<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

えびの湯海岸から見送る(旅151日目)

12月3日 曇/晴 はやぶさ2打ち上げ当日

以前記事リンク貼っておきます。
はやぶさ打ち上げ大観賞会

f0350083_18413336.jpg



スマホじゃ書ききれなかったことを―



7:30起床。スマホではやぶさ最新情報チェック。中止や延期になっていないことを確認。ワクワクしながら、テントを引っ越す。といっても撤収するわけじゃない。明日の午前便で屋久島に渡る計画を立てたのだが、明日は雨予報だ。天候が不安定。雨の中撤収するのが嫌だから、フライシートを干して片付けよう大作戦。

移動先は・・・・・図々しくもトイレの中。「汚い」といった声や、ブーイングが画面越しに聞こえるのは承知の上。
f0350083_19113548.jpg

朝から美しくない画像を失礼しました。

ここのキャンプ場はトイレが2箇所ある。手前のトイレは数人のキャンパーが使っているが、奥は男女問わず誰も使っていない。3日いるが、こちら側には誰も来なかった。そして女は私しかいない!しかも海水浴シーズン終了してて、誰も使ってない!便器使った形跡なし!きれい!全く臭くない!てなわけで、移動した。マイホーム引越し完了。

私の中では、「トイレ在住>雨天の撤収」だ。雨天の撤収は、トイレに住むより嫌だ!ついにトイレに移住する日が来ようとは・・・。潔癖な私も逞しくなったもんだ。突風でテントがバタバタすることもないし、波の音も気にならない。なかなかの優良物件だった。





打ち上げまでまだまだ時間はあったが、下見がてら出発。下見のつもりが、結局終わるまで帰って来なかった。ゲストハウスブルーオーシャンのオーナーに教えてもらった、平山から打ち上げを見ようと決めた。
f0350083_19225743.jpg

10時でこの渋滞だった。カブのメイン荷物はお留守番だから、すり抜けホイホイ。

f0350083_1930030.jpg

f0350083_19303331.jpg

駐車場はいっぱいだった。バイクも多かった。他県ナンバーだらけで、私を含め、みんなはやぶさに命かけて見に来てるなーと思った。私の「命かけてる」基準は、時間とお金と労力を注ぎ込むことだ。つまり人生の一部を費やしている。懸けるでも、賭けるでもない。私は今、旅に命をかけてる。結論から言うと、この打ち上げに命をかけた甲斐があった。

お土産やグッズや飲食ブースが出ていた。ネクタイピンとか誰が買うんだ・・・・と思っていたら、買ってる人いたわ。
f0350083_22163565.jpg

f0350083_22155197.jpg

f0350083_22182674.jpg

f0350083_22203411.jpg


ロケーション最高!
f0350083_1730920.jpg


陣取り合戦。私もタオル広げて最前列を確保した。地元の人がオススメしてくれる場所だけあって、見晴らし良好。海を挟んで打ち上げが見れる最高の場所だ。
f0350083_22211452.jpg



見知らぬおじさんが双眼鏡貸してくれた。
f0350083_22225835.jpg

おじさん曰く、ロケット本体に「NIPPON」の文字が読めるそうだが、私には読めなかった。
f0350083_17311456.jpg



ムラカミ氏も会場にいた。もはや完全に別行動だった(・ω・;)


鹿児島のフェリーターミナルで会ったウチムラ君と、ワタナベ君と再会。
f0350083_1745795.jpg

ロケットの一部であるフェアリングを、もし回収できたら抽選でもらえるそうだ。ウチムラ君は抽選に当たって、フェアリングの欠片を後日ゲットしたらしい。すごい、本当にもらえるんだ。
f0350083_17331553.jpg



フィーバー最盛期のジバにゃんが応援に来てた。何でもかんでも「妖怪のせい」にしてしまうアノ歌は、子どもに原因の追究をやめさせる呪いの歌だと思う。
f0350083_173708.jpg

f0350083_17513714.jpg


スポンサーが会場でいろいろ配ってたので、長蛇の列に並んでもらってきた。
f0350083_17475256.jpg
f0350083_17482485.jpg
f0350083_17484697.jpg


