竹のカンジキ手に入れた

ずっと欲しいと思っていた。

竹のかんじきをいただいた。登山用のものはアルミが主流で爪がついている。竹はそれよりも軽くて爪なしだ。
f0350083_21294715.jpg


竹の輪の中、星のように紐が巡らされている。ドリームキャッチャーのようにも見える。


早速試してみたいと思ったら、いてもたってもいられない。車を走らせ菅平へ。根子岳と四阿山がすぐそこいる。山に登るには遅い時間で、午後の日差しが柔らかい。

f0350083_21295266.jpg


f0350083_21295684.jpg


風が雪原に波を立てていた。
f0350083_21300248.jpg


ずぼずぼ歩く。坪足よりも沈まない。浮力はスノーシューの方が上かな。私が通 った後には丸い足跡が残る。
f0350083_21300810.jpg



あ、左足が抜けてしまった。
結び方を教えてもらわなかったので、結び方は手探り。何回か結び直していくうちに、ほどけない方法が見えてきた。
ちなみに左右逆にはいてたらしい(笑)
f0350083_21301279.jpg



空が青い。とりあえずあの木の下まで散歩して、ひと休みして帰ることにしよう。
f0350083_21301553.jpg



ピラミダルな高妻山がカッコイイ。かっこよすぎてひれ伏したくなる。
f0350083_21301990.jpg



駐車場まで戻って帰路につく。カモシカ氏と出会った。見つめ会うこと約2分、その間微動だにしないので時間の流れが止まってしまったのではないかとさえ感じた。
f0350083_21302442.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


# by chidorigo | 2017-02-16 21:45 | ちょっとそこまで | Comments(2)

弾入れに100均ペンケース


f0350083_20514316.jpg

このシリーズのペンケースが調子いい。

f0350083_20514746.jpg


12番が8発入る。箱捨てちゃった余った弾の管理によさげだ。

f0350083_20515303.jpg


f0350083_20515811.jpg

頑張れば9発入る。

透明、黄、ピンク、グレー、ブルーなど。
ただ、どれも蓋に女子っぽい絵が描いてあるのが難点。

ダイソーさん!無地のペンケースを希望します!あと、横にもう5mmほど伸ばしてくださいっ!!(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
# by chidorigo | 2017-02-14 07:48 | やまもり | Comments(2)

錆び錆びオピネル

2年くらい使わなかったら、折り畳んだ刃が出せなかった。

f0350083_00044050.jpg


ラジオペンチでつまんで刃を引っ張り出した。錆び錆びだ。

研いではみたものの、錆を完全に除去するのは難しい。研いでも切れ味最悪なのは、研ぐ腕がいけないんだと分かってる。

一度プロに研いでもらいたいんだけど、どこでやってくれるのだろうか(・ω・)



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
# by chidorigo | 2017-02-11 00:33 | やまもり | Comments(6)

吹雪いてるのは気のせい

帰宅したら、ベランダにキジが提げられてました。
f0350083_21315978.jpg


さいちーです
こんばんは


ご近所へお裾分けする野菜とかみかんの感覚だと思うんですが、キジは初めてでびびりました。ちなみに犯人は師匠でした(笑)



外は寒いのでお風呂場で捌く……死後硬直で羽を広げるのに力がいった。
f0350083_21320268.jpg




こんな感じにつるんと剥ける。鴨よりも簡単につるっつるになる。ちょっとセクシーかもしれない。
f0350083_21320458.jpg





1月の寒波の真っ只中、時折り膝下まで埋まりながら猟へ出た。この吹雪なのに猟中止の発想はないらしい。山に入るのはやめて、近場にした。

f0350083_22072073.jpg

体力勝負で藪漕ぎよりも半ラッセルの方が体力いるかもしれない。


水面にいる鴨に、陸からそーっと近づき、木々の隙間から鴨撃つチャンスを伺う。雪が降っていると鴨もギリギリまで飛び立とうとしない。
f0350083_21321012.jpg


3発撃ったが全然当たらず逃げられてしまった。結局移動した次のところで師匠が仕留めた。
f0350083_21321229.jpg


この日は1鴨1キジで、グリルで砂肝とハツを焼きいたのをつまみに飲むのは私だけ……!
(なぜかうちが宴会会場まあいいけど)
f0350083_21321693.jpg


これがうまいのよ。ビールが進む。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
# by chidorigo | 2017-02-09 22:07 | やまもり | Comments(2)

にほんの国鳥キジ狩りへ

寒波と降雪前の話。

師匠と共にキジ猟へ出掛けた。


そもそも、日本昔話じゃあるまいし、キジなんて今の日本にいるのか?と思うそこのあなた!

f0350083_16080251.jpg


いるんです!!!
意外と近所にいるんです!!



猟犬をフィールドに放つ。キジの匂いを捉えると、ぴたっと歩みを止める。尻尾をぴんと立てて、犬は藪に入っていく。


毎回キジが藪から出てくる訳ではなく、何度も空振る。そうすると、私の集中力が切れてくる。

藪を巻くように、犬より先を歩く。



突然だった。

後方で、カタカタカタ!と羽音が聞こえた。振り替えると長い尾を引く50cmセンチくらいの鳥が川の上流方面へ向かって飛び出したところだった。

銃を構えて引き金を引くと、飛び出した鳥が失速して藪の中に落ちた。弾が当たったらしい。

藪を一生懸命漕いで、鳥が落ちた場所を目指す。焦るほど芦に足が取られて進めない。先に鳥を見つけたのは犬だった。鳥をくわえて藪の外に出ていた。


2歳くらいの雄のキジだった。
f0350083_16081158.jpg


さすが国鳥。太陽の光を受けて七色に輝く姿が美しい。
f0350083_16081648.jpg

昔は一万円札の裏に描かれていたらしい。言われてみれば遥か遠い昔、描かれてていたようないなかったような…。遥か昔すぎて、一万円札なんて高額紙幣を手にする機会は正月にあったかどうだか。


喧嘩に使うための、剣爪(けんづめ)が立派だった。近位後面にある爪。
f0350083_16082062.jpg


家に帰って解体する。

体内から小さな鉛弾も出てきた。こんな小さな弾でも鳥にとってはダメージが大きい。
f0350083_16083008.jpg


桃太郎の絵本に出てくるキジはもっと大きく表現されてるから、大きな鳥かと思っていた。意外と小さかった。人間の髪の毛よりも細い繊細な毛が生えていた。解体して肉になると、一回り小さくなる。

ムネ肉に塩胡椒を振ってグリルで焼く。
f0350083_16082383.jpg


いただきます!!

身は締まっており硬かった。しかし鶏の比ではない旨味があった。昼間からビールが飲みたくなる美味しさだった。
f0350083_16082781.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
# by chidorigo | 2017-02-04 20:37 | やまもり | Comments(2)