たかが寝カフェされどネカフェ

11月27日晴/強風(18日目) 庄野―関

実はもうゴールしました(笑)

さいちーです。こんにちは

突然のカミングアウトですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

尚、誠に勝手ではございますが、おめでとうコメントをしてくださる予定の方はブログ上でゴールした時にお願いしますm(_ _)m

f0350083_09331036.jpg


快活クラブは無料モーニングがあって、いつも朝はそれを注文する。が、「油交換中」の文字。モーニング注文できず。
f0350083_21362080.jpg

トーストにドリンクバーにあるソフトクリーム乗っけて食べるとうまいからよくやる。そのトーストが今日は食べられないから、ソフトクリームのみ食べようと思い、取りにいったらサーバーメンテ中。しかもメンテ時間1~5時って書いてあるし。おいおい、店員は今何時か分かってらっしゃるのだろうか。もう6時回ってるんだが。
f0350083_21362953.jpg

↑ちなみにこれが、快活クラブ利用するときのいつもの朝食。

チェックアウトが6時半。「油交換中」が終わるのをぎりぎりまで待ってみたが、結局画面は変わらず。

フロントの人に油交換の件と、ソフトクリームの件について伝えてみたが「そうでした??」な感じ。メンテ中だと知らなかったみたいだ。ふーん。

奥で談笑していながら、なにが「油交換が押してまして……」なんだろうか。夜中にやるべき仕事をやらず、朝に持ち越し悪びれる様子もない亀山店には二度と行かない。東海道中快活クラブワースト店の称号を与えよう。

逆に最も良かったのは快活クラブ豊橋岩田店。フロントがホテルかと思うような受け答えをしていたことに驚いた。笑顔も嫌みがなくて気持ちいいし。きっと職場人間関係も良好なんだろうな、なんてとこにまで想像膨らむ居心地の良さ。また是非利用したいと思えた。勝手に東海道中ベストオブネカフェ賞。

恐らく接客はマニュアル通りなんだけど、店舗によって雰囲気はまるで異なる。店員の人柄とモチベーションとチームワークは客に伝わる。仕事上表面的に付き合ってても派閥がありそうなネカフェは感じ取れるし、食器返却口に行った際にキッチンでの人の悪口が聞こえてきたときなんかはゲンナリする。

掃除の仕方も店舗によって手の抜き方が違う。個室の上の棚までしっかり拭くところと、埃積ってるのに気づかず荷物置いて後悔するところと。べたべたのキーボードに触ったときのテンションの下がり方ははんぱない。気持ちよく使ってもらいたいと思ってるネカフェは、そういうところに気を遣っているから判る。違いは接客とブースの細かい掃除に表れる。ネカフェを見る目が肥えてきた。

f0350083_18370365.jpg

寝カフェを出ると、西の空には丸くて黄色い月がいた。既に右下が新月に向けて欠け始めていた。 昨晩は満月だっらしい。朝焼けと満月の組み合わせなんて初めて見る。寝カフェでのイラッ☆っとは一転、ラッキーな朝だと思えた。

加佐登駅からスタート。


庄野宿を抜ける。
f0350083_08213574.jpg

f0350083_08213840.jpg


小中学生の登校時間。
f0350083_08214082.jpg


どんぶりヘルメットを被ったチャリ通の男子中学生に「おはようございます!」と元気に挨拶された。おはよう!中学生、やるなぁ。感心。

f0350083_08214338.jpg

f0350083_09331384.jpg


亀山に入ったところで、軽トラのアニキに話しかけられる。亀山市のT氏といった。


「見てます」

一瞬、何が「見てる」なのか分からず困惑。話をするとブログのことだった。一応レディーに話しかけるときの手順てものがあるでしょーが(笑)ん、誰だい?レディーに疑問符つける人は。

昨日四日市でT氏の同業者から目撃情報があったらしく、「今日亀山を通るに違いない」とヤマを張り、仕事前に旧道沿いで待ち伏せしてたとのこと。カブ旅の頃からブログを読んでくれているらしい。そんな頃から読んでくれてるなんて嬉しいなぁ。

「想像してた感じとちょっと違いました」
え、どこがどんな風に違ってたんだろうか……。教えてくれなかった。気になって眠れない…(´・ω・`)

時々言われるのが、書く文章と本人にギャップがあると。顔出してないし、直接会ったときのお楽しみとしましょうか。

T氏、わざわざお仕事前にありがとうございました!



亀山市役所には温泉が併設してる。ここで働いてたら毎日入ってから帰りたい。日本一周の時も実は寄ったんだが、休館日で入れなかったのだ。3日振りの温泉でさっぱりした。
f0350083_09331527.jpg


温泉を出たらちょうどお昼時だったので、市役所内のカフェでランチを済ます。カレー500円。サラダ付ならいい値段。新米ご飯がもちもちしてて美味しかった。
f0350083_21581071.jpg


国1バイパスの側道を歩く。西からの向かい風が強い。昔の旅人も、この辺りでは伊吹おろしという西風に苦しめられたそうな。
f0350083_09331875.jpg


f0350083_09332270.jpg


f0350083_10282941.jpg


f0350083_10283307.jpg


f0350083_10283782.jpg


関町に入る。
f0350083_10284025.jpg


町並み保存地区、関宿に到着。
f0350083_10284384.jpg


f0350083_10284651.jpg


そうか世間は正月か………え、まだ早くない?
f0350083_10391875.jpg


f0350083_10392216.jpg


ちょっと観光。
f0350083_10392430.jpg


和三盆を使ったおしるこで、上品な味。本当に10円でいいのか。お代わりしてしまった。
f0350083_10392754.jpg


f0350083_10393084.jpg


f0350083_10393372.jpg


f0350083_10393627.jpg



ゲストハウス石垣屋に宿泊。

f0350083_10491815.jpg


皆で買い出しに行って、夕飯の支度。みんなでわいわい作るのは、山小屋を思い出して懐かしく感じた。料理するの楽しい。

【夕飯メニュー】
私が好きな生姜焼き、きんぴらごぼう、大根と鶏もも煮、大根の葉とじゃことベーコン炒め、大根ひき肉丼、大根葉と豆腐の味噌汁


すごく豪華!!5品もある!!
f0350083_11162128.jpg


ここんとこ鍋率が高かったようで、鍋じゃないメニューは新鮮だった様子。
f0350083_10394031.jpg


f0350083_10492437.jpg


ご飯が温かい!

器が皿だ!!


う、うまい……!!!



自分で作ってあれだが、生姜焼きうますぎてご飯お代わり。お腹いっぱいで幸せすぎる。山小屋で料理の腕が多少上がった気がする。

コンビニ飯の味気なさ、スーパー飯のお手軽さ、プラステック容器のお総菜のチープさも、手作り飯にはかなわない。


歩行距離17.4km
歩行時間4時間33分

f0350083_07523539.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ


東海道五十七次スポンサー


by chidorigo | 2015-12-04 12:00 | 東海道五十七次
<< 西の難所は鈴鹿峠とすき焼きと 百里目の一里塚 >>