オリジナルステッカーもゲット。
f0350083_175047100.jpg


缶バッジも。早速バッグにつけてみた。このデザイン、会場によって配布されたデザインが異なる。
f0350083_17511668.jpg

f0350083_17521112.jpg

宇宙ヶ丘公園で、打ち上げを見ていたチャリダーが持ってた缶バッジがコレ。
f0350083_1753441.jpg



私が陣取った横に、若者集団がいた。最初近づき難くて、少し避けていた。が、同じ旅人臭がプンプンした(笑) 類は友を呼ぶ。話してみると、日本一周してる旅人が多かった。その中には阿蘇の道の駅で会った旅人がいた。会場に見覚えのあるバイクがあった。阿蘇で会った時より、荷物が増えている気がした。

f0350083_23291496.jpg

花巻からの日本一周の旅人だった。種子島で再会できるとは思わなかった。ジュン君
といい、2回目にしてやっと彼の名前を知った。彼は冬はどこかでバイトして、春にお遍路をすると話していた。


更に、日本一周している女子にも会った!女の日本一周旅人に会うのは、この旅で2人目だ。このカブの持ち主はカオリちゃん。大学中退して日本一周をしている19歳の女の子だった。会場でいろいろ話して仲良くなった。彼女とはこれから長い付き合い(?)になるなんて、この時は全く予想しなかった(笑)
f0350083_18144969.jpg



更に更に!私のブログを見て旅に出る決心をしたという、ジン君(25)とも知り合った。「もしかしてさいちーさんですか?!」と話しかけられた。声をかけてくれたときの、彼の顔は忘れない。まさか私のブログを先に知ってる人と会うなんて思わなかったし、私のブログが誰かの一歩になってるなんて考えたこともなかった。とても嬉しい出会いだった。

ジン君のブログはこちら!ジン君は昨年12月に無事ゴールしたそうだ。


他にも旅人がいたが、みんな濃すぎて紹介しきれない(笑)ので、また機会があったら紹介しようと思う。


旅人と喋ったり、うろうろして時間を過ごし、いよいよ打ち上げの時―


私の後ろには、TV局が陣取っていた。
f0350083_17562588.jpg


番組内で紹介されていた動画がこちら。この男性リポーター、言ってることが実際と異なってる部分があって気になった。私がチラッと2~3回映っていた。


人の後ろでリポーターがうるさかったが、感動の方が大きく、大して問題ではなかった。




遥か上空に消え去り、会場は一体感に包まれていた。





夜、旅人たちと打ち上げの打ち上げに行った。南種子のお店で、お好み焼きパーティーをした。はやぶさの感動と、旅トークで大いに盛り上がった。もちろんノンアル♪
f0350083_18321374.jpg

f0350083_18334157.jpg



翌日のフェリーは争奪戦のため、ある程度の時間で解散。いろんな旅人と出会い、旅の話を聴き、語り合った。とても有意義な時間を過ごした。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-05-28 06:00 | 九州編 | Comments(8)

テントで沈没、妄想日和(旅150日目)

12月2日 雨/曇 キャンプ場滞在

以前記事リンク貼っておきます。
いよいよ明日!はやぶさ打ち上げ


腰痛が酷い。一時良くなった気がしていたが、昨日コケて更に悪化したようだ。起居時が最も痛む。腰椎圧迫骨折なんかで、あいたたた!となる人の気持ちが分かる。起きてしまえばいいんだが。

通り雨が頻回で、外に出るに出られず、一日安静にしていた。


15時半ころ、徒歩圏内の温泉へ行ってさっぱり。
f0350083_18312046.jpg



ネタもないので、ちょー簡単に種子島の紹介をするよ!
f0350083_18393531.jpg

以上!(ぇ、雑ww
種子島に住んでる人に怒られそうだぜ!ちなみに宇宙センターがあるのは南種子町で、打ち上げ日はコンビにからお菓子が消えるそうだ。宇宙センターは出入り禁止になるから、スタッフが買い占めていくらしい。打ち上げマニアが話していたのを聞いた。本当かどうか確かめに行く元気はなかった。



明日はやぶさが延期になったら、ターゲットの小惑星が遠ざかってしまい、次回打ち上げは8年後になるそうだ。8年後!33歳!!アラサーの大台に乗ってるじゃないか!もう種子島に来ることもないだろうなぁ。明日この目で見なければ、一生打ち上げを見ることはない気がしてきた。

f0350083_18305624.jpg


・・・33歳か、何してるんだろう。結婚願望が多少の「少」あるので、30までには結婚していたいなー、なんて。小学生の頃に書いた人生計画書には「25で結婚!」なんて書いた記憶があったりなかったり。小学生の自分よ、計画通りには進まないものだ(爆)


25歳の自分、何してるよ?
旅人してるよ?結婚なんてしてないよ?


