<   2015年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

西の難所は鈴鹿峠とすき焼きと

11月27日晴/強風(19日目) 関―水口

脳内テーマソングがドリカムの「晴れたらいいね」です。

さいちーです。こんばんは

口ずさむと軽くなる足取り。今日もサクサク進みましょう。



8時半出発。ゲストハウス石垣屋の居心地良くて連泊決定。

f0350083_15274775.jpg


f0350083_16402134.jpg


荷物をほとんど置いて、鈴鹿峠越えに挑む。ザックはぺたんこ。ストックと雨具と飲み物入れ。
f0350083_16190907.jpg


f0350083_15274931.jpg


f0350083_15275201.jpg


草木が呼吸し露に濡れた木葉の香りがする。朝の雑木林の香りだ。里山の香り。深呼吸をする。生きてる山の、この香りが好き。私は山好きだと改めて思う。
f0350083_15443370.jpg


f0350083_15275491.jpg


f0350083_15275708.jpg


f0350083_15280090.jpg


旧道があるが、沿線住民の生活道路が大半で、登山道はごく一部。道中コンクリ舗装ばかりで、登山道の歩き方を忘れかけていた。

f0350083_15280383.jpg


f0350083_15280545.jpg


峠手前で既に空腹。作ってきたおにぎりを食べる。ゲストハウス自炊場があるからありがたい。

f0350083_16191122.jpg


f0350083_15280812.jpg


この看板は高圧洗浄機があれば、一瞬できれいになるはず…。もとい、峠なので水がないから叶わぬ話。この看板を読む人のためにきれいにしたいなぁ…。
f0350083_15443614.jpg


峠には何もなかった。
f0350083_15444098.jpg


f0350083_15444521.jpg



何もない峠からちょっと林の中へ進むと、鏡岩と呼ばれる岩があった。その昔、この岩は鏡面みたいにピカピカで、岩陰に隠れた盗賊が、そこに映る旅人を襲っていたらしい。鬼の姿見とも呼ばれていた。今は鏡感は皆無であった。

f0350083_15444824.jpg


f0350083_15445198.jpg


裏はどうなってるのか、反時計回りに進んでみた。頼りなさすぎるトラロープ。一歩間違えば谷に滑落する危険な岩場。時計回りに行くのが正解だった。
f0350083_15445476.jpg


鈴鹿山脈って山脈名乗るほど山脈じゃないじゃん、と長野県民は思ってしまう。鈴鹿山地でいいじゃん。と思ってたら、意外と峠からの眺めは絶景。
f0350083_15445648.jpg


f0350083_15445963.jpg


伊勢の國から、近江の國の国境を越えた。
f0350083_15450571.jpg



登山者??登山できる山がどこにあるのか見回してみたが、自分も峠越えの登山者だったことに気付いた。
f0350083_16012345.jpg



f0350083_16012630.jpg


広がる茶畑。

f0350083_16013300.jpg


鈴鹿峠は、箱根を想像してたけど箱根には全く及ばず。楽々だった。ストックいらなかった。
f0350083_16013606.jpg


f0350083_16013971.jpg


国1は鈴鹿峠をトンネルでパスしていた。トンネルも文明の利器。
f0350083_16014347.jpg

 
f0350083_16014637.jpg
 

西風が強くて寒い。上りでは暑くて上着を脱いだが、峠を越えたら急に寒くなってジャケットを羽織る。
f0350083_16191404.jpg


たんぼの畔には異世界への扉があった。この扉を開き足を踏み入れようなら、時空の狭間かパラレルワールドに迷い込み、戻ってこれなくなる自信がある。
f0350083_16191661.jpg


f0350083_16191889.jpg


f0350083_16192051.jpg


どういたしまして
どういたしまして(?)

