<   2016年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

グンマー国境、毛無峠

ここはグンマー国境である。

f0350083_23294133.jpg

ちどり号とプチツー。毛無峠にやってきた。奥に見えるは浅間山。


f0350083_23160565.jpg



ここにはかつて、小串鉱山と呼ばれる硫黄鉱山があった。今や錆びた鉄塔が時の流れに身を任せるのみで、かつての繁栄の面影はない。

愛好家たちが飛ばすラジコングライダーのモーター音と、時々やってくるライダーたちのエンジン音が、このグンマー国境に訪れる人の存在を示していた。

毛無峠から、すぐのところに破風岳がある。山頂まで片道20分ほどと、お手軽登山ができる。
f0350083_23160878.jpg


北軽井沢と名乗れば、軽井沢ブランドとしての土地が売れると思っているグンマー。ほぼキャベツ畑の嬬恋村と隣り合わせ。国境も、県境も、ただ見ただけでは線が引かれてる訳ではないから見分けがつかない。
f0350083_23161123.jpg


線を引くことで責任の所在を明らかにできるが、あらゆる物事において線を引きたがる風潮は好かない。

f0350083_23161453.jpg


もっとゆるくていい。
f0350083_23161744.jpg



あ、鹿島槍だ
f0350083_23161975.jpg


最高。
私の「最高」の基準は普通の人より低いかもしれない。その分、私は普通の人より 満足度が高いと思っている。
f0350083_23162279.jpg



ギンリョウソウ、こんにちは。
f0350083_23162773.jpg


歩きやすい。すれ違った男性に「女性で履いてるのは珍しいね」と言われた。意外と足元を見られているようだ。「歩きやすいですよ」おすすめしておいた。
f0350083_23163329.jpg


破風岳を下り、グンマー国境を後にする。

国道最高地点にふらっと立ち寄り、次の山へ。
f0350083_23163602.jpg



駐車場から20分で山頂。300名山、笠ヶ岳(かさだけ)
f0350083_09421069.jpg


横手山が見える。大岩の日陰で一休みしてから下った。
f0350083_09421335.jpg




梅雨が明けた。
今年も短い夏が始まった。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-31 10:10 | ちょっとそこまで | Comments(8)

青空復活大逆転!種池山荘ピザ日和【針ノ木爺ヶ岳周回縦走-3】

早口言葉みたいなタイトルです。

さいちーです
こんにちは

更新にかなりの時間を費やした針ノ木爺ヶ岳縦走ですが、お待たせしました最終回。


↓前編はこちらからどうぞ↓

1;「海の日は山へ、虹の扇沢」

2;「土砂降りの針ノ木雪渓」


f0350083_11482659.jpg



<ルート>
扇沢-針ノ木雪渓-針ノ木峠-針ノ岳-スバリ岳-赤沢岳-鳴沢岳-新越山荘(宿)-岩小屋沢岳-種池山荘-爺ヶ岳-種池山荘-柏原新道-扇沢


f0350083_12501544.jpg



朝の4時頃には廊下を行き来する宿泊者の足音で目が覚めた。とはいえ、泊まっていたのが17人だからさほど気にはならなかった。

山で朝を迎えるなら、御来光が最大のイベントだと私は考えている。結露した窓の向こうで、夜明け前の群青が朝を待っていた。ダウンを羽織り、外へ出る。

f0350083_11482894.jpg


昨日の厚い雲は、きれいさっぱりどこかへ消えていた。扇沢ターミナルの灯りが遥か下で小さく光っていた。あんな下から上ってきたのか。

f0350083_11483130.jpg




雲は桃色に染まり、空の世界に色を運ぶ朝日を待つ。やはり、山で迎える朝は格別だ。

f0350083_11483376.jpg


f0350083_11483789.jpg


f0350083_11483973.jpg




針ノ木峠からは、ひょっこり槍ヶ岳が覗いていた。やあ、おはよう。
f0350083_12125486.jpg


後立山連峰の朝焼けシルエットが美しい。
f0350083_12125789.jpg



刻々と静かに表情を変えていく山々。地図には載っていない新越岳(通称:偽ピーク)で日の出の瞬間を見ることはできないが、モルゲンロートに包まれた蓮華岳や針ノ木岳が、今日の訪れを教えてくれた。