ってことは、33歳になったとき、25歳の自分がなんて言ってた?結婚してるとか言ってた?プププ(´゜m゜`*)

ってなってそうだ。旅人してたりして(笑) ←笑えない

山が好きだから山の仕事もしてみたいんだよねー。33になってもフリーだったら、山の海外遠征とかしてみたい。


やばいねー。これは(真顔)



30代が楽しみになってきた。


なーんて、妄想してたら1日が終わった。
f0350083_18333533.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-24 06:00 | 九州編 | Comments(7)

種子島宇宙センター見学(旅149日目)

12月1日 雨/晴 種子島散策

以前記事リンク貼っておきます。
【速報】はやぶさ2打ち上げ見に行きます!


12月1日、ゲストハウスブルーオーシャンは1泊2000円だった。人のよいオーナーで、1泊だけでも居心地の良さを感じた。しかし金銭的に連泊は困難。オーナーから「打ち上げ見るなら、平山からがいいよ。海越しに見れる」との情報を得た。

出発しようとしたら、嫌がらせのように土砂降りに。晴れ間を狙ってゲストハウスを出た。
f0350083_16102435.jpg

f0350083_16195174.jpg

これが12月の海と空だから驚く。きれいだ。
f0350083_1620872.jpg



走っていたらレンガ造りの煙突が見えた。「この煙突は、兵士の烹水場とも、風呂場とも言われている」どっちか分からないんかい。そうだよな、そんな昔のこと正確になんて分からないよな。島民総動員で、人力で山を削って作った飛行場を始め、地上の施設は空襲で破壊されたと記載がある。他の建物は無くなってしまったにしても、ここに煙突だけが残ってるってすごいじゃないか。ここにも歴史があったことを物語っているんだから。
f0350083_16205425.jpg

f0350083_16213635.jpg

f0350083_1621569.jpg



k75を走り、千座(ちくら)の岩屋に寄ってみた。
何やらバイクのタイヤ痕が・・・・。
f0350083_16223372.jpg

地元のおっちゃんだった。ここは千里浜なんですか。確かに砂は締まっていた。怖いので私はやめておいたけど。
f0350083_16224930.jpg


元サンゴな方々が打ち上げられていた。こんな塊を、砂浜で見たのは初めてだ。ちょっと感動した。普通の光景なのか、拾い集めて楽しんでいるのは私だけだった(笑)
f0350083_1624634.jpg

f0350083_16323332.jpg


この岩の裏に・・・
f0350083_16255175.jpg


回り込むと・・・
f0350083_1626143.jpg


入り口が・・・
f0350083_16264477.jpg


トンネルになっていて・・・
f0350083_1627081.jpg


まるで秘密基地のようだった。海賊が宝物を隠していそうだ。
f0350083_16272180.jpg

千人座れそうだから『千座の岩屋』というんだとか。
f0350083_1628936.jpg


古いカメラで写真を撮っているカップルがいた。平成でこのカメラをあえて使うのか。1枚撮るのに時間がかかりそうだった。
f0350083_16301030.jpg

f0350083_16315236.jpg




宇宙センターへ行ってみることにした。こんな通行止め看板見たことない。種子島ならではの看板だ。ちゃんと日付変更できるようになっている。
f0350083_1635071.jpg


JAXAの施設に潜入!展望台から発射台がよく見える。
f0350083_16391025.jpg

f0350083_1640487.jpg


宇宙センターは広い公園になっていた。広い敷地内、国家予算が芝生にまで行き渡っているなぁと感じた。
f0350083_16411716.jpg

f0350083_16422418.jpg

f0350083_16594470.jpg

f0350083_1643312.jpg


科学館があって、無料で内部を見学できる。宇宙センター施設見学ツアーもあったが、予約でいっぱいだった。はやぶさの打ち上げとあって、多くの観光客が訪れていた。
f0350083_1644820.jpg

f0350083_16472826.jpg

f0350083_1646995.jpg

f0350083_16481372.jpg

f0350083_16485839.jpg

f0350083_16492139.jpg

はやぶさの模型。こんなペラペラのフィルムで、宇宙で大丈夫なのか?と、地球基準の素人は思ってしまう。宇宙は空気抵抗がないから大丈夫なのか・・・。

f0350083_16505691.jpg


ロケットは、本命の中身(人工衛星や探査機など)を打ち上げるための道具だということが、ここに来て勉強になった。地球の重力に逆らって、宇宙に持っていくためのエネルギーを入れる器だった。だからロケットと、人工衛星は別物。打ち上げ前に少し賢くなった。