ちなみに四面すべて同じだった。


黒柳徹子デザインの山茶花。
f0350083_16192265.jpg


f0350083_16192585.jpg


ん??んんん??!!
f0350083_16402455.jpg


ひぃぃぃぃ!!!
f0350083_17301752.jpg


獣除けの柵してるけど、これなら人間も寄り付かんわ。


f0350083_16402665.jpg


f0350083_16403004.jpg


f0350083_16403267.jpg


f0350083_16403514.jpg


ニワトリ?大きすぎやしないっすか?
f0350083_16403947.jpg



ゲストハウス主人に教えてもらった蕎麦屋玄鹿(げんろく)。見た目フツーすぎる民家。休日にもなれば行列ができる人気店らしい。
f0350083_17021451.jpg


てんぷらセット1600円。「美味しい蕎麦屋」というからには、きっと美味しいんでしょうな。たまには贅沢しませう。
f0350083_17021734.jpg


コシがあり、喉越し爽やか。信州戸隠のうずら家には及ばないが、 結構美味しかった。炊き込みご飯もてんぷらも、蕎麦より美味しかった。ボリュームあった。それでも高すぎる。

f0350083_17021979.jpg


越えた山脈は、もうあんなに遠い。
f0350083_17022072.jpg


傾く太陽と一里塚。
f0350083_17022358.jpg


f0350083_17022463.jpg


f0350083_17022621.jpg


水口宿の本陣跡は、資源回収スペースに勢力を奪われそうだ。がんばれ本陣跡……!
f0350083_17022944.jpg



坊や………若くして……頭が…(´・ω・`)
f0350083_17302021.jpg


手持ちの地図には、経路が三本も書いてある。どゆこと?首をかしげる。
f0350083_17023161.jpg


こいういことだった。どれも東海道(笑)お好きにどうぞ。
f0350083_17023296.jpg


f0350083_17302722.jpg


三筋の町、出口は三本の道が合流する
f0350083_17303029.jpg


f0350083_17303371.jpg


カクテル・サンセット
f0350083_17303478.jpg


お寺の言葉、たまにいいこと書いてある。
f0350083_17303626.jpg



暗くなってきた。
f0350083_17303897.jpg


そしてスマホバッテリー切れ。重いからと予備バッテリー置いてきたのだ。

地図頼りに歩く。ライトアップ一里塚。
f0350083_17304134.jpg



ヘッドライト点滅モードで首からさげる。ほたるみたいだが、決して求愛してる訳ではない
f0350083_17304372.jpg


♪ヘ~ッラ~イ
テ~ルラ~イ
旅は~まだ 終わら~ない~(by中島みゆき)


f0350083_18230860.jpg


f0350083_18231099.jpg


本日三雲駅で終了。電車で関まで戻る。途中一度乗り換えがある。乗り換え後に寝過ごして、気付いた時には関を通り越して亀山だった。電車は亀山で折り返しになり、出発までの間に再び寝落ち。次に起きたときには、どこかの駅で停車中。ワンマン電車の運転手にどこだか尋ねたら関だった。慌てて降りた。二度乗り過ごすところだった。




f0350083_18231200.jpg


ゲストハウスに戻ると、宿泊者が昨日より多かった。今日はすき焼きパーリーとのこと。帰った直後に「味付けよろしく!」と頼まれる。まじか。休む間暇なし。

手洗いしてから、既に食材のセッティングがされた談話室へ。



肉と野菜炒めて、割り下と水を入れようとしたら

「順番が違うやろ!」

と宿泊者のオッサンに横やりを入れられる。


・・・はぁ


そうですか?
合ってると思うのだが。これが私のやり方なんだが。



一瞬静まるゲストハウス。緊張が走る。




・・・あぁ、そうか。そうなのか!





すき焼きの作り方が東西で異なるんだ。


そりゃ噛み合わないわけだ。


私は関東で全部炒めてから割り下と水を入れて煮込むが、オッサン曰く関西は割り下だけで水は入れずに野菜の水分だけで煮込むらしい。


「いい、俺がやる」


なんだよ、もう。任されたからやってたのに。だったら最初から鍋奉行に立候補してやればいいのに。


喧嘩が始まるかと思った。山小屋でも食のこだわりで喧嘩(笑)したことあるから、別にこれくらいで喧嘩になっても私にとっては大したことない。生まれも育ちも違えば、食文化も違うのは当然。が、ゲストハウス内の雰囲気を一瞬悪くしたオッサンには水ぶっかけてやりたい気持ちになった。物には言い方があると思うのだが。


味の微調整は私が最後に行い、すき焼きは無事に完成した。宴会が始まればお酒も進み、悪かった雰囲気は跡形もなくなくなった。東西のすき焼き手順は違うんだと、オッサンと和解。わだかまりもなくなって、以降は穏やかだった。 