f0350083_12125983.jpg


f0350083_11484271.jpg



f0350083_11484455.jpg



f0350083_11484785.jpg



朝日を浴びた剣岳の圧倒的存在感。ラスボス感を醸し出すあの頂きに、もし神々が住んでいると言われたら、信じるかもしれない。

f0350083_12130283.jpg


朝焼け鑑賞会を終えて部屋に戻り、朝食まで一眠り。空腹すぎて、水気が抜けたナスやキュウリの如く縮みそうだった。朝食はご飯をお代わりし、本日のエネルギーを充填したのだった。同部屋のソロ女性客と仲良くなり、気が向いたら北岳で会おうと緩~い約束を交わす。

休暇のぽんちゃんが、爺ヶ岳までの道中をお供してくれることになった。遭対協のH氏は『救助で役立つロープワーク講座』を開き、小屋のスタッフに伝授していた。お先に。彼とはきっと今日もどこかで会うに違いない。


稜線歩きは最高だった。天候視界ともに良好で風も弱い。ここまでの好条件は、年間の山行を通しても、そうそう出会えない。

これから歩く爺ヶ岳までの稜線。
f0350083_12252729.jpg



これまで歩いてきた稜線。振り返れば大パノラマ。
f0350083_12130833.jpg


左後方には立山連邦、右には大町市街を覆う雲海、浅間山、そして八ヶ岳、富士さん。富士さんの右には南アの山塊。ロケーションも良い。昨日の悪路バッドな山行とは180度の回復振りに、テンションが上がる。

f0350083_12131062.jpg


f0350083_12131583.jpg



ハクサンフウロ
f0350083_12131999.jpg


チングルマ
f0350083_12132212.jpg


なんだっけ。よく見るけど毎年思い出せない。
f0350083_12253713.jpg


アオノツガザクラ

f0350083_12254367.jpg


種池山荘手前で、「ようこそ!」とキヌガサソウが満開で出迎えてくれた。

f0350083_12254939.jpg



ぽんちゃんと近況報告をしながら歩いていたら、あっという間に種池山荘へ着いてしまった。

山荘にザックを置き、爺ヶ岳山頂までピストンする。
f0350083_12255376.jpg



ああ、美しすぎてため息が出る。いくらでも眺めていられる。山荘があんなにちっちゃい。

f0350083_12260068.jpg


山荘に戻って来る頃には、雨で濡れたザックは照り付ける太陽のおかげで、概ね乾いていた。


種池山荘名物のピザをいただく。ピザ焼き専用の丸いオーブンが2台あり、次々に入る注文を受けテンポ良く焼き上げていた。あのオーブン欲しいとちょっと思ったり。
f0350083_12265132.jpg


直径18cmくらいのピザで、基本は6枚切り。希望すれば8枚切り等、柔軟に対応してくれる。山の上でチーズなんて贅沢だ。ボリュームがあって大満足。 ぽんちゃん、ごちそうさま。
ちなみに種池には専属の調理師がいて、まかないが美味いらしい。
f0350083_12265558.jpg


中の席でピザに舌鼓を打っていたら、H氏が外の注文口に現れた。ピザをぺろっと平らげて、下山していった。

まだ11時くらいなのに、周囲にはガスが上ってきた。朝の快晴っぷりはどこへやら、もう真っ白になった。

f0350083_12260825.jpg


ぽんちゃんにお礼を言い、互いの健闘を祈って別れた。彼女は笑顔で見送ってくれた。山生活が終わって下山したら、またうちに遊びにおいで~(^_^)/


柏原新道をたったか下る。30分ほどでH氏に追いついてしまった。

「また変なオジサンと一緒になっちゃったね。いいんだよ、先に行って。嫌なら嫌ってはっきり行った方がいいよ」

人が嫌がることをするのが好きだったらしく「性格悪い...」と言ったら、「昔は今は違うよ」といいながらも、私と同じ速さに上げていた。2日間のうち半分はなぜか一緒に行動していたので、だんだんお互いの性格が分かってきて面白かった。

f0350083_12440921.jpg


歩き方レクチャーや、ザックの背負う位置レクチャー等を歩きながら教わる。あとはだらだら身の上話と世間話をしてるうちに、扇沢がみるみる近づく。扇沢は満車御礼だ。
f0350083_12441539.jpg