宇宙センター近くの橋。凝ってた。
f0350083_16551370.jpg


役場に掲げられた横断幕。
f0350083_170616.jpg


宇宙ヶ丘公園でキャンプするため、行ってみた。入り口が分からなくてうろうろ。Uターンしようとしたら、既に泥地に入ってしまっていた。ギヤを落とすタイミングをミスって、失速。ついにフルバンク駐車。あーあ、やってしまった。
f0350083_1714498.jpg


こうなったら最後。泥地では踏ん張りが利かず、自分一人では起こせない。近くの展望台まで助けを求めに行き、レンタカーの若者二人組を捕まえた。快く引き受けてくれて、3人でカブを起こした。横浜と岡山から来た二人組だった。お礼を行ってお別れ。彼らとは打ち上げ日に、見学会場で偶然再会したのだった。


こけてドロドロにはなったが、思ったより被害が少なかった。
f0350083_1761680.jpg

f0350083_1764582.jpg

宇宙ヶ丘公園まで来ておいて、この一件でキャンプする気が失せてしまった。

ゲストハウスに戻ろうと思ったけど、そこまでかなり遠く、戻る気もなくなった。仕方なく、約14km戻ったところにある熊野海水浴場でキャンプした。他に数基のテントがいた。
f0350083_1788100.jpg


海水浴のシーズンは管理人がいるっぽいが、この時期は無人。もちろんシャワーは使えない。炊事棟は電気つくし水も出て、バッチリ使えた。炊事棟に近い場所に設営。
f0350083_17101077.jpg


お腹空きすぎて我慢できず、テント張りながらつまみ食いしてたら、ほとんど食べてしまった(笑)
f0350083_17114134.jpg


夕飯食べて就寝。
f0350083_17125476.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-20 06:00 | 九州編 | Comments(2)

頼む!出てくれフェリー(旅148日目)

11月30日 雨 樋脇―鹿児島

昨晩は風呂パスしたから、朝風呂へ行った。町の保健センターに温泉があり、150円で入れた。あつ湯・ぬる湯、どっちも熱すぎ。脚真っ赤だった。
f0350083_1749838.jpg


温泉の駐車場のバイクに戻ったとき、60代くらいのおじ(い?)さんに話しかけられた。

「長野からか。・・・浅間山荘事件って知ってるか」

かなり昔の話だ。もちろん私は生まれていなかったが、どんな事件だったかはプロジェクトXで見たことがあるので知っている。


「俺、そのとき頭撃たれて上田の病院に入院してたんだ」



な、なんだって?! Σ(゜д゜;)


元々鹿児島出身で警察に入り、例の事件の際には現場にいたらしい。「じゃ!」と爽やかに去ってしまった。話し方や歩き方等、普通に見えた。頭部撃たれて、後遺症は残らなかったのだろうか。見た感じ、元気に生きていらっしゃった。この出会いは、にわかには信じられなかった。聞きたいことは山ほどあった。

Wikiで調べたら、確かに撃たれた人がいた。その人がその後どうなったのかまで書いていなかった。本当にその本人なら凄い出会いだった。歴史の証人だ。ハイテンションで道の駅に戻った。

ムラカミ氏に朝食をご馳走になりながら、先の話をした。ムラカミ氏は歴史が大好きなので、会ってみたかったと言っていた。
f0350083_1816896.jpg


種子島へ渡るまであと1日ある。ムラカミ氏と共に、万世特攻記念会館へ行ってみることにした。途中寄ったガソリンスタンドで、ムラカミ氏の兄弟から連絡が入る。

「はやぶさ、12月1日に打ち上げが決まったみたいだ」

急遽、GSの店内を借りて作戦会議が成された。
f0350083_18195134.jpg


ガラケーの彼は、スマホの私に情報収集と、フェリー会社の空きがないかを早く調べろと指示。行動を共にして2日目、彼の焦りは私に伝わっている。私だって焦っているのだ。「今調べてます。順番に調べてるから待ってください」私も言葉強めて返す。不和を察してか、彼は缶コーヒーを渡してくれた。彼の方が大人だった。

自販機で、私にくれた缶コーヒーと同じ物を、彼も買おうとお金を入れた。点灯する「売り切れ」の文字。ラスト1だったようだ。幸運だ。この出来事は、はやぶさの打ち上げを見れるんじゃないかとの期待を一気に高めてくれた。

二人で笑った。不穏だった空気は和んだ。


車はどこのフェリー会社も予約がいっぱいだった。ムラカミ氏は絶望していた。バイクは恐らく乗れるだろう。彼は万が一にもキャンセルが出るんじゃないかという微かな希望を胸に、ダメ元でフェリー乗り場まで行くことにした。

