<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

バイト準備、荷物を送る

「ピザ配達ですか?ご苦労様です」
いいえ、違います。個人のカブです。ドラッグストアの軒下でかっぱ着てたら声をかけられました。

さいちーです、おはようございます。
f0350083_17271569.jpg

ちどり号は健在です。ダンボール積むと、見た目完全業務カブ(笑)

この荷物は次のバイト先へ送る日用品。山の上までヘリが運んでくれる。私よりも荷物が先に着いている予定。2箱送った。
f0350083_15393240.jpg


必要物品は衣類や私物、日用品、おやつ、嗜好品(茎わかめ大好き。差し入れ大歓迎)、業務用のエプロンなど。2ヶ月分必要そうな物を買ってたら二万円使ってた・・・Σ(・ω・;)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-07-17 06:00 | 山小屋2015夏 | Comments(1)

高妻山登山<戸隠牧場からの往復ルート>

トレーニングのため、高妻山(たかつまやま)に登ってきた。

高妻山は百名山の一つで、標高2353m。信仰の山だ。

4月、5月には、九州と大山に登ってきたが、夏シーズンは初登山になる。すっかり体がなまっている。水5.5L、ザック総重量10kg。泊まりの縦走並みの重量だ。


<ルート>
戸隠牧場―一不動―五地蔵山―高妻山(往復)
f0350083_1831276.jpg




朝7時半で、無料駐車場は既に満車近かった。
f0350083_1721560.jpg


戸隠山を仰ぎながら、牧場を抜ける。
f0350083_1723483.jpg



小川を何度か軽く横切る。
f0350083_174770.jpg



プチ残雪もあったが、ルートが違うので見るだけ。
f0350083_1745652.jpg


鎖場は2箇所。滝の横を上がるのと、1枚岩のトラバース。
f0350083_178486.jpg

トラバースは足場が割りとしっかりあるので、さほど怖いとは感じない。
f0350083_179676.jpg


滝に虹がかかっていた。
f0350083_17102998.jpg


一不動から先は、展望が開けて飯縄山が目の前。
f0350083_17112440.jpg

f0350083_17145466.jpg

f0350083_17164742.jpg


最終目的地、高妻山が姿を現す。
f0350083_17124587.jpg


シャクナゲが咲いていた。
f0350083_17171615.jpg


稜線を歩く。
f0350083_17182679.jpg


ピーク毎に、一不動、二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵・・・・八薬師・・・十阿弥陀まで、それぞれ名前がついている。巻き道など存在しないため、帰りもこの小ピークを地味に越えなければならない。ハードだった。
f0350083_17244631.jpg


トレーニングのつもりで持ってきた水5.5Lは、稜線の炎天下の中、私の体力を奪うには十分すぎる重さだった。とりあえず1L捨てるかどうするか悩んで、埼玉からのツアー登山のおじさんおばさん方にあげたら喜んでた。
f0350083_17305667.jpg




やっと高妻山に取り付く。ラストの急坂に苦しめられた。写真撮ってる余裕がなかった。
f0350083_17272626.jpg
f0350083_17274552.jpg



十阿弥陀に到着。体力の6割以上消耗してて、帰りが不安だった。
f0350083_17313556.jpg


頂上まであと5分地点だったが、ここで昼食を摂ることにした。
f0350083_17351321.jpg


展望抜群。ここではほかに休憩している人がいなくて最高だった。
f0350083_17335581.jpg



体力的にしんどかったので、ザックを置いて空身で山頂へ。
f0350083_17365945.jpg



北アルプスの北の端っこ、白馬三山。
f0350083_17381871.jpg


奥裾花渓谷が広がる。山深さを感じる。
f0350083_1740237.jpg


雨飾山、火打ち、妙高が北側には広がって絶景だった。ここまでの疲労感が忘れるほど!・・・・といいたいが、既に筋肉痛発動されていた。ぶっつけ本番の運動不足の私に、現実はそう甘くなかった。
f0350083_17431880.jpg

f0350083_1745617.jpg


帰りは、来た道をひたすら歩いて戻る。自分で歩くしか方法がないから、頑張るしかない。頂上付近はスカイウォークが楽しめた。
f0350083_17465634.jpg