ついさっきまでいた稜線や、山頂は雲の中だった。 コースタイム2時間45分のところを1時間45分で下った。あっという間に登山口に着いてしまった。 山へ一礼し、駐車場まで歩いて戻る。H氏と停めた駐車場が違ったため、彼とも途中で別れた。H氏とは、またどこの山でひょっこり会う気がしてならない(笑)

f0350083_12441935.jpg



近くの共同温泉に入り、大好きなCCレモンで一服し、生き返る。そして帰路に着いた。

f0350083_12442306.jpg



次は予定は山の日の縦走。鹿島槍から唐松を計画しているけど、3日間あるからどうしようか検討中。



<反省会>
・雨の日のザックは内部まで濡れるから、防水対策が必須。
・雨でザック内の行動食が出せずに困った。おやつボトルを作ろうかと思う。
・両下肢筋肉痛、両腰部擦過傷、両母趾付け根に水疱できた。
・オニューになったゴローのソールは、雨に濡れた岩の上でも滑りにくかった。
・扇沢の駐車場は市営無料Pから埋まるし、朝6時で満車。早起きしてもこれからの時期は停めるのが難しそう。
・コンタクトは洗浄液持ってくのが重い。使い捨てにしよう。
・雨で喉が乾かないからといって、水飲まないと脱水になる。
・雨の場合を想定して、着替え1着は必要。下着までびしょ濡れ。何を血迷ったか、ユニクロのエアリズムを着て行ったら全然乾かないどころか、休憩時に体温奪われて寒かった。
・地図も濡れてしまった。ジップロックに入れる



3部作にお付き合いいただきありがとうございました!


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-27 12:45 | 百名山挑戦 | Comments(0)

土砂降りの針ノ木雪渓【針ノ木爺ヶ岳周回縦走1泊2日-2】

1泊2日の記事ですが、長いので書くのに息継ぎが必要です。3部構成です。約3400字の第2部は長編です。どうぞお付き合いください。


1;「海の日は山へ、虹の扇沢」こちらから



<ルート>
扇沢-針ノ木雪渓-針ノ木峠-針ノ岳-スバリ岳-赤沢岳-鳴沢岳-新越山荘(宿泊)-岩小屋沢岳-種池山荘-爺ヶ岳-種池山荘-柏原新道-扇沢


f0350083_17053151.jpg


ここから、北アルプス三大雪渓のひとつ、針ノ木雪渓に挑む。日本三大雪渓と紹介されてる場合もある。

雪渓下部には丸太橋が架けられていた。雪解け水が成す川の勢いは強く、端は半分水に浸かっていた。雨だから余計に水量が多かったのかもしれない。

周囲の登山客を見ると、誰もアイゼンを着けていなかった。雪渓の斜面も比較的緩やかで、私もアイゼンなしで上り始めた。

雪渓上には赤色のラインが引いてあり、ルートを示していた。雪渓とはいうが、雪というよりガリガリの氷だ。凹凸のあるアイスバーンの上を上っていく。赤インクはだんだんイチゴシロップに見えてきて、巨大なかき氷の上を歩いている気がしてきた。遠めに見れば私は蟻より小さな点のはずだ。蟻気分で標高を上げて行く。