フェリーはいびすかすの事務所。フェリー運行の問い合わせの電話がひっきりなしで、受付対応一人でやってたから可哀想に思えた。
f0350083_18432121.jpg


荒天のため、条件付の運行になっていた。条件付とは、「海が荒れすぎて接岸できなければ、引き返してくる」というものだ。
f0350083_18442559.jpg

f0350083_18472620.jpg


チケット購入。バイクは先着順10台まで。余裕で乗れた。車のキャンセルも1台出て、ムラカミ氏は奇跡的に乗れることになった。
f0350083_1848352.jpg

大阪からマジェ125のワタナベ君と、鹿児島チャリダーのウチムラ君と仲良くなった。ウチムラ君はテントもシュラフも持っていなくて、打ち上げ延期になった場合の長期戦には備えていなかった。そこで私のメットと雨具を貸し、ワタナベバイクにタンデムして、スポーツDEPOまで買出しに出かけるという荒業を発動。行く直前に調達しに行くなんてすごいわー(笑)

もう一人、愛知から来た屋久島行きの原付ライダーが来て、バイクは合計4台になった。打ち上げの話題で盛り上がり、ワクワクしながらフェリーまでの時間を過ごした。



受付の女性より、テンション高い我々に一言。耳を疑った。


「明日の打ち上げは、3日に延期になったそうです」


ウチムラ君は「バイトがぁぁぁ」と心揺れていた。ここまで来たら・・・ねぇ?(‘・ω・’)行くしかないでしょ!!彼は悩んだ末、行くと決めた。いいぞ、それでこそオトコだ!(ぇ



雨でカブびしょびしょ。我々のテンションのようだ(笑)
f0350083_18484018.jpg


17時に乗船開始。天気予報に釘付けの図。女性専用室があって嬉しかった。
f0350083_18543749.jpg


鹿児島上空の風向き予想もやっていた。火山灰の降灰の向き。初めて見た。
f0350083_18552973.jpg


フェリーが沖へ進むにつれて、波による揺れが大きくなった。進行方向に向かって縦に寝たら、だんだん揺れが心地よく感じられてきた。知らない間に眠ってしまった。

着岸5分前のアナウンスで目が覚めた。

港は真っ暗で、どっちに行けばいいのか本気で迷った。ワタナベ、ウチムラ両氏とともに雨の中、方向を確認。それぞれ宿泊場所が異なるので、またどこかで会えることを願って別れた。

真っ暗なのは港だけでなかった。島は真っ暗。夜間走行にはとことん向かないと思った。土砂降りだが、温かい雨だった。12月になろうともいうのに、雨が冷たくないなんて、一体どんな気候なんだ。不思議だった。必死に走って、ゲストハウスに到着。干すもの干して、洗顔だけして就寝。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-16 06:00 | 九州編 | Comments(10)

幸福行きの切符を手に入れろ!(旅147日目)

11月29日曇/晴 田浦―樋脇(鹿児島県)

一ヶ月、道の駅に半ば住んでいるじーさんは、ムラカミ氏といった。稚内から旅をしているそうだ。ムラカミ氏より、「種子島からはやぶさ2が打ち上げられるのが延期になった」との情報を得た。

こりゃ、見に行くしかないっしょ(・∀・)!!

と意気投合。近くの食事処で、朝食に海老天肉うどんをご馳走してもらい、70代じーさんと、20代女が二人で作戦会議。
f0350083_1623977.jpg


ネットで天気を調べる。
「30日雨、1日雲、2日雲、3日晴雲、4日晴雲」

国家予算と宇宙工学の結晶を詰め込み、日本の威信をかけて打ち上げるロケットだ。少しでも天気が悪いと打ち上げが延期になるらしい。打ち上げ失敗のリスクは、可能な限り排除するのだろう。

天気予報を見る限りだと、打ち上げ見込みは3日頃だろうか。ならば種子島へは12月2日に渡ろう!と決めてからフェリー会社に連絡したら、車は1日しか空きがないと。バイクは予約できないから先着順になる。とりあえずムラカミ氏は車の予約を入れた。現時点では1日に渡ることになった。ワクワクしながら、今夜は樋脇の道の駅で落ち合うことにし、解散した。