ところどころで高山植物の声援が聞こえる。

<イワカガミ>
f0350083_17501879.jpg


<ゴゼンタチバナ>
f0350083_1751840.jpg


<アカモノ> ※これとよく似たコケモモは葉が丸くてぷりっとしてる
f0350083_175822.jpg


<ウスユキソウ系のなんか>
f0350083_17535461.jpg


<シオガマ系のなんか>
f0350083_17541797.jpg


<クルマユリ>
f0350083_17594413.jpg


<ツリガネニンジン>
f0350083_1874471.jpg


<オオバギボウシ> たぶん
f0350083_1882661.jpg


<サンショウウオ> 沢にいた。逃がした
f0350083_182189.jpg



あとは、ツマトリソウ、ニッコウキスゲなども咲いていた。


花の紹介はこれくらいにして、下山。立ち止まると虫にたかられてブンブンうるさい。帽子に蚊帳がついてるのを被っている人が結構いた。中には蚊取り線香焚きながら歩いてる人もいた。そんな人とすれ違ったときには、一瞬寺の情景が過ぎるほどの線香臭に包まれるのだった。


残り90分の一不動避難小屋で力尽きて、ひっくり返ってたら、他の登山者が「おーい、大丈夫かー」と声をかけてくれた。まあ「大丈夫です」、というしかない。

炎天下の稜線で、熱中症か、高山病か、頭痛で頭の中がガンガンしてた。水は2.5L飲んでいる。体温調整がうまくいってないのか。とりあえず対症療法で、ロキソニン飲んだ。30分ほど寝たら、多少頭痛は緩和された。

ここまで来れば、トレーニング用の水はもう不要。足かせにしかならない。2L破棄。ザックがとても軽くなった。最終的に5.5Lの水は0.5Lまで減った。

17時半、なんとか日がかげる前に下山した。
f0350083_18141476.jpg


キャンプ場には週末キャンパーが大勢来ていた。
f0350083_1817582.jpg



バッジをゲット。店閉まる前に戻ってこれてよかった。
f0350083_18184827.jpg



夕暮れの爺ヶ岳。
f0350083_18193879.jpg



運動不足すぎてハードだった。駐車場には、ほとんどの車がいなくなっていた。翌日は下肢全体的に筋肉痛だった。特に大腿四等筋とふくらはぎに来ていた。トレーニングのために持って上がった水に、結果的には体力を大いに奪われた。さらに体調不良を招き、タイムを落として日没との戦いになった。重量のある荷物は、タイムに影響し遭難の危険を高める。


夏のバイトまで身体を鍛えるはずが、今ボロボロだ(笑)


タイム 10時間(コースタイム8時間45分)
高低差 1160m
距離 11.5km



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2015-07-16 06:00 | 百名山挑戦 | Comments(2)

経過報告

お久しぶりです。

さいちーです。生きてます。


旅に出てかれこれ1年経ちました。いろんな人と出会っては別れを繰り返し、楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、襲われそうになったこと、いろんなことがありました。



大まかに説明すると、沖縄に行きーの、鹿児島に戻りーの、飛行機でばびゅーんと実家に帰ってバイトしーの、春になって再び鹿児島に戻りーので旅再開。その後山陰から紀伊半島に出て東海、関東を回ってきた。最後は人との交流が多すぎて、私を応援してくれる人たちにひたすら感謝だった。


まー、全部書いてると来年になってしまうどころか、何年かかるか分からないので、気が向いたらスタンスを貫く感じで進みますわ。


この放置ブログを応援してくれている皆さん、スミマセン!!m(_ _)m





残りのすべてをすっ飛ばして、報告です。






最後は我がホームグラウンド、志賀草津道路を通って帰ってきました。
f0350083_1639160.jpg




7月7日に日本一周達成しました!!



f0350083_16405491.jpg



みなさん応援ありがとうございました!!







気まぐれブログは続きます。

今後はバイト編に移ります。日本一周以外の記事にも興味がある方は、引き続き応援してくださると嬉しいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2015-07-15 06:00 | 甲信越編 | Comments(13)