ついにブログへ課金した


ご無沙汰です。こんばんは

やる気出しました。
遊びに出ている日が多くてほとんど放置プレイですが、ファンの方々からの要望にお応えして、今まで通りゆるやかに続けていくことに決めました。

最近は近隣へキノコ採り行ったり、コケ玉作ってみたり、どんぐり拾って遊んでます。
f0350083_22231787.jpg

f0350083_22234095.jpg

f0350083_22230118.jpg


f0350083_05431833.jpg


さくっと(?)狩猟免許も取れました。それは追って報告します ノシ


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


# by chidorigo | 2016-11-02 22:25 | 雑記 | Comments(8)

更新不定期_(-ω-`_)⌒)_

雨の日ばかりで、気付いたら9月が終わっていました。

さいちーです
こんばんは

何度投稿しても写真upできないなーと思っていたら、どうやらブログ容量がいっぱいになってしまったようです。


引っ越すか、課金するか、決めかねております……(´・ω・`)

優柔不断なので(というかそれでやる気失せてしまい)放置プレイです。


どうするか決めたら次更新しま~す(・ω・)

# by chidorigo | 2016-10-02 17:14 | 雑記 | Comments(4)

選んだ山を結ぶ稜線【山の日鹿島槍五竜縦走-2前編】


f0350083_10572657.jpg


<ルート>2日目
冷池山荘ー布引山ー鹿島槍ー八峰キレットー五竜岳ー五竜岳山荘泊


f0350083_10573006.jpg


炭水化物ばかりの朝食を済ませる。自炊だと小屋の食事時間に合わせることなく、自分のペースで1日を送れていい。昨晩一緒だったオーサキシェフも起きてきて自炊場で朝ごはんを作り始めていた。

まだ真っ暗な中、小屋の外に出ると雲海の上には天の川が架かっていた。月がいなくて星明かりの夜。星夜。三脚を忘れてしまったため、写真には収められなかったが、星空に満足。

f0350083_10573417.jpg


4時15分頃に冷池山荘を出発。日の出前でまだ薄暗く、ヘッドライトで行く手を照らしながら上る。テン場が小屋から意外と遠くてめんどくさそうだった。

f0350083_10573618.jpg


夜は徐々に勢力を弱め、東から朝が訪れる。この時間が好きだ。どこで日の出を迎えようか。ゆっくり朝日を眺めるなら、この稜線からがきっとよく見える。この先、本格的な上りが始まれば、下手したら日の出の瞬間を逃すことになりかねない。


手前のメレンゲ雲が、朝日隠しを企てているらしく、音もなくすーーっと稜線に近づいてきた。卵白ごときの貴様に日の出の瞬間を邪魔されてたまるか(誰だよ)!日の出は一大イベントなんだぞ、一滴の油分でも注がれて消滅してしまえ!なんてメレンゲ雲に悪態をつきながら歩いていたら、メレンゲ雲はそれ以上は出しゃばってこなかった。いいぞ、分かってる。
f0350083_10573954.jpg


早く前に進みたいけど、日の出まであと30分も同じ場所で待てない。自分との葛藤の末、歩いて距離を稼ぎつつ見えなかったらしょーがないと結論を出す。

一歩進む間にも、一呼吸の間でも、空の色が、山の色が、どんどん変わっていく。鮮やかな世界に呼吸が苦しいのは、きっと標高が高いせいだけではないはず。


頸城山塊
f0350083_10574273.jpg


f0350083_10574552.jpg


f0350083_10574701.jpg


種池山荘越しの槍ヶ岳。
f0350083_10575036.jpg



f0350083_10575393.jpg



タイミング悪く、日の出の瞬間に会えなかった。自分で決めたこととはいえ、悔しい。朝日に染まる剣立山方面を見て、太陽が東の彼方から顔を出したことを知る。

f0350083_11240246.jpg


f0350083_11240547.jpg



後立山の稜線は、朝の紅に染まった。
f0350083_11240865.jpg


f0350083_11241142.jpg



早く朝日のエネルギーを感じたくて早足になるが、急登で息が切れて立ち止まる。布引山に着くと、やっと太陽を浴びることができた。一足先に、ヤマオンナのひのちゃんが、カメラと朝日と戯れていた。

