼ばれている。洞窟の中を、地上から集まった水が川となり流れている。信じられない。まるで『風の谷のナウシカ』に出てくる腐海のような設定だ。
f0350083_15195651.jpg


ウバーレとか、ドリーネとか、何語なんですか?って感じ。聞いたことのない用語にココロトキメク。
f0350083_1533082.jpg

f0350083_15335235.jpg
f0350083_15341540.jpg

f0350083_15342837.jpg


《秋吉台の地下水の不思議》
f0350083_15353535.jpg
f0350083_15354758.jpg


広島県の小学生が、秋吉台に修学旅行に来ていた。修学旅行兼社会見学のイベントの一環で、化石採取をしていた。石の山から好きなところをハンマーで砕いて割って、手ごろな大きさにし、学芸員に見せにいく。すると、学芸員が、化石がある場所に赤鉛筆で丸をつけてくれる。化石を水で洗って、お土産に持ち帰ることができる。
f0350083_16115937.jpg
f0350083_16123318.jpg

植物の化石が大半を占める中、時々貝の化石が見つける子がいて、盛り上がるそうだ。子供とたちは、軍手をつけて、安全めがねの代わりにゴーグル装着。本気モードだった。


秋吉台を走る。
f0350083_1621329.jpg

f0350083_1623550.jpg

雰囲気は、紅葉時期を過ぎてしまったビーナスラインに似ている。閑散としてて、静か。通る車もほぼいない。貸切状態。
f0350083_16232527.jpg

f0350083_16235626.jpg


ハートマークな空間を見つけた。
f0350083_1626975.jpg


f0350083_1626499.jpg

このでっかい窪地に水が現れては消えるそうだ。不思議だ・・・・。
f0350083_15445435.jpg


横断中。きゃわゆい(*´ω`*) 危ないよ、ひいちゃうよ。横断完了まで見守った。
f0350083_16281699.jpg


なんかいた。しかも後方から狙われてる。
f0350083_1630158.jpg



いよいよ秋芳洞へ潜入。入場料1200円払って、エレベーターで地下80mまで下る。
f0350083_16305782.jpg

意外と寒くない。16度もあった。鉱山が11度前後なのに比べると、比較的温かい。
f0350083_16322598.jpg

f0350083_17202744.jpg


洞窟内は全体的に薄暗いが、一応街灯あり。場所によってはライトアップされていた。
f0350083_16335918.jpg


こんなに広い空間が地下に広がっているとは!!!驚きだ。
f0350083_1635088.jpg


いちいちタイトルがついている。
f0350083_16434159.jpg

f0350083_16444180.jpg

f0350083_17144334.jpg


石灰岩が水に溶けて、ツララみたいに垂れ下がっているやつを鍾乳石(しょうにゅうせき)という。鍾乳石の下から落ちる雫によって、下から生えてきたように見えるツララを石筍(せきじゅん)という。ちなみにそれぞれ2cm成長するのに、鍾乳石は250年、石筍は500年かかるんだって。
f0350083_17152859.jpg

f0350083_16472712.jpg

f0350083_16453654.jpg

秋芳洞の内部には、博物館での説明通り、川が流れていた。また、大雨の日にだけ出没する「幻の滝」の看板もあった。この日は見られなかった。雨の日に訪れてみたいと思った。水量が多いのではないかと期待できる。
f0350083_17181316.jpg



出口。
f0350083_16482071.jpg

ほんとはこっちがメインの入り口。メインの入り口近辺は、割高な駐車料金を取られる。私が使った中央入り口は無料。
f0350083_16494874.jpg


秋吉台の勉強ができて充実の一日だった。
f0350083_17212579.jpg

温泉博士発動して温泉に入って、夜はマックでブログ更新。宇部市街の国道は、歩道だけでなく車道も全体的に暗い。街灯はあるといえばあるのだが、100~200mに一本。踏み切りを見落としそうになった。街全体が暗い印象だった。


キャンプ場は、満月前日でとても明るかった。
f0350083_1721417.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-02-03 06:00 | 中国編 | Comments(2)

おっぱい見て事故った話(旅123日目)

11月5日 晴 上関町―宇部

朝一番はカラス、次いで小鳥、散歩のじじばば、最後に私が起床。おはようございます。タイトルはふざけてるように見えますが、いつも通り真面目な記事です。

山の上に建つ体育館前は、車の通りがほぼなく、散歩に訪れる人も少なく、非常に快適だった。広島でゲストハウスに3日間も泊まっている間に、朝がぐっと冷え込むようになっていた。山の東西どちらにテントを張るかで、朝日が当たり始める時間が異なる。夕日が暖かいからと、西側に張りがち。今後テントを張る際は、太陽の位置を考慮しようと思った。

あと、寒い中寝袋を干そうとすると、朝の冷たい空気に触れ、しっとりしてしまうことがある。そこも要注意だ。

朝日が昇って、ようやく暖かくなってきた。出発。
f0350083_21273445.jpg


山口のご当地モノ、黄色いガードレール!!
県道に多い。国道では見かけない。
f0350083_2150928.jpg


道路を走っていると、回天記念館の文字が。『阿多田交流館』に寄ってみた。
f0350083_21292447.jpg

f0350083_21295098.jpg

f0350083_2130326.jpg


入館料無料。館内スタッフの許可を得て撮影。この辺りは、その昔、回天の訓練基地だった。赤レンガの建物なんかもあったが、終戦後に解体されて、今は跡形もない。回天の操縦は難しく、訓練中に海底に衝突して亡くなってしまう兵士もいた。事故で亡くなった方と、特攻で亡くなった方の遺影と遺品が飾られていた。
f0350083_21343026.jpg

f0350083_21345226.jpg


地元長野には、こういった戦争の展示施設がない。日本の参謀本部を山の中に移転させる計画(大本営)ならあったが、大規模な空襲はなく、どちらかといえば疎開先だった。ここの施設には、地元の小中学生、高校生が見学に来る。特攻で亡くなった兵士は、高校生くらいの年齢だ。彼らと同年齢のうちに、こういった施設を訪れて、彼らが残したものを見て読んで感じるべきだと、私は思う。