席が隣だった、女子東海ダーもりねちゃんと知り合う。千葉から来た彼女も、日本橋から連続で東海道歩いていた。ここまでは私と同じ日数の18日目。悩める女子大生で、ゲストハウスに集う旅人たちからアドバイスをもらっていた。青春だなぁ。私からアドバイスすることなんか特にないから、みんなのアドバイスをもとに、長い長い東海道中一人の時間に大いに悩んで考えるといいと思う。

私は明日も歩くつもりだったので、宴会はそこそこで切り上げた。女性は私を含めて4人宿泊してたが、夜の女性ドミトリーには私しかいない。宴会はオールナイトで盛り上がっており、深夜を通り越して明け方まで続いていた。朝起きたら、ようやくドミトリーには4人が揃っていたのだった。

歩行距離32km
歩行時間9時間30分

f0350083_10400462.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-12-05 21:00 | 東海道五十七次 | Comments(4)

たかが寝カフェされどネカフェ

11月27日晴/強風(18日目) 庄野―関

実はもうゴールしました(笑)

さいちーです。こんにちは

突然のカミングアウトですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

尚、誠に勝手ではございますが、おめでとうコメントをしてくださる予定の方はブログ上でゴールした時にお願いしますm(_ _)m

f0350083_09331036.jpg


快活クラブは無料モーニングがあって、いつも朝はそれを注文する。が、「油交換中」の文字。モーニング注文できず。
f0350083_21362080.jpg

トーストにドリンクバーにあるソフトクリーム乗っけて食べるとうまいからよくやる。そのトーストが今日は食べられないから、ソフトクリームのみ食べようと思い、取りにいったらサーバーメンテ中。しかもメンテ時間1~5時って書いてあるし。おいおい、店員は今何時か分かってらっしゃるのだろうか。もう6時回ってるんだが。
f0350083_21362953.jpg

↑ちなみにこれが、快活クラブ利用するときのいつもの朝食。

チェックアウトが6時半。「油交換中」が終わるのをぎりぎりまで待ってみたが、結局画面は変わらず。

フロントの人に油交換の件と、ソフトクリームの件について伝えてみたが「そうでした??」な感じ。メンテ中だと知らなかったみたいだ。ふーん。

奥で談笑していながら、なにが「油交換が押してまして……」なんだろうか。夜中にやるべき仕事をやらず、朝に持ち越し悪びれる様子もない亀山店には二度と行かない。東海道中快活クラブワースト店の称号を与えよう。

逆に最も良かったのは快活クラブ豊橋岩田店。フロントがホテルかと思うような受け答えをしていたことに驚いた。笑顔も嫌みがなくて気持ちいいし。きっと職場人間関係も良好なんだろうな、なんてとこにまで想像膨らむ居心地の良さ。また是非利用したいと思えた。勝手に東海道中ベストオブネカフェ賞。

恐らく接客はマニュアル通りなんだけど、店舗によって雰囲気はまるで異なる。店員の人柄とモチベーションとチームワークは客に伝わる。仕事上表面的に付き合ってても派閥がありそうなネカフェは感じ取れるし、食器返却口に行った際にキッチンでの人の悪口が聞こえてきたときなんかはゲンナリする。

掃除の仕方も店舗によって手の抜き方が違う。個室の上の棚までしっかり拭くところと、埃積ってるのに気づかず荷物置いて後悔するところと。べたべたのキーボードに触ったときのテンションの下がり方ははんぱない。気持ちよく使ってもらいたいと思ってるネカフェは、そういうところに気を遣っているから判る。違いは接客とブースの細かい掃除に表れる。ネカフェを見る目が肥えてきた。

f0350083_18370365.jpg

寝カフェを出ると、西の空には丸くて黄色い月がいた。既に右下が新月に向けて欠け始めていた。 昨晩は満月だっらしい。朝焼けと満月の組み合わせなんて初めて見る。寝カフェでのイラッ☆っとは一転、ラッキーな朝だと思えた。