上り始めは緩やかだった斜面も、徐々に角度を上げてきた。雪渓の割れ目が大きな口を開け、恨めしそうにこっちを見ている。頼むからこっちを見ないでくれ。

f0350083_17053532.jpg



足の下では雪渓中の水が集まり、下流を目指していた。足を滑らせたら止まる手段がない。雪渓の口に落っこちたら、海の藻屑ならぬ山のもずくとなりかねない。真冬の滝つぼに落っこちた身からすると、それだけは避けたい。 雪渓の両サイドにも近づきすぎないよう注意する。

f0350083_17053869.jpg


傾斜が少し緩んだ場所で軽アイゼンを装着。氷を掴む足裏の感触が生まれる。安心感が全然違った。

雪渓を下ってきたソロの女性も軽アイゼンを履いていた。すれ違う際、「慎重に下りればツボ足で大丈夫って聞いた」と話していた。新雪じゃないんだから「ツボ足は無理だよね」との結論に至った。


上部に行けば行くほど傾斜がきつくなった。足を滑らせたら転倒し、もれなく恐怖の滑り台を上から下まで一気に滑り落ちるこになる。雪渓の口に飲まれるか、岩にぶつかり骨が砕けるかのどちらかだ。多発性外傷か脳挫傷では死にたくない。

f0350083_17054178.jpg


所々、地図上の県境みたいな亀裂が入っていた。新しそうな亀裂だ。 どうか、私のときを見計らって足元が崩れ落ちませんように。

f0350083_17054581.jpg


雨は土砂降りで、雪渓に雨粒が当たって染み込む音が谷にこだまし、大きく響いているように感じた。頼むから、あまり大きな音を立てないでくれよ。

f0350083_17054836.jpg


私の願いも届かず、雨は一層激しさを増す。自分の足音さえも、雪渓の亀裂を大きくしてしまうのではないか。疑心暗鬼に陥りそうだった。

そんな私の唯一の支えが、コイノボリだった。霧の中を泳ぎ、道筋を示してくれた。おかげで恐怖心が和らいだ。

f0350083_17055202.jpg


谷を囲んでいた岩壁が開けて、少しだけ明るくなった。雪渓上部に着いたのだ。50分程の雪渓歩きもここで終わりとなる。アイゼンを外し、夏道に出る。コイノボリは雪渓案内の役割を終え、尾を振って見送ってくれた。

f0350083_17055564.jpg


夏道、その先は急登だった。雨宿りや休憩をできる場所がなく、歩き通しで疲労が貯まってきていた。晴れていればコルに小屋が見えてくるはずだが、ガスっていてどこまで歩くのか見当がつかない。

f0350083_17055873.jpg


エネルギー切れで、数歩歩いては立ち止まってを繰り返す始末。とりあえず行動食を口に入れて気力で進む。


f0350083_17060125.jpg


やっとのことで針ノ木峠にたどり着く。小屋に入り、土間のテーブルで雨宿りをさせてもらう。レインウエアを着ていても、下着まで濡れてしまって寒い。右隣のオッサンが旨そうに小屋のランチメニューのラーメンを啜っているのを横目に、持ってきたおにぎりとプラムを食べる。温かそうなラーメンを見てたら、なんとなく温まってきた気がしないでもない。・・・私は疲れているようだ。

f0350083_17292610.jpg


ラーメンを平らげたオッサンは、この山域をよく訪れるそうだ。ケータイを取り出し、どこかへ電話をかけ始めた。小屋の予約をしているようだった。


「あいにく、お姉さんと泊まる小屋が一緒ですよ」


私はお先に、と針ノ木小屋を出た。雨も風も強く、視界は10~20m程度。10分もせずに先ほどのオッサンに追い付かれる。道を譲るが、ペースが同じようで一緒に上って行くこととなった。


彼はH氏といった。左腕には三歩がデザインされた遭対協のワッペンを付けていた。今日はオフだけど、コースの下見に来ているから半分仕事みたいなもんだと言っていた。H氏の本職は登山ガイドで、脱サラしてこの道に進んだという。

f0350083_17293022.jpg


自分家の屋根を自分で塗り直したり、手ぬぐいの端を三つ折りにしてミシン掛けするなど、かなり器用で几帳面な性格なようだ。御嶽の噴火の日に、ガイドをしていた話を聞いた時には、雨に濡れて冷えきった手に汗握ったものだ。

f0350083_17293313.jpg


稜線では富山側から風が吹き付け、雨が真横から顔に当たって痛かった。ガスガスで現在地すら分からない。風を避ける場所も、休む場所もなく、ただひたすら白い世界を歩き続けた。

