蔵のまち、倉敷さんぽ(旅101日目-後編)

10月14日 倉敷散策

県庁で解散。コータくんとお互いの健闘を祈った。コータくんが残すのは、あと兵庫県庁のみ!今日中にたどり着くのを目標としていた。がんばー!
f0350083_16594436.jpg


あゆみちゃんは、最近登山を始めたそう。地元の‘登山学校’の教室に参加して、日帰りで登っていると話してくれた。岡山駅前の好日山荘に行くというので、着いていった。店員さんの説明を一緒に聞いて、足りない説明を付け加える。店員さんまだ間もないのか、登山素人の私より知識が少ないように感じた。カリマーの紫色のリュックを購入。似合っていた。それを背負って、高知へ帰っていった。

私はその後、倉敷へ散歩に出かけた。
f0350083_1775616.jpg

f0350083_1793586.jpg

f0350083_1711147.jpg



倉敷、すごくいい。
f0350083_17115557.jpg

f0350083_17124762.jpg


すごく好きだ、この雰囲気。





雰囲気だけで、白米食べられる。


f0350083_17144952.jpg

f0350083_17155528.jpg

f0350083_17165761.jpg



雰囲気に酔いそうだった。私がいままで訪れた観光地の中で、一番好きな風景、雰囲気かもしれない。電線がなく、水路がある町並み。大いに気に入った。高山とか近江八幡みたいな、昔の古い町並み。テーマパークのようだった。

夜はまた雰囲気がガラリと変わる。店から漏れてくるオレンジの光が、蔵の町を優しく照らす。時間があればいつまでも眺めていたい風景だった。


宿を出るときに、寝袋を干していった。帰ってき頃には日が沈み、辺りは真っ暗。寝袋は冷たくなってるんだろうなーと覚悟していた。そしたらスタッフが取り込んでおいてくれた。おかげでふかふかの寝袋で寝ることができた。心遣いが嬉しく、感動した。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ



by chidorigo | 2014-11-10 06:00 | 中国編
<< 飽きない倉敷もう一度(旅102日目) 岡山県庁ランチ >>