おはようございます。
f0350083_11241503.jpg



「晴れ女」を自称する、ひのちゃんのお守り。彼女曰く「よく効く」らしい。おかげでこんな素晴らしい朝だ。いい山行になるに違いない。
f0350083_11241898.jpg


アイコンになりそうな、ふざけた写真を真面目に撮り合って遊ぶ。夏がやっと始まったところだというのに、空が既に秋の空。
f0350083_11242208.jpg


朝日のエネルギーを十分に補給し向かうは、 本日最初の目的地、鹿島槍南方。すぐそこ。
f0350083_11242587.jpg


お花畑の稜線にキャッキャウフフするヤマオンナ2人。

f0350083_11242822.jpg


f0350083_11243200.jpg


一人じゃ絶対キャッキャウフフしない。
f0350083_12261802.jpg


f0350083_12262273.jpg


目指す先、稜線がカッコイイ。次の目的地、五竜遠いなぁ。大丈夫かなぁ。
f0350083_12262551.jpg


今更ながら、不安になってくる。
昨日、談話室で絡まられオッサン(上級者)達に散々脅されている。

「八峰キレットは長いぞ」

「岩場の経験があるなら大丈夫だよ」

「ヘルメット被れば大丈夫」

「三点支持を守れば大丈夫」


待って、岩場の経験壊滅的な少なさだよ。
赤岳、横岳でお腹いっぱいだったよ。

レベル高いって話は聞いてたけど、ガチなやつじゃね?
下調べ甘かったか。というか、そもそも下調べあまりしてない。


オッサン達の話を聞いて、血の気が引く。




今回私がこの山行を選んだ動機のひとつが、


地元の橋の上から見える、1番カッコイイ山だから(・ω・)




なんて大きい声じゃ言えない!!





もしかしてこのノリは、

初心者ですけど、登山したくてぐーぐるで調べたら剣岳がヒットしたので来ちゃいました(てへぺろ☆


に通じるものがあるんじゃないか。




遭対協の人に聞かれたら、ぶん殴られそうだよ(゚д゚)

(鹿島槍の上でぶん殴られたら、木崎湖あたりにぽちゃんて落ちるかな)








引き返すなら今しかない・・・

ほら、長野県が制定したグレーディングスケールにも上の方に書いてあるし、三歩が大事なこと言ってるし。
f0350083_12263474.jpg



とはいっても、そのために今回はわざわざ山岳救助保険に入ったし、筋トレしてきたし、キレットが私を呼んでるし、五竜にも呼ばれてる。



そりゃ先へ進むでしょ!




目の前の鹿島槍北峰の方が、南峰より47mも低い。地元から見ると同じ高さに見えるのに。南峰からの下りで、登山道は一変する。いよいよ険しい道のりが始まった。
f0350083_12263703.jpg


~後編につづく~




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
# by chidorigo | 2016-09-04 12:27 | 百名山挑戦 | Comments(3)

雲中初日は冷池【山の日鹿島槍五竜縦走-1】

筋肉痛が治るのに3日かかりました。

さいちーです
こんばんは

筋肉の回復サイクルは72時間なので、ぴったりです。やっと山行の疲れが抜けました。



山の日はもちろん山へ!

2泊3日で鹿島槍-五竜-唐松岳の縦走に行ってきた。


<ルート>1日目
扇沢―柏原新道―種池山荘―爺ヶ岳トラバース―冷池山荘泊

f0350083_23143187.jpg


停められなかったらどうしようとドキドキしながら朝7時扇沢の駐車場へ到着。平日の市営第2駐車場は6割程度しか埋まっていなかった。安心して停められる。これから3日間留守にするので、戸締まりはしっかり行う。
f0350083_22260711.jpg