f0350083_17293554.jpg


H氏は「あとこれを上り切れば頂上(ピーク)だ」「この先1時間半くらい歩けば次のピーク」「晴れていれば左に黒部湖、右に雪渓が見える」等、適宜目標や位置関係を伝えてくれ、白い世界の外の情景を想像できた。 おそらく一人で歩いていたら、足元のガレ場に集中し、延々と続く視界不良の稜線に苦しめられていたことだろう。

f0350083_17293879.jpg



いつしか雨は止んでいた。東の風が雲を動かし、一時の明るさを運ぶ。

f0350083_17294181.jpg


ハイマツとシャクナゲが斜面を覆っていた。針ノ木稜線縦走路は、シャクナゲロードだった。

f0350083_17294314.jpg



「しっ。ほら、会いたがってたライチョウがいるよ。お先にどうぞ」

f0350083_17294752.jpg


赤沢岳の手前で、H氏が立ち止まった。見ると、メスのライチョウと雛が3匹歩いていた。ハイマツの茂みへ入っていく彼らを見送った。

f0350083_17295272.jpg


ライチョウに会うと、不思議と足取りが軽くなる。

f0350083_17295434.jpg


その時、ガスが途切れて左側の展望が開けた。エメラルドグリーンの水(H氏曰く、水が腐ってる)を湛える黒部湖が姿を現した。一艘の白い船が、日の光を浴びて輝いているのが見えた。私の折れそうだったココロにも光が差し込んだ気がする。白い世界から、今日初めて見る下の世界に、立ち止まって暫し見入った。

f0350083_17404444.jpg


f0350083_17404989.jpg



赤沢岳と鳴沢岳の間、遥か下の山中を針ノ木隧道が貫く。何か聞こえたり感じたりしないかと、少し期待していたのだが、何も聞こえないし感じなかった。

f0350083_17405211.jpg


f0350083_17405685.jpg


名所、一反もめん岩

「反対側からだと岩が黒くて一反もめんに見えないんだよ」

ガイドのH氏は教えてくれる。

f0350083_17410081.jpg



厚かった雨雲は手持ちの雨粒を全て落し終えたらしく、徐々に雲が薄れていった。鳴沢岳から40-50分下れば本日の目的地、新越山荘だ。山荘に着く頃には大町市街地が見えていた。

f0350083_17410379.jpg


f0350083_17410630.jpg


f0350083_17411093.jpg


新越山荘では、ぽんちゃんが出迎えてくれた。 彼女はリトルカブで旅する女子で、日本一周を一時中断し、山で旅資金を稼いでいる最中。彼女との出会いはブログだが、もはや旅仲間を通り越して友人である。私の家にも2度泊まりにきてくれた。


彼女のブログはこちら⇒ちいさなカブ~リトルカブで日本一周の旅~
私もちょっぴり登場したりします(^_^)/



そんな彼女にお土産を渡す。ザックの大半を占めていた気圧で膨張した下界のお菓子がなくなり、ザックが一回り小さくなった。


“ザ・山小屋“の環境で、ぽんちゃんは働いていた。私が昨夏働いていた小屋よりも、食材や水、風呂の制約がある。頑張ってるな~。海の日にも関わらず宿泊は17名と、とても落ち着いている小屋だったので静かに過ごせた。

f0350083_17411897.jpg



8時間半歩いて、水はたった350mlしか飲んでいなかった。通りで一度もトイレに行きたくならない訳だ。

f0350083_17411465.jpg




夜は従業員に混ぜてもらい、H氏が持ってきた白馬の酒、大雪渓をちゃっかりいただいた。雪渓上ってきて、大雪渓飲んだら、もう寝るしかないじゃないか!というわけでおやすみなさい。

従業員は明るく、雰囲気のいい小屋だった。


私が案内された女性部屋には、私の他にもう1人しかいなくて、ゆっくり休めた。

f0350083_18004458.jpg



1日目歩行 8時間30分

~続く~



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


by chidorigo | 2016-07-22 06:43 | 百名山挑戦 | Comments(6)