加佐登駅からスタート。


庄野宿を抜ける。
f0350083_08213574.jpg

f0350083_08213840.jpg


小中学生の登校時間。
f0350083_08214082.jpg


どんぶりヘルメットを被ったチャリ通の男子中学生に「おはようございます!」と元気に挨拶された。おはよう!中学生、やるなぁ。感心。

f0350083_08214338.jpg

f0350083_09331384.jpg


亀山に入ったところで、軽トラのアニキに話しかけられる。亀山市のT氏といった。


「見てます」

一瞬、何が「見てる」なのか分からず困惑。話をするとブログのことだった。一応レディーに話しかけるときの手順てものがあるでしょーが(笑)ん、誰だい?レディーに疑問符つける人は。

昨日四日市でT氏の同業者から目撃情報があったらしく、「今日亀山を通るに違いない」とヤマを張り、仕事前に旧道沿いで待ち伏せしてたとのこと。カブ旅の頃からブログを読んでくれているらしい。そんな頃から読んでくれてるなんて嬉しいなぁ。

「想像してた感じとちょっと違いました」
え、どこがどんな風に違ってたんだろうか……。教えてくれなかった。気になって眠れない…(´・ω・`)

時々言われるのが、書く文章と本人にギャップがあると。顔出してないし、直接会ったときのお楽しみとしましょうか。

T氏、わざわざお仕事前にありがとうございました!



亀山市役所には温泉が併設してる。ここで働いてたら毎日入ってから帰りたい。日本一周の時も実は寄ったんだが、休館日で入れなかったのだ。3日振りの温泉でさっぱりした。
f0350083_09331527.jpg


温泉を出たらちょうどお昼時だったので、市役所内のカフェでランチを済ます。カレー500円。サラダ付ならいい値段。新米ご飯がもちもちしてて美味しかった。
f0350083_21581071.jpg


国1バイパスの側道を歩く。西からの向かい風が強い。昔の旅人も、この辺りでは伊吹おろしという西風に苦しめられたそうな。
f0350083_09331875.jpg


f0350083_09332270.jpg


f0350083_10282941.jpg


f0350083_10283307.jpg


f0350083_10283782.jpg


関町に入る。
f0350083_10284025.jpg


町並み保存地区、関宿に到着。
f0350083_10284384.jpg


f0350083_10284651.jpg


そうか世間は正月か………え、まだ早くない?
f0350083_10391875.jpg


f0350083_10392216.jpg


ちょっと観光。
f0350083_10392430.jpg


和三盆を使ったおしるこで、上品な味。本当に10円でいいのか。お代わりしてしまった。
f0350083_10392754.jpg


f0350083_10393084.jpg


f0350083_10393372.jpg


f0350083_10393627.jpg



ゲストハウス石垣屋に宿泊。

f0350083_10491815.jpg


皆で買い出しに行って、夕飯の支度。みんなでわいわい作るのは、山小屋を思い出して懐かしく感じた。料理するの楽しい。

【夕飯メニュー】
私が好きな生姜焼き、きんぴらごぼう、大根と鶏もも煮、大根の葉とじゃことベーコン炒め、大根ひき肉丼、大根葉と豆腐の味噌汁


すごく豪華!!5品もある!!
f0350083_11162128.jpg


ここんとこ鍋率が高かったようで、鍋じゃないメニューは新鮮だった様子。
f0350083_10394031.jpg


f0350083_10492437.jpg


ご飯が温かい!

器が皿だ!!


う、うまい……!!!



自分で作ってあれだが、生姜焼きうますぎてご飯お代わり。お腹いっぱいで幸せすぎる。山小屋で料理の腕が多少上がった気がする。

コンビニ飯の味気なさ、スーパー飯のお手軽さ、プラステック容器のお総菜のチープさも、手作り飯にはかなわない。


歩行距離17.4km
歩行時間4時間33分

f0350083_07523539.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-12-04 12:00 | 東海道五十七次 | Comments(10)