持参の登山届けを提出して、柏原新道を上りはじめた。荷物が重いため、ウォーミングアップを兼ねて意識的にゆっくり上る。
f0350083_22261475.jpg


扇沢駅もクリアに見えるが、標高を上げるにつれてガスの中へ。
f0350083_22262099.jpg


途中、山友のユースケ氏と遭遇。彼は私が前回歩いたルート、針ノ木岳から種池経由扇沢の周回コースを歩いていた。早朝でまだ他に誰とも会わない登山道で、しばしの立ち話。それぞれ近況報告をして、お互いの健闘を祈って別れた。何気に年1回はどこかの山で会っている気がする。

f0350083_22263100.jpg


少々崖のような場所を通ることもあったが、柏原新道はよく整備されていて歩きやすい道だった。標高の上げ方もなだらかで初心者に優しい。地元の中学生が学校登山で登るコースなのは頷けた。

こんにちはきのこ。
f0350083_22263404.jpg


サンカヨウの実がおいしい。種は噛み砕くと渋くてテンションが下がるので、吐き出すこと。
f0350083_22263869.jpg


クロマメノ木より大きい木でブルーベリーよりも断然甘さ控えめ。
f0350083_22264114.jpg


酸味がラズベリーみたいのも生えてた。実に生えてる毛が気になるが、その毛とともに細かい種を臼歯ですり潰して食べれば問題なし。良い子は真似しないように!
f0350083_22264864.jpg


ピンクのシモツケソウが見ごろ。
f0350083_22265115.jpg


チングルマはすっかり穂に。
f0350083_22371398.jpg


3時間半で種池山荘到着。トイレと自炊場を借りて休憩。
f0350083_22371659.jpg


だいぶ早いがお昼ご飯。どん兵衛に餅投下。炭水化物on炭水化物。内側から温まる。エネルギー補給したところで、稜線の風に備えてカッパ着用。爺ヶ岳から下りて来るひとたちは皆カッパとザックカバーをしていた。
f0350083_22372081.jpg



前回爺ヶ岳山頂へ行ったので、今回はパス。完全に雲の中、ガスの中。ガスが濃いと視界は5-10m程度。視界が悪く、風は強いし、寒いしで全然おもしろくない。
f0350083_22372410.jpg


可憐なこまくさ、こんにちは。
f0350083_22260096.jpg


時々ガスの切れ間で展望が開けるのだけがモチベーションだった。
f0350083_22372899.jpg



イワヒバリこんにちは。
f0350083_22373311.jpg



稜線歩き。ガスが少し取れた。
f0350083_23143458.jpg


f0350083_23152313.jpg


約5時間で冷池山荘到着。13時にチェックイン。
f0350083_23153576.jpg


f0350083_23153855.jpg


「つべたいけ」説と、「つめたいけ」説があるが、働いているスタッフ曰く「つめたいけ」らしい。

内装が綺麗で、ストーブに優しさを感じる。
f0350083_23155305.jpg


昼寝の後、自炊室で夕飯。アルファ米と、無印の一度で名前を覚えられないシチリアレモンとクリーミーチキンカレー。今回は食事なしの素泊まりだ。食事は行動食を含めて全て持参。ついでに寝具も持っていこうかと思ったが、寝具なしでの料金設定はなしだったからやめた。
f0350083_23155628.jpg


f0350083_23160079.jpg


明日上る鹿島槍のバッジゲット!夜デザインでクール。
f0350083_23160281.jpg



自炊組の山オンナひのちゃんと、山飯に命をかけるオーサキシェフとで宴会。シェフはアヒージョや生ハム、白ワインまで持参して、山での食に対するこだわりと愛を感じた。バーナーを一人で2台使ってるのも圧巻だった(笑)
f0350083_23160674.jpg


消灯時間前には撤収し、解散。

この後、ひのちゃんとは最終日まで行動を共にすることになる。


~つづく~



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

# by chidorigo | 2016-08-28 23:13 | 百名山挑戦 | Comments(2)

山小屋にいます


夏休み仕様になってます
さいちーです
こんにちは

昨年同様、山小屋にいます!
1週間ですけどね~
ちょろっとお手伝いしてます。

台風の影響があって、今日は空いてます。

体力のある方は登山届けをしっかり出して(気が向いたら)遊びにきてくださいな( ´∀`)

f0350083_18045539.jpg


f0350083_18051393.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

# by chidorigo | 2016-08-16 18:05 | 山小屋2015夏 | Comments(4)