人吉に行ってみた。SLが走るので有名な場所だ。人吉駅の近くに神社があったので寄ってみた。青井阿蘇神社。国宝の神社だった。
f0350083_16343593.jpg

f0350083_16345268.jpg

1円玉に描かれている『招霊木(おがたまのき)』が、天に向かって真っ直ぐに生えていた。
f0350083_16351279.jpg


f0350083_16372064.jpg
f0350083_16373744.jpg


おみくじ引いてみた。「末吉。人を助けよ」だって。
f0350083_1638418.jpg



オシャレなカフェに入りたくなって、ぐーぐる先生に聞いたら倉kura cafeがよさげだったので行ってみた。
f0350083_16405985.jpg

立地はよく、丘の上にあった。木々の間から市街地が見下ろせた。
f0350083_16411041.jpg

店内が満席だったため、テラス席へ。とても雰囲気よい。良すぎて、カフェを通り越している。ここはレストランだ。ひとりポツンと外の席に座って、若干居心地が悪かった。
f0350083_1642141.jpg


メニューを見てびっくらこいた。2~3千円だ。安いものが・・・ない!! 高すぎる。あー、店選び失敗したな。2千円のランチなんか食べたことないわ(笑)でもせっかく来たんだし、たまには贅沢しようじゃないか。これは賭けだ。2千円・・・一日の予算の2/3をランチに賭けるんだから、相当美味しいものが出てくるんだろうな。まずかったら許さんぞ。旅人は吹っ切れた。

前菜。シャキシャキサラダ美味しい。テラス席は寒かった。店内席が空いたので移動。
f0350083_1643855.jpg

和牛ステーキを注文。フォークとナイフで上品ぶって食べるのだが、箸でもりもり食べたいと思った。性には合わないが、肉は柔らかくてとても美味しい。そう・・・・美味しかった。
f0350083_1643593.jpg

デザートのシフォンケーキなんかふわふわで、しっとりしてて、絶品だった。
f0350083_16441347.jpg

カフェという名のレストランでのお高いランチだったが、満足度が高かった。『カフェ』には高級な部類もあると学んだ。今後は注意しよう。


幸福駅を目指して走った。この盆地感、地元みたいだ。稲刈りは終わり、秋晴れの一日だった。
f0350083_16553056.jpg


北は帯広の幸福駅、南は熊本のおかどめ幸福駅。
f0350083_16565498.jpg

f0350083_16574865.jpg

f0350083_1658317.jpg

「鈴を鳴らせば幸福が鈴なり」心行くまで鳴らした。
f0350083_16584219.jpg


幸福行きの切符がどうしても欲しくて、ここの駅まで来たが、無人駅。隣の売店では、777、888、999の既に刻印済み切符しか売っていなかった。日付入れは、最寄の有人駅、あさぎりまで行かないとできないと言われた。言われるがまま、行ってみた。

f0350083_1723121.jpg

ここで無事、切符を手に入れることができた。(肝心の写真撮り忘れ)

日没間際の曽木の滝へ寄り道。東洋のナイアガラだ。ここは日本一周の旅人、岡山で会ったコータ君オススメの場所。
f0350083_17122734.jpg

f0350083_17151010.jpg
f0350083_17162220.jpg

落差は大きくないものの、幅の広い滝で迫力があった。水量が想像していたよりも少なく感じられた。発電所の遺構があると聞いて楽しみにしていたのだが、そっち方面へは橋が工事中で歩いて行かなければならず断念した。

それでも多少の遺跡感が味わえたのはよかった。
f0350083_17184373.jpg

f0350083_17185947.jpg

このトンネルはかつての導水路で、水の通り道だった。ここから発電所に送っていた。
f0350083_17201627.jpg

f0350083_17235077.jpg

f0350083_17204135.jpg



日没後に道の駅樋脇に着き、ムラカミ氏と再会。同じく樋脇に宿泊、キャンピングカーのフジサキ夫妻から炊き込みご飯の差し入れをいただいた。
f0350083_17245125.jpg


軒下にテント張って就寝。
f0350083_17271654.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2015-05-12 06:00 | 九州編 | Comments(2)

畳部屋泊(旅146日目)

11月28日 雲/雨 くじゅう―田浦

YHは素泊まりだったが、夕飯のカレーに加え、朝食まで出してくださった。ありがたい。米が美味しかった。
f0350083_13404055.jpg


ストーブ焚いていたので、部屋星の洗濯物は乾いた。10時に出発。久住の登山口で一番ポピュラーな、牧ノ戸登山口へ寄り道。
f0350083_13441664.jpg


久住山と阿蘇山の山バッジを購入。ここの売店は強い。九州にある百名山のバッジを網羅していた。
f0350083_13445416.jpg

ここに来れば全て手に入る。便利だが、現地調達する楽しみが減ってしまうため、ちょっと寂しさもある。一色で味気なくて地味なバッジだった。
f0350083_1345644.jpg


