銀山温泉ついでに鉱山跡(旅44日目)

8月18日 晴れ 真室川-銀山温泉-天童

銀山温泉のしろがね湯の前に、バイクを停めさせてもらう。お店の人がちょうど出てきて、許可をもらう。バイクの駐車に対して好意的だった。帰りに入浴していこう。


f0350083_23522151.jpg

大正ロマンの温泉街をぶらぶら歩く。川の音が涼しさを運んでくる。吹き抜ける風もまた、気持ちが良い。
1泊んー万円もするので、オトナになったら一度は泊まりに来たい。浴衣を着て、ビール片手にこの温泉街の雰囲気に浸りたいと、得意の妄想しながら歩く。

でも私はいつになったらオトナになれるのだろうか。財政面が許すのであれば、いつまでも旅を続けていたいが、そうはいかない。旅が終わったら、どこかに再就職してまた働こうと考えている。いつ終わるのか分からないが、終わりある旅。だからこそ今を、今できる範囲で楽しみたい。
f0350083_23533024.jpg

路地。白黒にしてみた。
f0350083_23552937.jpg


小腹が空いたのでカレーパン。
f0350083_005619.jpg

f0350083_0542873.jpg

f0350083_0544912.jpg

温かくはないが、カレーがずっしり。りんご入ってるのかな。甘みもあって美味しかった。
f0350083_15175330.jpg



徒歩20分ほどで鉱山跡地を見学できるそうなので、整備された歩道を登っていく。
f0350083_057448.jpg
f0350083_0581972.jpg
f0350083_103880.jpg

f0350083_15142190.jpg

遊びすぎ。はしゃぎすぎ。

坑道入り口に到着。
f0350083_152978.jpg

f0350083_181391.jpg

f0350083_1534798.jpg

f0350083_1515779.jpg

この銀山の採掘方法は独特で、火を炊いて岩盤の表面を熱し、水をかけて急速冷却されてパリッと表面を剥がす「焼き掘り」という方法が取られていた―
と書いてある。こんな採掘方法は初めて聞いた。

油絵のような色彩の採掘跡。
f0350083_1523022.jpg

無料にしては楽しめる鉱山跡だった。
f0350083_1519113.jpg

メインの坑道のほかに、周囲にいくつか坑道がある。残念ながら閉鎖されている。この坑道の中には入れないが、「夏知らず」と呼ばれ、涼しい風が吹き出してくる天然のクーラーだった。


バイクを停めさせてもらったしろがね湯で〆の入浴。500円。シャワーは2箇所。熱すぎて、入浴前よりも湯上りの方が汗だくだった。湯船の隅に水道がついているので、誰もいないのをいいことに水でうめながら入ったのだった。
f0350083_15225547.jpg

この日は天童市内泊。


~おまけ~
道の駅尾花沢で、スイカテーブルに感動。これは半分だけど、丸テーブルもあった。
スイカも、スイカデザインも好きだ。これ欲しい!!(笑)
f0350083_23563393.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ

by chidorigo | 2014-09-01 06:00 | 東北編
<< バイクの日、俳句の日(旅45日目) 緊急連絡 >>