百里目の一里塚

11月26日小雨/晴(17日目) 桑名―庄野

よそ見して歩いてたら側溝に二度落ちました。

さいちーです。こんにちは。

目撃してたJKがププッと笑ってました。側溝内に水がなくてよかったです。



ネカフェから出ると小雨だった。かっぱ着るほどでもなく、そのまま歩き始める。まだ日の出前で薄暗い。
f0350083_12514936.jpg

七里の渡し散策。雨が本降りになってきたのでかっぱ着用。午後から晴れるらしいが、本当に晴れるのか疑問。

宮から出た船はここに着いた。大きな鳥居があった。今も海路があればこの船着き場に着いたはず。
f0350083_11111106.jpg


f0350083_11113535.jpg


街中をてくてく。
f0350083_12515845.jpg

f0350083_12520705.jpg

f0350083_12521970.jpg

桑名の名産、蛤。食べたかったが、どこの店も開店前だった。


桑名城跡地。あの石垣が城壁の名残。石垣くらいしか跡形もない。
f0350083_12523077.jpg


東海道を凝縮した公園を見付けた。
f0350083_12524093.jpg


日本橋
f0350083_12525340.jpg


f0350083_12530893.jpg

箱根越えなんか昔の話すぎて、もはや懐かしさを感じる。で、三条大橋に至る(早っ
f0350083_12532201.jpg


f0350083_12533340.jpg


f0350083_13065545.jpg


f0350083_13071549.jpg


「フフフ」って読めた。
f0350083_10201509.jpg



朝日町通過。マンホールいっぱいの梅らしき花。
f0350083_13072949.jpg

f0350083_13073847.jpg


晴れてきた。天気予報当たった。かっぱ脱ぐ。
f0350083_13074622.jpg


ザックカバー外して看板装着。これないと変な人みたいに見られるから視線が痛い。あっても視線が痛いことがあるが、大分違う。
f0350083_13080060.jpg


今日のおやつ。ランチパックシリーズまずくて嫌いだが、他に選択肢がなくてこれになった。マヨハムは割と食べられる味だった
f0350083_10202465.jpg


f0350083_13081121.jpg


四日市市突入
f0350083_13082696.jpg

f0350083_13084113.jpg


お腹に優しい乳製品毎日飲んでるからか、便秘しない。一日の運動量もかなりだから、それも調子いい要因だと思う。
f0350083_13085017.jpg



看板に惹かれてほほえみパイを食べてみた。サックサクもちもち生地に、甘すぎないあんこ。絶品だった。とても美味しいパイだった。
f0350083_13483324.jpg


一本松の手前に、日本橋からちょうど百里目の一里塚があったはずだが見落としたorz
f0350083_13484461.jpg


f0350083_13490021.jpg


四日市のゆるきゃら、こにゅうどうくん
f0350083_13490959.jpg


商店街入る手前に、地下の怪しげな喫茶店。
f0350083_13492545.jpg

ランチの看板にひかれて入る。
f0350083_13494736.jpg

想像してた「鮭のムニエル」と、だいぶ異なる。が、ボリューミーな日替わりランチ。これで680円だからお得感あった。
f0350083_13500417.jpg


f0350083_13501101.jpg


f0350083_13502282.jpg


f0350083_13503588.jpg


f0350083_14011616.jpg


本当はこの歩道橋の上がルートなんだけど、どこかで曲がり損ねたから、正規ルートに乗る。
f0350083_14013262.jpg


f0350083_14014555.jpg


とても神々しいあの光の下で、中二病な誰かが闇の精霊を召喚してるに違いない。
f0350083_14015510.jpg


f0350083_14020803.jpg


f0350083_14022497.jpg


f0350083_14023823.jpg

なんもなさすぎて不安になる。

トイレ行きたい。なんもなくて困る。とりあえず今日の終点まで我慢する。
f0350083_14025050.jpg


本日は加佐登駅でおしまい。
f0350083_14273223.jpg


元々列車の本数が少ない駅で、16時台なんか列車皆無。私が着いたのは、魔の16時台に入ったばかり……。タイミングよすぎる!無人駅のホームは寒くて身体冷えた。

電車が来る頃には、温まってた筋肉はすっかり冷え切ってしまい、筋肉痛とのダブルパンチで歩き方がぎこちなかった。

亀山駅までワープしてネカフェ泊。
f0350083_14274168.jpg


キーボードのデリート周辺キーが、全然使えない。誰かがジュースこぼしたのか、キーを押してもなかなか戻ってこない。ぬ~っとキーが上がってくるから連打と認識されて、打った文章が消えていくトラブル。キーボード交換してもらった。 おにゅーになったら絶好調だった。

時々私のタイピング速度に着いてこれないPCがいるが、ネカフェのPCは優秀。快適に使える。

歩行距離33.5km
歩行時間8時間30分

f0350083_10203924.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-12-02 12:00 | 東海道五十七次 | Comments(4)