雲が厚い。午後から雨予報だった。
f0350083_13464115.jpg


やまなみハイウェイから阿蘇に抜け、数日前に寄ったシュークリーム屋「にじいろ」に寄り道。ここのシュークリームは、何度食べてもほんと美味しかった。文句なしのリピーター(笑)二日に一回くらい食べに来たい。
f0350083_13474052.jpg

f0350083_13475595.jpg

お店のスタッフが、数日前に来た私のことを覚えていてくれた。「陸上か何かで来てるんですか?」
 ・・・ほう、陸上選手に見えるんですか。ワタシ 200mハシレナインダ ヨ。いや結構本気で。山登りはするが、走るのは息切れするから大の苦手である。

スタッフ曰く、阿蘇に来ている修学旅行生が、パラグライダーを体験しているそうだ。この灰降りしきる阿蘇の野を、飛びまわっているというのか。先生方が、どうしても、といって食い下がったらしい。笑った。ある意味思い出に残る修学旅行になるだろう。マスク着用で飛んでいるのを想像した。

R443で南下。ドナドナされてる牛を見た。
f0350083_144549.jpg


『日本一の石段』の案内板が出ていた。が、行かない。階段興味ない。いろんな旅人に勧められてきたが、行きたくない。これから雨だし滑るだろうし。いろんな行かない理由を並べてスルーした。
f0350083_146341.jpg


途中で雨が降り出したので、道の駅田浦に避難。24時間オープンの畳スペースがあった。一度泊まってみたかったので、今夜の宿(笑)決定。産直のレジの女性に泊まっていいかと尋ねたらOKが出た。
f0350083_1424847.jpg


f0350083_1474659.jpg

もう移動する気力がなくなったので、15時半頃から溜めてた日記3日分を書いていた。この道の駅は地元じじたちの 溜り場 憩いの場になっていて、彼らはずっと外のベンチで話をしていた。入れ替わり立ち代り、私に話しかけに来ては去っていき、外で情報共有をしていた。見ていて面白かった。

札幌から軽自動車で来て、1ヶ月ここに住み着いているじーさんがいると教えてくれた。1ヶ月もここにいるのに、そのじーさんは何している人なのか、皆知らないようだった。その人がツクネ串を差し入れてくれた。

f0350083_1432468.jpg

地元じじが、「"ジャパニーズテキーラ"飲まないか」と誘ってきた。私は焼酎飲めないので丁重にお断り。そしたら白い白餡鯛焼きをもらった。

唐揚げ丼という名の親子丼が夕食。
f0350083_1481055.jpg



畳スペースに寝袋敷いて、就寝・・・



寝れない。

暖房ガンガン入ってて暑い。しかもセンサー式の明かりで、寝返りを打つとすぐ点灯する。眩しいったらありゃしない。いつの間にかトラックのオッサンが隣に来て、鼾かいて寝てるし。


不眠だった・・・。
24時間スペースは私には合わない。宿泊利用するもんじゃないと思った。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-08 06:00 | 九州編 | Comments(2)

久住山登山

11月27日(旅145日目) 晴
赤登山口~久住山~中岳~稲星山~赤川登山口


ライハで昆布おにぎりを3個作って、8時に出発。朝練日和なのだろうが、皆さんまだ寝ていた。

大観峰から、九重連山を望む。快晴だった。登山日和。
f0350083_1142177.jpg


祖母山方面までよく見通せる。
f0350083_11434017.jpg


そして、阿蘇方面はというと・・・
f0350083_11451198.jpg

派手にやってますねー。
f0350083_11452357.jpg
f0350083_11454782.jpg

f0350083_11463288.jpg

阿蘇はカルデラの町。阿蘇の山では、鍋が煮えてて煙を上げていた。さながら、火の国の神々が鍋パーティーをやっているようだった。神々のパーティーに人間は迷惑しているのだ。風で遠くまで噴煙が流れていた。あの噴煙の下は、灰色の世界になっているに違いない。

九重方面には、今日は噴煙が流れてこないだろう。

登山口で準備して、9:30出発。
f0350083_11542263.jpg

「飲めません」じゃないのか。
f0350083_11544542.jpg


f0350083_11552488.jpg

粘土質の泥の上に、落ち葉が積もっていた。朝露でしっとりしていながらも、サクサクと響く足音が心地よかった。紅葉の時期は終わり、木々の葉は全て落ちていた。
f0350083_11561219.jpg