海の日は山へ、虹の扇沢【針ノ木爺ヶ岳周回縦走1泊2日-1】

まだ梅雨も明けず、どんよりした天気が続いていた。それでも連休となれば、山に呼ばれている気がしてくるものだ。1泊2日で、針ノ木岳から爺ヶ岳を縦走してきた。
f0350083_12431222.jpg



<ルート>
扇沢-針ノ木雪渓-針ノ木峠-針ノ岳-スバリ岳-赤沢岳-鳴沢岳-新越山荘(宿泊)-岩小屋沢岳-種池山荘-爺ヶ岳-種池山荘-柏原新道-扇沢



日が昇る頃に家を出発。扇沢の市営無料駐車場には予定通り6時に到着した。既に多くの車が停まっており、私が入った10分後には警備員によって「満車」の看板が出されていた。

出発支度を始めると、霧雨が降り始めた。車内でレインウエアを来て、ザックカバーをかける。きっと雨の山行になるだろう。天気予報も雨たから、ずぶ濡れの覚悟はできている。

濡れたら困る着替えやダウン、モバイルバッテリー等は全て防水バッグに入れた。ちょうど一年前の海の日、山小屋バイトの入山も雨でタブレットが水没した苦い過去の教訓を生かす。
f0350083_19452539.jpg


扇沢のターミナルには、黒部ダムへ向かう観光客が、チケット売り場に既に長い列を作っていた。雨支度を整えて歩く私に、観光客の好奇の視線が集まったが、私からすれば雨具も防寒具も持たずに山に入ろうとしている観光客の気が知れなかった。

扇沢にとっては登山客も観光客も関係なく、虹を架けて人々の入山を歓迎していた。寛容だ。

ターミナルの左端には、小さなテントが建っていた。おばちゃんが一人いて、登山届を回収している。登山届を書いてこなかった人には、その場で書かせていた。おばちゃんは山の門番だ。レポート用紙に書いた持参の登山届を、門番に渡す。
f0350083_12431763.jpg


「今流行りの山ガール?」
サングラスの門番は私の装備を上から下までチェックする。

「ガールって歳でもないですし、山ガールの響きが好きじゃないです」
はい、と素直に言えばいいのに捻くれている。

「じゃあ何がいいの?」

ヤマオンナで!」

「あはは!山オンナなんて泥臭い!いいじゃないの!気を付けて、行ってらっしゃい!ヤマオンナ!」

「あはは!行ってきます!」門番に快く送り出された。

この先、このやりとりを思い出しては1時間笑っていられた。


黒部ダムへ向かう、トロリーバス用の九十九折りの道をショートカットする登山道は、トンネル手前で左に逸れた。

f0350083_12432092.jpg



おいしそうなキノコが一株、登山道の足元に生えていた。
f0350083_12432527.jpg



ブナ林とチシマザサの豊かな森の中を進んでいく。雨は強くなったり弱くなったりを繰り返す。葉に当たる雨音に包まれる梅雨の森。ブナはやがて白樺に変わる。最初のチェックポイント大沢小屋を通過すると、程なくして雪渓の始まりが見えてきた。

f0350083_12432929.jpg



f0350083_12433431.jpg


~続く~


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-20 12:43 | 百名山挑戦 | Comments(0)

海の日縦走から帰還

山の上で働くぽんちゃんに会いに行ってきました( ´∀`)

f0350083_22415649.jpg


f0350083_22420034.jpg


写真まとめたら更新しまーす!