道の駅ソネーレ周南で休憩。こんなパンフレットがあった。
f0350083_21524761.jpg

工場萌え!!!すごい!!!見てみたい!!!
f0350083_21531312.jpg


野宿に最適な屋根がある道の駅だが、24時間営業のコンビニがあるため、野宿には適さないかもしれない。いろんなものが売ってた。
f0350083_21544139.jpg

わお。
f0350083_21564472.jpg
f0350083_21565869.jpg


お昼。わらびもち・・・・・半分で限界・・・。午後の陽気が気持ちいい。
f0350083_21575636.jpg

きつねあげ。こうなってる。揚げいなり寿司じゃん!
f0350083_2201240.jpg



観光ポスターに載っていた、川崎観音に寄ってみた。
f0350083_2211744.jpg

f0350083_2221193.jpg


f0350083_2242988.jpg

f0350083_2251983.jpg

こんな注意書きがあるのにガン無視で、賽銭が沈んでいた。

ポスターは、コレです。
f0350083_2215419.jpg


川崎観音は、おっぱい観音として信仰を集めている。
f0350083_22173013.jpg

手作りのおっぱい絵馬。産を控えたお母さんたちが、安産を祈願して奉納していた。
f0350083_22182197.jpg

かわいい!これは出産前に作って是非奉納したい!!こう見えても手先は器用な方なのだ(笑) っていうか、その前に結婚相手!(笑)
f0350083_22183529.jpg



おっぱい観音参拝後、私は右折禁止を見落とした。なんで正面から車が走ってくるんだろう。気付いたときには、国道を100m逆走した。対向車が私に気付いてインコースに寄ってくれ、事故にならずに済んだ。危なかった。完全に集中力が切れている。まじで気をつけよう・・・・。






・・・・が、その後、別のところで事故った。





K察呼んで現場検証・・・。
f0350083_23495018.jpg



信号で急ブレーキを踏んだ前の車に追突した。こちらも急ブレーキをかけたが、間に合わず「コツン」とぶつかった。軽くぶつかった程度で済み、誰も怪我しなかった。よかった。・・・疲れてる。



K察に「松本からこれ(カブ)で来たの?え?これで?」と驚かれ、私とカブと交互に見ていた。「家出じゃないよね?」「・・・まさかこの歳で?」私が聞き返す。「いや、結構いるんだよ」まじで?家出なんて中途半端なことしないで、そんなに家を出たければ、さっさと家から出ればいい。別の土地で自分の運命を切り開けばいいじゃないかと思う。



で、「自賠責(の保険証)出して」って話になった。


自賠責、どこに入れたっけ??足の間のベトキャリの下だと思うが、パーツが外せず取り出せない。K察が「やってみる」というので、やってもらったら、パーツ破損。
f0350083_22363789.jpg

あーあ。弁償してくれるというので、後日領収書を送った。代金分の切手を封筒に入れて送ってくれたのはいいが、送料負担してくれなかった。82円損した・・・。
f0350083_2312970.jpg

f0350083_22452134.jpg


結局ベトキャリの下は外せなくて、自賠責は横の隙間からなんとか引っ張り出した。

K察「誰も怪我しなかったから、罰則はナシでいいよ」

減点なしは大変ありがたい。相手の軽自動車には、2~3cm程度のかすり傷がついた。私の任意保険を使って弁償。後日請求が8万円だった。修理中の代車が高くついたんじゃないかと。もちろん保険を使うことにした。今後2年間保険料が上がってしまうが、実質2万円の負担で済んだ。誰も怪我しなかったし、その程度の事故で済んで本当によかったと思っている。


事故直後(精神的に穏やかではなかったが)、相手に謝罪して、警察呼んで、保険会社に電話して・・・・思いつく限りの対応はしたと思う。割と冷静に対応できたんじゃないかと。あと、ここのところ空腹感がなかった2日間で2食しか食べていなかった。そのせいで完全に判断力と集中力が鈍っていた。食事はしっかり摂ろうと思った。


その後すぐ、近くの防府(ほうふ)天満宮へお参り。日本三大天満宮のひとつで、菅原道真が祀られている。北野(京都)、防府(山口)、太宰府(福岡)にある。
f0350083_22482238.jpg

f0350083_2310929.jpg

f0350083_2251386.jpg




腹筋氏のと似ているような、珍しいバイク(自転車)を発見した。持ち主の男性曰く、「この辺で乗ってるのは私くらい」だと。旅中にこのタイプのバイクを見るのは2台目だ。
f0350083_22512112.jpg

f0350083_2394951.jpg



天満宮の「交通安全ステッカー」をソッコーで貼った。今まで箱にステッカーを1枚も貼らなかったが、この時ばかりは迷いはなかった。
f0350083_2318151.jpg




日没。いろいろあった、長い1日だった。
f0350083_23111912.jpg

湖畔のキャンプ場でテント張って就寝。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ



by chidorigo | 2015-02-01 06:00 | 中国編 | Comments(6)