硫黄臭の強い小川を渡る。冬支度が済んだ山に、大きな湯の花が咲いていた。
f0350083_11592554.jpg


歩き始めて1時間弱で視界が開けた。
f0350083_121395.jpg

あの上まで。
f0350083_1213734.jpg

2時間10分で久住山山頂到着。
f0350083_1262568.jpg


阿蘇山もくもく。
f0350083_1281097.jpg


くじゅう側。くじゅうは、連山のときは九重。くじゅう山を指すときは久住と、ややこしいいが使い分けるらしい。
f0350083_1282969.jpg
f0350083_1283952.jpg

f0350083_12123840.jpg


昼食におにぎり食べる。ザック内で形が変わってしまった・・・。
f0350083_1210145.jpg

最近はストーブとコッヘルを持っていくのが重くて面倒なので、水筒にお湯を持っていっている。時間短縮だし、こっちの方が重くない。
f0350083_1211483.jpg


それからプチ縦走へ。百名山は久住山だが、九州本土最高峰は久住山ではなく、九重の中岳になる。
f0350083_12153038.jpg


f0350083_12185657.jpg


北海道最高峰旭岳と、九州本土最高峰中岳制覇した!これで南北最高峰は完了。
f0350083_12203713.jpg


中岳で休憩してたら、地元のおっちゃんに飴ちゃんもらった。
f0350083_122222100.jpg


先ほど通過してきた池は御池といい、昔はこの御池周辺にお寺があった。山岳信仰が盛んだったそうだ。それ故、池に願い事をすると叶うとか。飴のおっちゃんが教えてくれた。
f0350083_12244457.jpg


小さい山がいくつも点在していから、ピークがいくつもある。迂回も可能だが、せっかくなので稲星山を越えていく。
f0350083_12271158.jpg

着いた。が、ガスって何も見えない(笑)
f0350083_12304081.jpg


下山しよう。
f0350083_12315462.jpg


ここは水場だったようだ。晩秋には枯渇していた。
f0350083_12323122.jpg


行きとは違うルートで・・・。
f0350083_12331469.jpg

ツルツルの粘土層で、ずっこけた。ドロドロ・・・orz
f0350083_12333041.jpg

そして左膝やられた。それから滑る度に、膝がピキッと鳴き、叫びそうだった。より小股で歩数を増やし、膝が体幹より後ろにいかないよう工夫して歩くと、多少痛みを感じなくなった。

f0350083_12352887.jpg

f0350083_12393161.jpg


落ち葉の串刺しいかがですかー。地味に重量が増える。
f0350083_124044.jpg

f0350083_12404394.jpg

15:50無事に下山。

f0350083_12452589.jpg

阿蘇方面は霞んでいた。
f0350083_12494352.jpg



くじゅうYHに宿泊。シェルパのイサオさんのご両親がオーナーをしていた。一泊素泊まり2千円。私の中では高めだが、冬間近に迫る九重の麓でキャンプする勇気はない。
f0350083_12503380.jpg

f0350083_12564311.jpg


いろいろ洗って干した。
f0350083_12514155.jpg

f0350083_1253746.jpg


米炊いて、カレー自炊するといったら、「あるよ」とまかないカレーをご馳走になった!シェルパの力か・・・?!(笑)
f0350083_12535214.jpg


夜は湯たんぽを入れてくれ、ぐっすり眠れた。


なんか変な地図になってしまった(´=ω=`)




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-05-04 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(6)

近況報告こんばんは

お久しぶりです。さいちーです。
春になったのでトップ画像変えてみました。開聞岳山頂の写真です。

放置プレイを極め、5ヶ月が過ぎました。HAHAHA…(゜▽゜)


更新を楽しみにしてくださっている皆さん、すみません!m(_ _)m

この5ヶ月なんやかんやありました。旅は続けています。更新し終わるまでは、もう1年くらいかかりそうです(ぇ


f0350083_22575727.jpg


長野からカブで日本一周しているゆう君に桜島と佐賀で会いましたよ~。彼は毎日ブログを更新してるからスゴイです。あと、歩いて日本一周しているべーすけさんにも会いました。いろんな旅人に会って話すと、元気が出ます。


今年の夏のバイト先が決まりました!
※知ってる人は言わないでくださいね♪
バイトは7月中旬から始まるので、7月上旬には長野へゴールしなければならなくなりました。まだ時間はありますが、旅の終わりが決まった以上、だらだらしていられません。なのでちょうど1年でゴール見込みですね。今のところ。

相変わらず気まぐれブログですが、私と記事のゴール(いつになるんだ)をゆる~~く見守っていただければと思います(^_^)

by chidorigo | 2015-05-02 00:00 | 雑記