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2016-07-18 22:42 | 百名山挑戦 | Comments(2)

相棒ゴローのソール交換

ゴローのブーティエルをソール交換に出した。

ブーティエルを使い始めて3年目。ソールが削れてきて、ちょっとした岩の上でも滑る頻度が僅かに増えた気がする。気がするだけかもしれないが、本格山シーズンが始まる前に調整するに越したことはない。
f0350083_22512299.jpg


ゴローへ連絡してみると、1週間でできるとのこと。オーダーしたときみたいに1-2ヶ月待ちなんてことは、ソール交換ではないようだ。タイミングのいいことに、梅雨の期間に変えられる。早速梱包して送った。


これがビフォー。
f0350083_22512648.jpg


f0350083_22513447.jpg


f0350083_22514767.jpg


そしてアフター。めちゃきれいになった!

f0350083_22515702.jpg


f0350083_22520926.jpg


f0350083_22522320.jpg


修理に1週間もかからず、6日目に帰って来た。 真新しいゴムの匂いがする。新しいものは嬉しい。ひとりでニヤニヤしてしまう。


おかえり。今夏も、これからもよろしく。



↓いつもぽちっとありがとうございます!
お陰さまでブログ村のランキング一位獲得中です\(^o^)/↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2016-07-15 06:44 | 装備 | Comments(4)

七夕の願い事

「所持許可下りた!」
嬉しい感情のまま目が覚めたら朝でした。

さいちーです
おはようございます


正夢になりますようにー




そんなんだから、本命の短冊吊るしてきた。
f0350083_22572663.jpg





ベランダの家庭菜園収穫!前の住人の置き土産のジャガイモが採れた。
f0350083_22573026.jpg


もうひとつ置き土産のネギ坊主から、種も取れた。いつどのタイミングで撒けばいいのか不明なので、とりあえず大切に持っとくことにする。撒く機会伺い中。
f0350083_22573497.jpg



収穫祭でカレーを作ろうと思ったら、なぜか甘口ルーを買っていた。過去の自分よ……なぜ中辛以上にしなかったのだ……。
f0350083_22573887.jpg



収穫した二十日大根とジャガイモで、甘口カレーとサラダの出来上がり♪
f0350083_22574137.jpg



それから、アボカドからついに芽が出た。今のところの発芽率は1/5。冷蔵庫に入れてしまうと発芽率落ちるし、某スーパーで売ってるアボカドは全く発芽しない。海を越えてきて異国の地で生きようとするアボカドの生命力に驚いている。
f0350083_22574488.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-13 07:18 | 雑記 | Comments(4)

6月新潟県妙高山

6月上旬の登山道状況をお伝え。
f0350083_22235499.jpg


<ルート>
燕温泉登山口-燕登山道(左俣)-天狗堂-妙高山山頂-長助分岐-燕新道-燕温泉登山口

コースタイム 7時間

f0350083_22240098.jpg


出だしで道を間違え、北地獄谷に迷い込んだ。沢を渡ってから踏み跡が不明瞭になり、ついに誰の足跡もなくなってしまったので間違いに気付いた。正規ルートに戻り、気を取り直して再スタート。30分のロスだ。

f0350083_22240784.jpg

f0350083_22242089.jpg


妙高山を右前方に見上げながら近づいて行く道や雰囲気は北岳に似ていた。外輪山の尾根沿に上がるとガスで景色は見えなくなった。やや新鮮な熊糞もあった。
f0350083_23044964.jpg


f0350083_22242692.jpg


f0350083_22243251.jpg


f0350083_22243822.jpg


ぬかるみは少ないものの、ブヨがものすごく多くて呼吸を整えるために立ち止まろうものなら、容赦なくたかられた。おかげで全身14箇所も刺された。特に耳がひどくて、左右合わせて4箇所やられてしまい、翌日には赤く腫れ上がり、痒みより痛みに襲われた。

f0350083_22244507.jpg


鎖場が一区間あったのみで、難所は特になし。山頂はロックガーデンで、火打山も望めた。太陽の周りには日暈が出ていた。天気は下り坂かもしれない。ガスも晴れ、下界と斑尾山、野尻湖が見えた。

f0350083_22292591.jpg


f0350083_22293138.jpg


f0350083_22245097.jpg


f0350083_22293498.jpg


f0350083_22245322.jpg


北斜面は急坂で、ゆっくり下らないと膝にきそうだった。残雪も多く、ソリ持ってくればよかったなぁと少し思った。軽アイゼンを持ってくるのを忘れたので慎重に下る。
f0350083_22293938.jpg


スノーブリッジが多く、踏み抜いた跡がいくつもあった。私もいくつか穴を開けた。雪解け水が川を成し、登山道は川の中なんてこともしばしばあった。スノーブリッジからの丸太橋、これは下山でよかったと思った。上りだったら怖くて躊躇ったと思う。
f0350083_22294563.jpg


f0350083_22295160.jpg


水木しげるの描いた妖怪のひとつ、つちころびみたいな枯れ草の塊があった。といって、何人くらいに通じるのか不明(笑)

f0350083_22295903.jpg


下山してバッジも買って、山行終了。

f0350083_22300363.jpg


ブヨに刺されたところが痛すぎる。今回アームカバーを忘れたのもいけないし、露出が高かったのも虫に多くさされた原因だろう。今後、露出を減らすのと同時に虫対策を考えようと思う。
f0350083_22300833.jpg


ツマトリソウとコイワカガミ
f0350083_22374770.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-11 14:05 | 百名山挑戦 | Comments(0)

牧場のショウジョウバカマ

タケノコハンティングついでに散策してきた。


ショウジョバカマがちらほら。
f0350083_17460476.jpg



牧場に出ると、すぐそこが空だった。
f0350083_17460629.jpg


牧場トレッキングも楽しい。スパイク最強。薮漕ぎが楽しい。
f0350083_17460996.jpg




見るからにやばそうなキノコが生えてた。帰ってから調べたら毒キノコだった。脳みそみたい。
f0350083_17461147.jpg



流行も落ち着いてきたネマガリダケ。
f0350083_17461398.jpg

挽き肉とシラタキと一緒に、みりん砂糖醤油で時雨煮。これが一番好き。ご飯もモリモリ進む。

f0350083_17461553.jpg

タケノコご飯も作ってお腹いっぱい。


人間と熊とで狙うものが一緒だと、鉢合わせてそりゃ喧嘩になったら人間が負ける。それでもやめられないのはタケノコに取り憑かれてるから。私も取り憑かれてしまい、しばらく夢の中にタケノコが出て来て困った。タケノコの誘惑と自制心に負けた時、山にまで持って行かれる場合があるから、タケノコハンティングは命懸けだったりする。

そろそろタケノコシーズンも終わる。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
by chidorigo | 2016-07-09 23:03 | ちょっとそこまで | Comments(0)

朝焼け探して美ヶ原

真夜中、街灯のない県道をハイビームで上って行く。尻尾がふわっとした小動物が道を横切り茂みに消えた。ビーナスラインに合流し、美ヶ原に着いたときには既に日付は七夕だった。
f0350083_19522615.jpg

風が強く、流れる雲が速い。峠を越えると下界には上田の街の灯りが見えた。寝る支度を整えた。資源回収に出すために後部座席に積みっぱなしだった段ボールは、座席を倒したときにできる凹凸を軽減するのに役立った。

コンタクトの洗浄液を持ってくるのを忘れてしまい、仕方なく一晩そのままで寝ることを選択せざるを得なかった。シュラフを掛け、フラットにした車内に寝そべる。ふと、カーテンの隙間から見える空に雲が消えたことに気づく。

もしかして、星が見えるかも。

助手席のドアに手を掛けると、風がドアを開くのを手伝ってくれた。空には満点すぎる星空が広がっていた。真上には天の川。星の観察にはちょっと引っ込んでいてほしい月は、私の希望が通じたのか朝7時以降に昇ってくるようだ。繊細な星の瞬きをより一層感じられる。しばし寝そべったまま、車中からの贅沢なプラネタリウムを楽しんだ。
f0350083_13194472.jpg


明け方、4時半頃に目が覚めた。昨夜から変わらず風が強くて、時々車が横に揺らされていた。東の空が白んで来ている。浅間山の向こうには雲がかかっていて、朝日が雲を乗り越えるまでにもう少し時間がかかりそうだった。

f0350083_13194755.jpg


f0350083_13194935.jpg


防風パーカーを羽織り、外に出る。昼間の猛暑と無縁の高原は、爽やかに朝を迎えた。
f0350083_13195245.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2016-07-07 12:05 | ちょっとそこまで | Comments(0)